スキップしてメイン コンテンツへ
ピボットテーブル

ピボットテーブルを作成してワークシート データを分析する

ピボットテーブルを作成してワークシート データを分析する

ピボットテーブルは、データの計算、集計、分析を行う強力なツールです。データを比較してパターン化し、傾向をつかむことが可能になります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ピボットテーブルを作成する

  1. ピボットテーブルを作成するセルを選択します。

    注:  データには、空の行や列を含めないでください。 行番号は 1 つのみにする必要があります。

  2. [挿入]、[ピボットテーブル] の順に選択します。

    ピボットテーブル

  3. [分析するデータを選択してください。] で [テーブルまたは範囲を選択] を選択します。 

    ピボットテーブル

  4. [テーブル範囲] で、セル範囲を確認します。

  5. [ピボットテーブル レポートを配置する場所を選択してください。] で、[新規ワークシート] を選択してピボットテーブルを新しいワークシートに配置するか、[既存のワークシート] を選択してピボットテーブルを表示する場所を選択します。

  6. [OK] を選択します。

ピボットテーブルを構築する

  1. ピボットテーブルにフィールドを追加するには、[ピボットテーブル フィールド] ウィンドウで、フィールド名のチェックボックスをオンにします。

    注: 選択したフィールドは、既定の領域に追加されます。[] には数値以外のフィールドが追加され、[] には日付と時刻の階層が追加され、[] には数値フィールドが追加されます。

    ピボットテーブル

  2. フィールドを別の領域に移動するには、フィールドを目的の領域にドラッグします。

作業を開始する前に

  • データを表形式でまとめ、空の行や列がないようにしてください。 上記の例のような Excel の表を使用できれば理想的です。

  • 表に追加された行は、データを更新したときにピボットテーブルに自動的に含まれるため、ピボットテーブルのデータソースとして適しています。また、新しい列は、[ピボットテーブルのフィールド] リストに含まれます。 それ以外の場合は、ピボットテーブルのソースデータを変更するか、動的な名前付き範囲の数式を使用する必要があります。

  • 列のデータ型は同じである必要があります。 たとえば、同じ列に日付とテキストを混在させることはできません。

  • ピボットテーブルはキャッシュと呼ばれるデータのスナップショットで動作するため、実際のデータはまったく変わりません。

ピボットテーブルを作成する

ピボットテーブルの使用経験が少ない場合、またはどのように始めてよいかがわからない場合は、[おすすめピボットテーブル] を選ぶとよいでしょう。 この機能を使うと、データがピボットテーブルの最適な領域に照合されて、わかりやすいレイアウトが判断されます。 これは、さらに何かを試すためのスタート地点になります。 おすすめピボットテーブルが作成されたら、別の方向を試したりフィールドを配置し直したりすると、固有の結果を出すことができます。

初めてピボット テーブルを作成という対話型のチュートリアルをダウンロードすることもできます。

おすすめピボットテーブル

ピボットテーブルを手動で作成する

  1. ソース データまたはテーブル範囲内のセルをクリックします。

  2. [挿入]、[おすすめピボットテーブル] の順に移動します。

    [挿入]、[おすすめピボット テーブル] の順に移動して、Excel でピボットテーブルを自動作成する

  3. Excel はデータを分析し、いくつかのオプションを示します。家計データを使用するこの例の場合は次のようになります。

    Excel の [おすすめピボットテーブル] ダイアログ
  4. 最適なピボットテーブル​​を選び、[OK] を押します。 Excel は新しいシートでピボットテーブルを作成し、[ピボットテーブル フィールド] リストを表示します。

  1. ソース データまたはテーブル範囲内のセルをクリックします。

  2. [挿入]、[ピボットテーブル] の順に移動します。

    Excel for Mac 2011 以前を使用している場合、ピボットテーブル ボタンは [データ] タブの [分析] グループにあります。

    [データ] タブ、[分析] グループ

  3. Excel には、範囲またはテーブル名が選択された [ピボットテーブルの作成] ダイアログが表示されます。 この例では、"tbl_HouseholdExpenses" という名前のテーブルを使用しています。

  4. [ピボットテーブルレポートを配置する場所を選択してください] セクションで、[新しいワークシート] または [既存のワークシート] を選択します。 既存のワークシートで、ピボットテーブルを配置するセルを選びます。

