ピボットテーブルや他のビジネス インテリジェンス ツールを使ってデータを分析する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データのおすすめピボットテーブル

大量のデータを正しく解釈する必要がある場合、それがワークシート内にある場合でも他の場所でアクセスできる場合でも、Excel 2013 で強力なツールを使用できます。

1 つまたは複数のテーブル内にあるデータを分析し、対話形式のビジュアル レポートを作成して、関係者に見せることができます。

始める前のヒント

  • Excel で推奨されるピボットテーブルを見る    分析する必要があるデータを Excel 2013 ですばやく表示するには、最初に Excel で推奨されるデータに適したレイアウトのピボットテーブルを選びます。

  • 複数のテーブルのデータを分析する   PowerPivot を使わなくても、Excel 2013 のピボットテーブルで複数のテーブルからのデータを分析できます。データ モデル機能は Excel 2013 に組み込まれています。Excel で複数のテーブルにデータを追加してから、ピボットテーブルまたは Power View シートでテーブル間にリレーションシップを作成します。これで、より強力なデータ分析を行うためのデータ モデルが作成されます。

  • 対話形式のピボットグラフにデータを直接プロットする   Excel 2013 では、スタンドアロン (分離型) のピボットグラフを作成し、グラフ内でデータを対話形式で操作し、フィルターを適用することができます。

  • PowerPivot と Power View のパワーを利用する    Office Pro Plus をインストールしている場合は、これらの強力なアドインを試してください。

    • 組み込みのデータ モデルだけで複数のテーブル内のデータを十分に分析できる場合もありますが、PowerPivot を使用すれば、別の PowerPivot ウィンドウ内に高度なデータ モデルを作成できます。始める前に、いくつかの違いを比較しておくと良いでしょう。

    • Power View を使用すると、PowerPivot データ (またはテーブル内の他の Excel データ) をプロフェッショナルなスタイルの強力な対話型レポートに変えることができます。[挿入] タブの [Power View] をクリックするだけで始めることができます。

ピボットテーブル レポートまたはピボットグラフ レポートを作成する

ピボットテーブルを作成してワークシート データを分析する

ピボットテーブル レポートで異なる角度からデータを見ることで、より効果的なビジネス上の意思決定を行うことができます。Excel では、データに適したピボットテーブルが 1 つ推奨され作業を始めやすくしています。

ピボットテーブルを作成して外部データを分析する

調べたいデータが Access データベース、オンライン分析処理 (OLAP) キューブ ファイルなど、Excel の外部の別のファイルに保存されている場合は、その外部データ ソースに接続してピボットテーブル レポート内でデータを分析することができます。

ピボットテーブルを作成して複数のテーブルでデータを分析する

複数のテーブル内のデータを分析したい場合は、Excel 2013 で行うことができます。ピボットテーブル レポートで複数のテーブル間にリレーションシップを作成して強力なデータ分析を行うためのさまざまな方法について説明します。データ モデルは Excel によってバックグラウンドで作成されます。

Excel 2013 でデータ モデルを使用する方法を学習する

自分で作業を始める前に、このチュートリアルの手順に従って、複数のテーブルのデータをデータ モデルに組み合わせるサンプルのピボットテーブルを Excel で作成すると役に立つことがあります。

フィールド リストを使ってピボットテーブル内でデータを表示する

ワークシートのデータ、外部データ、複数のテーブルを基にしてピボットテーブルを作成した後に、いつでもフィールド リストにアクセスして、ピボットテーブル レポートのフィールドを追加、配置、削除することができます。

ピボットグラフを作成する

視覚的なプレゼンテーションの場合、データのサブセットを分析できるように対話形式のフィルター コントロールを使用してピボットテーブルを作成できます。Excel は、データに適したピボットグラフを推奨することもできます。単に対話形式のチャートが必要な場合は、最初にピボットテーブルを作成する必要はありません。

ピボットテーブルを削除する

ピボットテーブルを削除するときのコツは、多くのデータが含まれている場合でも Delete キーを押す前にピボットテーブル全体を選ぶことです。この資料では、ピボットテーブル全体をすばやく選ぶ方法を説明します。

ピボットテーブル レポートの書式を変更する

ピボットテーブルのデータ レイアウトを変更する

ピボットテーブルを作成して必要なフィールドを追加した後で、ピボットテーブルが読みやすくなるようにレイアウトを変更できます。異なるレポート レイアウトを選ぶだけで、レイアウトをすぐに変更できます。

ピボットテーブルのスタイルを変更する

ピボットテーブルを作成した後で外観を変更したい場合は、別のスタイルを選ぶことができます。たとえば、ピボットテーブルに大量のデータがある場合、縞模様 (行) または縞模様 (列) を表示して見やすくしたり、重要なデータを強調表示して目立たせたりすると有効な場合があります。

ピボットテーブルの詳細を表示する

ピボットテーブルのデータを並べ替える

ピボットテーブルの大量のデータを並べ替えて整理すると、分析したい項目を見つけやすくなります。アルファベット順や降順 (または昇順) にデータを並べ替えることができます。

