ピボットテーブル オプション

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ピボット テーブルのさまざまな設定を制御するのにには、ピボット テーブル オプション] ダイアログ ボックスを使用します。

   ピボット テーブルの名前が表示されます。名前を変更するには、ボックス内のテキストをクリックし、[名前を編集します。

[レイアウトと書式設定

レイアウト セクション

セルを結合して中央揃え   セルを結合する外側の行と列のアイテムを中央に配置できますアイテム水平方向および垂直方向に選択します。オフにすると、項目グループの上部にある、外側の行と列のフィールド内のアイテムを左揃えします。

[行ラベルのインデント コンパクト形式の場合    コンパクト形式のピボット テーブルがある場合、[行ラベル] 領域内の行をインデントするには、0 ~ 127 のインデント レベルを選択します。

レポート フィルター領域でフィールドの表示    別の列を実施する前に、フィールドが追加されると、下、上に、まず、下に、上からレポート フィルター領域でフィールドを表示する] を選びます。別の行を実施する前に、フィールドが追加されると、上、下、最初にフィールドを表示、レポート フィルター領域の左から右に選択します。

各列のレポート フィルター フィールド    入力するか、別の列または行のレポート フィルター領域内のフィールドを表示] の設定に基づいてを実施する前に表示するフィールドの数を選択します。

書式設定] セクション

エラー値を表示します。    このチェック ボックスを選択し、「無効」などのテキストを入力するセルではなくエラー メッセージを表示します。エラー メッセージを表示するには、このチェック ボックスをオフにします。

空のセルを表示します。    このチェック ボックスをオンして、「は」などのテキストを入力し、空のセルではなく、セルに表示します。

更新時に列幅を自動調整    最も長い文字列または数値のサイズに合わせて自動的にピボット テーブルの列を調整する] を選びます。オフにすると、現在のピボット テーブルの列の幅を保持します。

更新時にセルの書式を保持します。   ピボット テーブルのレイアウトを保存し、書式設定するようにために使用されるたびに、ピボット テーブルでの操作を実行することを選択します。オフにすると、ピボット テーブルのレイアウトと書式設定を保存して、ピボット テーブルでの操作を実行するたびに、既定のレイアウトと書式設定を並び替えします。

集計とフィルター

[総計] セクション

行の総計を表示します。   選択または最後の列の横にある [総計] 列を非表示をオフにします。

列の総計を表示します。   選択またはピボット テーブルの下部にある行の総計を非表示をオフにします。

[フィルター] セクション

小計のフィルターが適用されたページ アイテム   オンまたはオフに含めるか除外小計内のアイテムのレポートのフィルター処理します。

注: OLAP データ ソースには、MDX 式サブセレクト構文をサポートする必要があります。

マークの合計を *   選択またはと集計] の横にあるアスタリスクを非表示をオフにします。アスタリスクできないことを示します表示されると、Excel での合計を計算する際は、表示されている値の計算に使用される値。

注: このオプションは OLAP データ ソースが MDX 式サブセレクト構文をサポートしていない場合にのみ使用できます。

1 つのフィールドに複数のフィルターを許可します。   Microsoft Office Excel は、小計と総計を計算するときは、フィルターによって、非表示など、すべての値を含める場合に選択します。オフにすると、Excel は、小計と総計を計算するときに表示されているアイテムだけを含めます。

注: この設定には、OLAP 以外のデータ ソースのできるだけです。

[並べ替え] セクション

並べ替えを行うときに使用するユーザー設定のリスト   オンまたはオフにすると、有効または Excel リストを並べ替えるときに、ユーザー設定リストの使用を無効にします。このチェック ボックスをオフにすると、大量のデータを並べ替えるときにパフォーマンスが向上します。

表示

[表示] セクション

スライド ショーの展開/折りたたみボタン   列のラベルまたはプラス記号を表示またはマイナス記号の表示または非表示に使用するボタンの行を選択します。オフにすると、プラス記号を非表示にする、または行のマイナス記号の表示または非表示に使用するボタンまたは [列ラベル。プラス記号を非表示にするまたはマイナス記号のボタンをピボット テーブルを印刷するとき、またはピボット テーブルの表示だけを表示する場合にします。

文脈に応じたヒントを表示します。   フィールドまたはデータ値の値、行、または列の情報を表示するためのヒントを表示する] を選びます。フィールドまたはデータ値の値、行、または列の情報を表示するためのヒントを非表示にします。

