ピボットテーブルを作成してデータを分析する

ピボットテーブルを作成する

概要

ピボットテーブルを作成してデータを分析する ピボットテーブル レポートは、レポート内のデータを集計、分析、検索、表示するための効果的な手段です。 特にデータが大量にある場合は、ピボットテーブルを使ってデータをわかりやすくすることができます。 このコースでは、ピボットテーブルの自動/手動作成方法と、ピボットテーブル データの並べ替え、フィルター処理、集計、計算、分析の方法をご説明します。

このコースの内容:

ピボットテーブルを作成してデータを分析する (1:35)
ピボットテーブルとピボットグラフについてご紹介し、Excel 2013 でこれらを使ってデータを集計・分析する方法をご説明します。

ピボットテーブル レポートを手動で作成する (5:36)
ピボットテーブルを自分でデザインしたい場合は、手動でピボットテーブルを作成します。 これを行うには、次の操作を実行します。

ピボットテーブル データの並べ替え、フィルター処理、集計、計算 (4:07)
ピボットテーブルのデータは、並べ替えて傾向を確認するなど、さまざまな方法で分析できます。 また、データのフィルター処理、集計、計算を行う方法についても説明します。

スライサー、タイムライン、ピボットグラフを使ってピボットテーブル データを分析する (3:52)
スライサーやタイムラインを使ってピボットテーブルをフィルター処理します。そのフィルターの適用方法をご確認ください。 ピボットグラフではピボットテーブルを視覚的に表示し、傾向をより簡単に把握できます。

コースのまとめ
このコースの重要なポイントを簡単におさらいします。

Microsoft Office トレーニングには他にもコースが用意されています。

ご意見

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×