ピボットテーブル オプション

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

[ピボットテーブル オプション] ダイアログ ボックスでは、ピボットテーブル レポートのさまざまな設定を変更できます。

[名前]    ピボットテーブルの名前を表示します。名前を変更するには、ボックス内のテキストをクリックして編集します。

[レイアウトと書式]

[レイアウト] セクション

[セルとラベルを結合して中央揃えにする]    オンにすると、外側の行および列のアイテムのセルを結合して、アイテムを水平方向および垂直方向に中央揃えできます。オフにすると、アイテム グループの上端で、外側の行および列フィールドのアイテムを左揃えにします。

[コンパクト形式での行ラベルのインデント]     ピボットテーブル レポートがコンパクト形式の場合に、行ラベル領域の行のインデントを設定するには、0 ~ 127 のインデント レベルを選択します。

[レポート フィルター エリアでのフィールドの表示]     [上から下]を選択すると、レポート フィルター領域の上から下に、追加された順にフィールドを表示し、一番下に到達したら次の列に移動します。[左から右] を選択すると、レポート フィルター領域の左から右に、追加された順にフィールドを表示し、一番右に到達したら次の行に移動します。

[レポート フィルターの列ごとのフィールド数]     [レポート フィルター エリアでのフィールドの表示] の設定に基づき、次の列または行に移動するまでに表示されるフィールド数を入力または選択します。

[書式] セクション

[エラー値に表示する値]    このチェック ボックスをオンにして、エラー メッセージの代わりにセルに表示する、"無効" などのテキストを入力します。このチェック ボックスをオフにすると、エラー メッセージが表示されます。

[空白セルに表示する値]    このチェック ボックスをオンにして、空白セルの代わりにセルに表示する、"空白" などのテキストを入力します。

[更新時に列幅を自動調整する]    オンにすると、最も幅が広いテキストまたは数値が含まれるセルのサイズに合わせて、ピボットテーブルの列が自動的に調整されます。オフにすると、現在のピボットテーブルの列幅が維持されます。

[更新時にセル書式を保持する]    オンにすると、ピボットテーブル レポートのレイアウトと書式が保存され、ピボットテーブルに対する操作を実行するたびに使用されます。オフにすると、ピボットテーブル レポートのレイアウトと書式は保存されず、ピボットテーブルに対する操作を実行するたびに既定のレイアウトと書式が使用されます。

[集計とフィルター]

[総計] セクション

[行の総計を表示する]    オンにすると、最後の列の横に [総計] 列が表示され、オフにすると非表示になります。

[列の総計を表示する]    オンにすると、ピボットテーブル レポートの一番下に [総計] 行が表示され、オフにすると非表示になります。

[フィルター] セクション

[フィルターされたページ アイテムの小計を計算する]    オンにすると、レポートで抽出されたアイテムが小計に取り込まれ、オフにすると除外されます。

注: OLAP データ ソースは、MDX 式の下位選択の構文に対応している必要があります。

[合計を * (アスタリスク) で示す]    オンにすると合計の横にアスタリスクが表示され、オフにすると表示されません。アスタリスクは、Excel で合計を計算する際に、表示されている値だけではなく非表示の値が使用されていることを表します。

注: このオプションは、OLAP データ ソースが MDX 式の下位選択の構文に対応していない場合のみ使用できます。

[1 つのフィールドに複数のフィルターを使用可能にする]    オンにすると、小計と総計の計算時には、フィルターによって非表示になっている値も含めた、すべての値が取り込まれます。オフにすると、小計と総計の計算時には表示されているアイテムのみが取り込まれます。

注: この設定を使用できるのは、OLAP 以外のデータ ソースのみです。

[並べ替え] セクション

[並べ替え時にユーザー設定リストを使用する]    オンにすると、Excel でリストを並べ替える際にユーザー設定リストを使用できるようになり、オフにすると使用できなくなります。このチェック ボックスをオフにすると、大量のデータを並べ替える際のパフォーマンスが向上する場合もあります。

[表示]

[表示] セクション

[展開/折りたたみボタンを表示する]    オンにすると、行ラベルや列ラベルの展開や折りたたみに使用するプラス記号やマイナス記号のボタンが表示されます。オフにすると、行ラベルや列ラベルの展開や折りたたみに使用するプラス記号やマイナス記号のボタンは非表示になります。ピボットテーブル レポートを印刷する場合や、確認のみのために表示する場合は、プラス記号やマイナス記号のボタンを非表示にすることができます。

[操作に応じたヒントを表示する]    オンにすると、フィールドまたはデータ値に対して、値、行、または列の情報がツール ヒントとして表示されます。オフにすると、フィールドまたはデータ値に対して、値、行、または列の情報がツール ヒントとして表示されません。