ヒントにプロパティを表示します。   選択またはアイテムのプロパティ情報を表示するためのヒントを非表示をオフにします。

注: この設定は、OLAP データ ソースに対応します。

フィールドのタイトルを表示しフィルターのドロップダウン リスト   オンまたはオフを表示したり、ピボット テーブルの上部にあるピボット テーブルのキャプションを非表示にする列と行のラベルのドロップダウン矢印をフィルター処理します。

クラシックなピボット テーブルのレイアウト   オンまたはオフにすると、有効または無効にして、ピボット テーブル フィールドのドラッグ操作します。

行のデータのないアイテムを表示します。   選択または値がない行アイテムの表示と非表示をオフにします。

注: この設定は、OLAP データ ソースに対応します。

列のデータのないアイテムを表示します。   選択または値のない列アイテムの表示と非表示をオフにします。

注: この設定は、OLAP データ ソースに対応します。

値の領域内のフィールドはありませんが、表示項目ラベル   オンまたはオフにすると、[値] 領域にフィールドがない場合は、アイテムのラベルを表示または非表示します。

注: このチェック ボックスは、Office Excel 2007 より前に作成されたピボット テーブルにのみ適用されます。

[OLAP サーバーの計算メンバーを表示します。    オンまたはオフにすると、ディメンションの計算メンバーを表示または非表示します。このチェック ボックスは、計算されるメジャーには影響しません。

注: この設定は、OLAP データ ソースに対応します。

フィールド リスト] セクション

次の 2 つのオプションが選択できます。

昇順で並べ替え   フィールドをピボット テーブルのフィールド リストをアルファベット順の昇順で並べ替えを選択します。

注: この設定は、OLAP データ ソースにできません。

データ ソースの順序で並べ替え   外部データ ソースで指定されている順序でピボット テーブル フィールド リスト内のフィールドの並べ替え] を選びます。

注: この設定は、OLAP データ ソースにできません。

印刷します。

ピボット テーブルに表示された場合に、印刷の展開/折りたたみボタン   オンかオフ表示と非表示を展開し、ピボット テーブルを印刷するときの折りたたみボタン。このダイアログ ボックスの [表示] タブで、展開/折りたたみボタンを表示する] チェック ボックスがオフになっている場合は、このチェック ボックスを使用できません。

各ページに [行ラベルを繰り返す   オンまたはオフにすると、印刷されたピボット テーブルの各ページに行ラベル領域の現在のアイテムのラベルを繰り返します。

印刷タイトルを設定します。   オンまたはオフに有効にするか、行と列のフィールドの見出しおよび列アイテムのラベルをピボット テーブルの各ページでの繰り返しを無効にします。

注: 実際には、ラベルを印刷するには、引き続き、タイトルをプリントする] セクションで [シート] タブで [ページ設定] ダイアログ ボックスの上部にある行またはのボックスに値を入力する必要があります。(ページ レイアウト] タブの [ページ設定] で、[印刷タイトル] をクリックします。

データ

ピボット テーブルのデータのセクション

ファイルを使用してソース データを保存します。   オンまたはオフにする、保存、またはブックで外部データ ソースからデータを保存しません。

注: 

  • この設定は必要があるデータのプライバシーを管理するのには使用されません。

  • また、この設定では、OLAP データ ソースの使用できません。

有効にする詳細を展開します。   オンまたはオフにする、データ ソースの詳細データをドリルダウンして、新しいワークシートにデータを表示を有効にします。

注: この設定は、OLAP データ ソースにできません。

ファイルを開くときにデータを更新します。   オンまたはオフにすると、更新するかをこのピボット テーブルを含む Excel ブックを開いたときにデータが更新されないします。

注: この設定は、OLAP データ ソースにできません。

データ ソース] セクションから削除されたアイテムを保持します。

1 つのフィールドを返す項目の数   ブックのキャッシュを一時的にするには、各フィールドのアイテムの数を指定するには次のいずれかを選択します。

  • 自動    各フィールドの固有のアイテムの既定の番号。

  • [なし]   各フィールドの固有のアイテムがありません。

  • Max 関数    各フィールドの固有のアイテムの最大数です。最大 1,048, 576 アイテムを指定できます。

注: この設定は、OLAP データ ソースにできません。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×