ピボットテーブル データのレポート フィルタ アイテムを一度に 1 つ取得する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ピボット テーブルが大量のデータを含む、開いているデータベース Connectivity (ODBC) 外部データ ソースに接続している場合は、このデータを取得するクエリの実行速度が遅いまたはメモリ不足し、コンピューターの原因とします。これらの問題を防ぐためには、レポートにフィルターを適用、ピボット テーブルをのみ、 ソース データによっては、選択したアイテムの値の現在の一連のために必要な内容を取得します。

重要: ODBC データ ソースに接続されているピボット テーブルでのみ、この機能を使用することができます。次の手順を実行するのにには、ピボット テーブルとピボット グラフ ウィザードを使用する必要があります。

  1. [ピボット テーブルとピボット グラフ ウィザード] コマンドがクイック アクセス ツールバーにすることを確認します。表示されていない場合は、次の手順に従います。

    クイック アクセス ツールバーが表示されません。

    1. クイック アクセス ツールバーの横の矢印をクリックし、[その他のコマンド] をクリックします。

    2. [コマンドの選択] の [すべてのコマンド] をクリックします。

    3. 一覧の [ピボットテーブル/ピボットグラフ ウィザード] をクリックし、[追加] をクリックします。次に、[OK] をクリックします。

  2. これで、ピボット テーブルとピボット グラフ ウィザードアイコン ピボット テーブルとピボット グラフ ウィザード クイック アクセス ツールバーをクリックします。

  3. ウィザードのステップ 1 ページで、[外部データ ソース] を選択し、[次へ] をクリックします。

  4. ウィザードのステップ 2 ページで、[データの取り出し] をクリックします。

  5. データ ソースに接続します。

    ODBC データ ソースに接続する方法の詳細については、外部データを取得する Microsoft クエリを使用するを参照してください。

  6. ウィザードのステップ 3 ページで、[レイアウト] をクリックします。

  7. [レイアウト] ダイアログ ボックスで、1 つまたは複数のフィールドを [レポート フィルタ] 領域までドラッグします。

  8. それぞれのレポート フィルタ フィールドに対して次の操作を行います。

    1. フィールドをダブルクリックします。

      [ピボットテーブル フィールド詳細オプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

    2. レポート フィルタの新しいアイテムを選択するたびに、データ ソースから最新のデータのみを取得する場合は、[レポート フィルタ アイテムの選択時に外部データ ソースのクエリを行う (省メモリ)] をクリックします。

      レポート フィルタ フィールドを [行ラベル]、[列ラベル]、または [] の領域に移動できないようにするには、[このフィールドのピボットを無効にする (推奨)] チェック ボックスをオンにします。

      既定の操作に戻して、レポート フィルタの新しいアイテムを選択するたびにデータ ソースからすべてのデータを取得するには、[すべてのレポート フィルタ フィールド アイテムに外部データを取り出す (高速)] をクリックします。

ピボット テーブル/ピボット グラフ ウィザードでピボット テーブル フィールドの詳細オプション] ダイアログ ボックスを使用してピボット テーブルのデータ ソースから選択したデータを取得するためのレポート フィルターを構成することができます。Microsoft Office Excel はデータ フィルターで除外した (つまり、レポートには表示されません) にはが含まれているピボット テーブルのすべてのソース データを取得、既定で作成した場合、または最新の情報に更新レポートします。フィルターで指定されたアイテムのみのデータを取得するレポートのフィルターを構成するときに必要な場合に、小さい大量のデータを取得できます。フィルターで、別のアイテムを表示するたびに、新しいアイテムのデータのサブセットだけを取得します。必要に応じて、[適用するとレポート フィルターの数を設定できます。

パフォーマンスに影響する方法

レポート フィルタを設定してアイテムの数を絞って取得すると、すべてのアイテムの概要を表示する [(すべて)] は淡色表示となり使用不可になります。[オプション] タブの [ピボットテーブル] で [オプション] の横の矢印をクリックしたときに表示される [レポート フィルタ ページの表示] も使用不可になります。選択するアイテム別のデータのみが取得されるのでデータ量は減りますが、それぞれの取得時間がかかります。また、コンピュータから外部データ ソースへの接続が切断されると、データ ソースに再び接続されるまで、別のアイテムを選択できません。しかし、このオプションを使用すると、それを使用しなかった場合と比べてより大量のデータに対処できます。

すべてのアイテムのデータを取得すると、最初のデータの取得に時間がかかる場合がありますが、必要なすべてのデータがコンピュータのメモリに読み込まれるため、レポート フィルタの新しいアイテムを待ち時間なく選択できます。また、[(すべて)] アイテムを選択してデータの完全なセットの要約を開き、レポートを再編成して別の領域のレポート フィルタを使用できます。コンピュータの使用可能なメモリ容量内ですべてのデータを読み込むことができる場合、[(すべて)] オプションのほとんどの機能を使用できます。

レポート フィルターに移動

例では、[行ラベルを開こうとすると、別の位置にすべてのアイテムのすべてのデータを取得するように構成されているレポート フィルターをドラッグする Excel のすべてのアイテムの場合は、データを取得しようとしてリソースのコンピューターから実行することがあります。ただし、これからユーザーを防ぐことができます。詳細については、各アイテムまたはすべてのアイテムのレポート フィルターのデータを取得するセクションを参照してください。

レポート フィルターに使用できない場合は、アイテムのデータを取得します。

次の状況では、この機能を使用する操作は実行できません。

  • OLAP データベースのソース データに基づくレポートは、必要に応じてデータに対するクエリを自動的に実行するため、この機能を使用しません。

  • ピボット テーブルが 1 つ以上の他のピボット テーブルによるデータのキャッシュの共有します。

  • クエリを実行している外部データベースの ODBC ドライバーがパラメーター クエリをサポートしていません。すべての Microsoft Office に付属している ODBC ドライバーがパラメーター クエリをサポートします。サード パーティのドライバーのベンダー ドライバーがこのサポートするかどうかを確認するのにはお問い合わせください。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×