ピボットテーブル データの詳細を表示する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ピボットテーブル階層内の大量のデータを詳細表示するのは、何度も展開、折りたたみ、フィルター処理する必要がある時間のかかる作業です。

Excel 2013 では、新しいクイック調査機能を使うことで、Online Analytical Processing (OLAP) キューブまたはデータ モデルに基づくピボットテーブル階層のデータを詳細表示し、さまざまなレベルでデータの詳細を分析できます。クイック調査では、表示したいデータに移動でき、ドリルダウン時はフィルターのように機能します。フィールド内のアイテムを選ぶと、ボタンが表示されます。

クイック調査ギャラリー

通常、まず階層の次のレベルにドリルダウンします。この方法を次にご紹介します。

  1. OLAP キューブまたはデータ モデル ピボットテーブルで、フィールド (この例では [カテゴリ] フィールド) からアイテム (この例ではアクセサリを選びます

一度にドリルダウンできるアイテムは 1 つだけです。

  1. [クイック調査] [クイック調査] ボタン が選択範囲の右下に表示されるので、それをクリックします。

[クイック調査] ボタン

  1. [調査] ボックスで調査するアイテムを選び、[ドリルダウン] をクリックします。

[調査] ボックスの [ドリルダウン]

そのアイテムのサブカテゴリ (この例ではアクセサリ製品) が表示されます。

ドリルダウン アイテムが表示されたピボットテーブル

  1. 目的のデータに到達するまで、[クイック調査] を使います。

    注記: 

    • 平面階層 (同じアイテムの属性が表示されている階層で、次のレベルのデータは提供されていない場合など) または複数のレベルにデータがないその他の階層にはドリルダウンできません。

    • ピボットテーブルにグループ化されたアイテムがある場合、他のアイテムでドリルダウンするのと同じ方法で、グループ名でドリルダウンできます。

    • 名前付きセット (頻繁に使うアイテムのセット、または異なる階層のアイテムを組み合わせたセット) ではドリルダウンできません。

ドリルアップして全体像の詳細を調査する

ドリルダウン後は、ドリルアップして概要データを分析できます。[クイック調査] ツール バーの [元に戻す] をクリックして開始時の状態に戻れますが、ドリルアップすると、他のパスのデータも取得できるため、より全体像を把握しやすくなります。

  1. 詳細表示するピボットテーブル階層で、ドリルアップするアイテムを選びます。

  2. [クイック調査] [クイック調査] ボタン が選択範囲の右下に表示されるので、それをクリックします。

  3. [調査] ボックスで調査するアイテムを選び、[ドリルアップ] をクリックします。

[調査] ボックスの [ドリルアップ]

これで、より上位のレベルのデータが表示されます。

  1. 目的のデータに到達するまで、[クイック調査] を使います。

    注記: 

    • 一度に階層の複数のレベルにドリルアップできます。ドリルアップするアイテムを右クリックし、[ドリルダウン/ドリルアップ] をクリックして、ドリルアップするレベルを選びます。

    • ピボットテーブルにグループ化されたアイテムがある場合、グループ名でドリルアップできます。

    • 名前付きセット (頻繁に使うアイテムのセット、または異なる階層のアイテムを組み合わせたセット) にはドリルアップできません。

ピボットテーブルの詳細

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×