  5. [OK] をクリックすると、Excel で空のピボットテーブルが作成され、[ピボットテーブル フィールド] リストが表示されます。

上部の [フィールド名] 領域で、ピボットテーブルに追加するフィールドのチェックボックスをオンにします。 既定では、数値以外のフィールドは [] 領域に追加され、日付と時刻のフィールドはの領域に追加され、数値フィールドは [] 領域に追加されます。 利用可能なアイテムを任意のピボットテーブルフィールドに手動でドラッグアンドドロップすることもできます。また、ピボットテーブルのアイテムを必要としなくなった場合は、フィールドリストの外にドラッグするかオフにするだけです。 フィールドアイテムを再配置すると、その外観を簡単に変更できるピボットテーブル機能の1つになります。

[ピボットテーブル フィールド] リスト

ピボットテーブルの対応するフィールド

Excel の [ピボットテーブル フィールド] リスト ダイアログの例



ピボットテーブルと、フィールドがフィールド リストにどのように関連付けられるかを示す例

  • 集計の方法

    既定では、[] 領域に配置されているピボットテーブル フィールドは SUM として表示されます。 Excel がデータをテキストと解釈した場合は、COUNT として表示されます。 これが、値フィールドのデータ型が混在していないことを確認することが非常に重要である理由です。 最初にフィールド名の右側にある矢印をクリックして既定の計算を変更し、[フィールドの設定] オプションを選択することができます。

    次に、[集計方法] セクションで計算方法を変更します。 計算方法は変更されると、Excel では "<フィールド名> の合計" のように、[ユーザー設定の名前] セクションに自動的に追加されますが、ユーザーが変更することもできます。 [数値] ボタンをクリックすれば、フィールド全体の数値の書式を変更できます。

    ヒント: [集計方法​​] セクションで計算を変更すると、ピボットテーブル フィールド名が変更されるため、ピボットテーブルのセットアップが完了するまでピボットテーブル フィールドの名前を変更しないことをお勧めします。 [編集] メニューの [置換] をクリックし、[検索する文字列] に "の合計" と入力し、[置換後の文字列] は空のままにして、手動で再入力するのではなく、すべて一度に置換するのも 1 つの方法です。

  • 計算の種類

    データを集計する計算を使う代わりに、フィールドに対する割合として表示することもできます。 次の例では、家計の金額を変更し、値の合計ではなく、総計に対する比率として表示しています。

    総計に対する割合として表示された値を含むピボットテーブルの例

    [フィールドの設定] ダイアログを開いたら、[計算の​​種類] タブから選択することができます。

  • 計算と比率の両方の値を表示します。

    単に [] セクションに項目を 2 回ドラッグし、値を右クリックして [フィールドの設定] を選択し、それぞれに対して [集計方法​​] と [計算の​​種類] オプションを設定します。

ピボットテーブルのデータ ソースに新しいデータを追加する場合は、そのデータ ソースで構築されたピボットテーブルはすべて最新の情報に更新する必要があります。 ピボットテーブルを 1 つだけ更新する場合は、ピボットテーブル範囲内の任意の場所を右クリックして、[更新] を選択します。 ピボットテーブルが複数ある場合は、最初にピボットテーブル内の任意のセルを選択し、リボンの [ピボットテーブル分析] に移動し、[更新] ボタンの下にある矢印をクリックして [すべて更新] を選択します。

作成したピボットテーブルが不要になった場合は、単にピボットテーブルの範囲全体を選び、Delete キーを押します。 周りの他のデータ、ピボットテーブル、グラフには影響はありません。 ピボットテーブルが、残しておく他のデータがない別のシートにある場合、そのシートを削除すれば、ピボットテーブル​​を簡単に削除できます。

Web 用 Excelで、スプレッドシートにピボットテーブルを挿入できるようになりました。

重要: 1 つのスプレッドシート内で他のユーザーが同時に作業している場合は、ピボットテーブルを作成または編集することはお勧めしていません。

  1. スプレッドシート内のテーブルまたは範囲を選択します。

  2. [挿入]、[ピボットテーブル] の順に移動します。

  3. Excel には、範囲またはテーブル名が選択された [ピボットテーブルの作成] ダイアログが表示されます。

    ピボットテーブルを作成する
  4. [ピボットテーブルレポートを配置する場所を選択してください] セクションで、[新しいワークシート] または [既存のワークシート] を選択します。 既存のワークシートで、ピボットテーブルを配置するセルを選びます。