[プロパティをヒントに表示する]    オンにすると、アイテムのプロパティ情報を示すツール ヒントが表示され、オフにすると非表示になります。

注: この設定は OLAP データ ソースでのみ使用できます。

[フィールドのタイトルとフィルターのドロップダウン リストを表示する]    オンにすると、ピボットテーブル レポートの上部にピボットテーブルのキャプションが表示され、列ラベルと行ラベルにフィルターのドロップダウン矢印が表示されます。オフにすると、これらは非表示になります。

[従来のピボットテーブル レイアウトを使用する]    オンにすると、ピボットテーブル レポートのフィールドをドラッグ アンド ドロップでき、オフにするとドラッグ アンド ドロップできなくなります。

注: このオプションは、以前のバージョンのピボットテーブル レポートとの互換性を提供するものではありません。 詳細については、「Office Excel で異なるピボットテーブルの形式を操作する」を参照してください。

[データのないアイテムを行に表示する]    オンにすると、データが含まれていない行のアイテムが表示され、オフにすると非表示になります。

注: この設定は OLAP データ ソースでのみ使用できます。

[データのないアイテムを列に表示する]    オンにすると、データが含まれていない列のアイテムが表示され、オフにすると非表示になります。

注: この設定は OLAP データ ソースでのみ使用できます。

[値の領域にフィールドがない場合にアイテムのラベルを表示する]    オンにすると、値の領域にフィールドがない場合にアイテムのラベルが表示され、オフにすると非表示になります。

注: このチェック ボックスは、Office Excel 2007 より前のバージョンで作成したピボットテーブル レポートにのみ適用されます。

[OLAP サーバーの集計メンバを表示する]    オンにすると、ディメンションに集計メンバが表示され、オフにすると非表示になります。このチェック ボックスは集計メジャーには反映されません。

注: この設定は OLAP データ ソースでのみ使用できます。

[フィールド リスト] セクション

次の 2 つのオプションのうち、一方だけを選択できます。

[昇順で並べ替える]    オンにすると、ピボットテーブル フィールド リストのフィールドがアルファベットの昇順で並べ替えられます。

注: OLAP データ ソースでは、この設定を使用できません。

[データ ソース順で並べ替える]    オンにすると、ピボットテーブル フィールド リストのフィールドが外部データ ソースで指定された順に並べ替えられます。

注: OLAP データ ソースでは、この設定を使用できません。

[印刷]

[展開/折りたたみボタンがピボットテーブルに表示されている場合、ボタンを印刷する]    オンにすると、ピボットテーブル レポートを印刷するときに展開/折りたたみボタンが表示され、オフにすると非表示になります。このチェック ボックスは、このダイアログ ボックスの [表示] タブで [展開/折りたたみボタンを表示する] チェック ボックスがオフの場合には使用できません。

[各印刷ページに行ラベルを繰り返す]    オンにすると、ピボットテーブル レポートの各印刷ページで、行ラベル エリアの現在のアイテム ラベルの繰り返しが有効になり、オフにすると無効になります。

[印刷タイトルを設定する]    オンにすると、ピボットテーブル レポートの各印刷ページで、行または列フィールド見出しと列アイテム ラベルの繰り返しが有効になり、オフにすると無効になります。

注: 実際には、ラベルを印刷するには、引き続き、タイトルをプリントする] セクションで [シート] タブで [ページ設定] ダイアログ ボックスの上部にある行またはのボックスに値を入力する必要があります。(ページ レイアウト] タブの [ページ設定] で、[印刷タイトル] をクリックします。

[データ]

[ピボットテーブルのデータ] セクション

[ファイルに元のデータを保存する]    オンにすると、外部データ ソースのデータがブックと共に保存され、オフにすると保存されません。

注: OLAP データ ソースでは、この設定を使用できません。

[詳細を展開可能にする]    オンにすると、データ ソースの詳細データへドリルダウンして、新しいワークシートへデータを表示できます。

注: OLAP データ ソースでは、この設定を使用できません。

[ファイルを開くときにデータを更新する]    オンにすると、このピボットテーブル レポートが含まれる Excel ブックを開くときにデータが更新され、オフにすると更新されません。

注: OLAP データ ソースでは、この設定を使用できません。

[データ ソースから削除されたアイテムの保持] セクション

[1 フィールドに保持するアイテム数]    ブックと共に一時的にキャッシュする、各フィールドのアイテム数を指定するには、次のいずれかを選択します。

  • [自動]     各フィールドの一意のアイテムは既定の数です。

  • [なし]    各フィールドに一意のアイテムはありません。

  • [最大値]    各フィールドの一意のアイテムの最大数です。最大 1,048,576 まで指定できます。

注: OLAP データ ソースでは、この設定を使用できません。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×