ピボットテーブルのデータをフィルター処理する

詳しく分析するために、大量のピボットテーブル データの一部に焦点を当てるには、データをフィルター処理します。この処理を行うには、いくつかの方法があります。たとえば、1 つ以上のスライサーを挿入すると、データをすばやく効果的にフィルター処理できるようになります。

ピボットテーブル レポートでデータをグループ化またはグループ化解除する

ピボットテーブルでデータをグループ化すると、分析するデータのサブセットを表示しやすくなります。

ピボットテーブル データの詳細を表示する

ピボットテーブル階層内の大量のデータを詳細表示するのは、何度も展開、折りたたみ、フィルター処理する必要がある時間のかかる作業です。

では、新しいExcel 2013クイック調査機能を使うことで、OLAP キューブまたはデータ モデルに基づくピボットテーブル階層のデータを詳細表示し、さまざまなレベルでデータの詳細を分析できます。クイック調査では、表示したいデータに移動でき、ドリルダウン時はフィルターのように機能します。フィールド内のアイテムを選ぶと、ボタンが表示されます。

日付をフィルター処理するためのピボットテーブル タイムラインを使用する

日付を表示するためにフィルターを操作する代わりに、ピボットテーブル タイムラインを使うことができます。ピボットテーブルにタイムラインを追加し、期間でフィルター処理し、目的の期間のデータを表示できます。

ピボットテーブルの値を計算する

ピボットテーブルに小計を表示する

ピボットテーブルでは、小計は既定で自動的に計算されて表示されます。ただし、表示されない場合は追加できます。

小計のパーセンテージを計算する方法または小計と総計を非表示にする方法も学習できます。

ピボットテーブルで値を合計する

ピボットテーブルの値を要約するには、SUM、COUNT、AVERAGE などの関数を使用します。合計関数は、OLAP のソース データに基づくピボットテーブルでは使えません。

ピボットテーブルのデータを変更または更新する

ピボットテーブルのソース データを変更する

ピボットテーブルを作成した後に、データの増減などのために、分析しているソース データを変更することができます。

ピボット テーブルのデータの更新 (更新)

ピボットテーブルが外部データに接続されている場合は、定期的に更新してピボットテーブルのデータを最新の状態に維持します。

PowerPivotの優れた機能を利用する

強力なデータ分析と Excel でのデータ モデリング

Office Professional Plus をインストールしている場合は、に付属している アドインを起動しPower Pivot、強力なデータ分析を行うことができます。その後で、PowerPivot ウィンドウを使用して、精巧なデータ モデルを作成します。Excel 2013

Excel 2013 でデータ モデルを使用する方法を学習する

このチュートリアルでは、サンプル データの複数のテーブルを同時にインポートします。このチュートリアルの後半では、PowerPivot ウィンドウでデータ モデルを使用します。

PowerPivot アドインを使用したデータの取得

PowerPivot ウィンドウでリレーショナル データをインポートすると、Excel でデータをインポートまたは接続するよりも高速で、効率も高くなります。

2 つのテーブル間のリレーションシップの作成

同様の ID フィールドなどの一致するデータが含まれるテーブル間にリレーションシップを作成することによって、よりパワフルなデータ分析を実現できます。テーブルのリレーションシップを使用すると、テーブルが異なるソースから取得されている場合でも、各テーブルのフィールドを使用するピボットテーブル レポートを作成できます。

で計算を使う Power Pivot

AutoSum、計算列や計算フィールドの式、カスタム Data Analysis Expressions (DAX) 式などの計算を使用して、PowerPivot でのデータ分析やモデル作成の問題を解決します。

ピボットテーブルに KPI を追加する

PowerPivot を使用して、主要業績評価指標 (KPI) を作成し、ピボットテーブルに追加することができます。

Power View 用にデータ モデルを最適化する

このチュートリアルでは、Power View レポートの効果を向上させるためにデータ モデルを変更する方法について説明します。

Power View でデータを調べる

Power View でデータの調査、可視化、プレゼンテーションを行う

Power View (Office Professional Plus と共にインストールされます) を使用すると、別のダッシュボードのような Power View シートで対話式のグラフやその他の個別の視覚エフェクトを作成し、関係者へのプレゼンテーションで使用できます。

Excel 2013 でデータ モデルを使用する方法を学習する」の最後に Power View レポート用に PowerPivot データを最適化するための役に立つ手順を学習します。

Microsoft Azure Marketplace データを使って Power View レポートを作成する

このチュートリアルでは、Microsoft Azure Marketplace から無料のデータをダウンロードして、Web 上のその他のデータと結合してから、対話形式の効果的な Power View レポートを作成します。2011 年 12 月に最高の業績を上げた空港や航空会社を探してみましょう。

Power View と Power Pivot の使用例を見る

このビデオでは、PowerPivot で Power View をどのように役立てることができるか学習します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×