    注: 参照するセルは、選択したテーブル以外または範囲外である必要があります。

  5. [OK] をクリックすると、Excel で空のピボットテーブルが作成され、[ピボットテーブル フィールド] リストが表示されます。

上部の [ピボットテーブルフィールド] 領域で、ピボットテーブルに追加するフィールドのチェックボックスをオンにします。 既定では、数値以外のフィールドは [] 領域に追加され、日付と時刻のフィールドは [] 領域に追加され、数値フィールドは [] 領域に追加されます。 利用可能なアイテムを任意のピボットテーブルフィールドに手動でドラッグアンドドロップすることもできます。また、ピボットテーブルのアイテムを必要としなくなった場合は、フィールドリストの外にドラッグするかオフにするだけです。 フィールドアイテムを再配置すると、その外観を簡単に変更できるピボットテーブル機能の1つになります。

[ピボットテーブル フィールド] リスト

ピボットテーブルの対応するフィールド

Excel の [ピボットテーブル フィールド] リスト ダイアログの例



ピボットテーブルと、フィールドがフィールド リストにどのように関連付けられるかを示す例

  • 集計方法

    既定では、[] 領域に配置されているピボットテーブル フィールドは SUM として表示されます。 Excel がデータをテキストと解釈した場合は、COUNT として表示されます。 これが、値フィールドのデータ型が混在していないことを確認することがとても重要である理由です。 既定の計算は、最初にフィールド名の右側にある矢印をクリックし、[値フィールドの設定] オプションを選ぶことで変更できます。

    Excel の [値フィールドの設定] ダイアログ

    次に、[集計方法] セクションで計算方法を変更します。 計算方法を変更すると、Excel で "<フィールド名> の合計" のように、[ユーザー設定の名前] セクションに自動的に追加されますが、変更することはできます。 [数値の書式] ボタンをクリックすれば、フィールド全体の数値の書式を変更できます。

    Excel の [集計方法​​] オプションを示す [値フィールドの設定] ダイアログ

    ヒント: [集計方法​​] セクションで計算を変更するとピボットテーブル フィールド名が変わるため、ピボットテーブルのセットアップが完了するまでピボットテーブル フィールドの名前を変更しないことをお勧めします。 [検索と置換] (Ctrl キーを押しながら H キーを押す) を使い、[検索する文字列] に "の合計" と入力し、[置換後の文字列] は空のままにして、手動で再入力するのではなく、すべて一度に置換するのも 1 つの方法です。

  • 計算の​​種類

    データを集計する計算を使う代わりに、フィールドに対する割合として表示することもできます。 次の例では、家計の金額を変更し、値の合計ではなく、総計に対する比率として表示しています。

    総計に対する割合として表示された値を含むピボットテーブルの例

    [値フィールドの設定] ダイアログを開いたら、[計算の​​種類] タブから選ぶことができます。

    ピボットテーブルの [値フィールドの設定]、[計算の​​種類] ダイアログの順に移動
  • 計算と比率の両方の値を表示します。

    単に [] セクションに項目を 2 回ドラッグし、それぞれの [集計方法​​] と [計算の​​種類] オプションを設定します。

ピボットテーブルのデータ ソースに新しいデータを追加する場合は、そのデータ ソースで構築されたピボットテーブルはすべて最新の情報に更新する必要があります。 ピボットテーブルを更新するには、ピボットテーブル範囲内の任意の場所を右クリックして、[更新] を選択します。

ピボットテーブルを更新する

作成したピボットテーブルが不要になった場合は、単にピボットテーブルの範囲全体を選び、Delete キーを押します。 周りの他のデータ、ピボットテーブル、グラフには影響はありません。 ピボットテーブルが、残しておく他のデータがない別のシートにある場合、そのシートを削除すれば、ピボットテーブル​​を簡単に削除できます。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

ピボットグラフを作成する

スライサーを使用してピボットテーブルのデータをフィルター処理する 

日付をフィルター処理するためのピボットテーブル タイムラインを作成する

複数のテーブルを使ってピボットテーブルを作成する

フィールド リストを使ってピボットテーブル内でフィールドを配置する

ピボットテーブルのソース データを変更する

ピボットテーブルで値を計算する

ピボットテーブルを削除する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×