スキップしてメイン コンテンツへ

ピボットテーブルまたはピボットグラフのピボットデータ

Excel では、データのフィールドレイアウトを変更することで、ピボットテーブルまたはピボットグラフのデータをピボットすることができます。 [ピボットテーブルのフィールドリスト] を使うと、フィールドを追加、配置変更、削除して、ピボットテーブルやピボットグラフのデータを必要な方法で表示することができます。

既定では、ピボットテーブルのフィールドリストで行った変更は、レポートのレイアウトで自動的に更新されます。 大量の外部データにアクセスするときのパフォーマンスを向上させるには、手動更新に一時的に切り替えることができます。

ピボットテーブルを作成すると、Excel にピボットテーブルのフィールドリストが表示され、ピボットテーブルにフィールドを追加したり、必要に応じて並べ替えたり、位置を変更したりすることができます。また、ピボットテーブルからフィールドを削除することもできます。 既定では、[ピボットテーブルのフィールドリスト] には次の2つのセクションが表示されます。

  • ピボットテーブルにフィールドを追加してフィールドを削除するための上部のフィールドセクション

  • フィールドの再配置と配置の下にあるレイアウトセクション

    ピボットテーブル フィールド リスト

ピボットテーブルのフィールドリストを Excel ウィンドウの一方の側に固定して、横方向にサイズを変更することができます。 ピボットテーブルのフィールドリストの固定を解除することもできます。この場合は、垂直方向と水平方向の両方でサイズを変更できます。

[ピボットテーブルのフィールドリスト] が表示されない場合は、ピボットテーブル内の任意の場所をクリックしてください。

ピボットテーブルのフィールドリストを閉じると、再び表示できます。 ピボットテーブルを右クリックし、[フィールドリストの表示] をクリックします。 リボンで [フィールドリスト] をクリックすることもできます ([ピボットテーブルツール] の [オプション] タブで、ピボットテーブルの [グループの表示] をクリックします)。ピボットグラフツールの [分析] タブの [表示/非表示] グループ

ピボットテーブルのフィールドリストに使用するフィールドが表示されない場合は、ピボットテーブルまたはピボットグラフを 最新の情報に更新 して、最後の操作以降に追加した新しいフィールド、計算フィールド、メジャー、計算メジャー、またはディメンションを表示します (ピボットテーブル[ツール] の [オプション] タブの [データ] グループ

ピボットテーブルまたはピボットグラフのフィールドレイアウトを作成するときに必要な結果を得るために、ピボットテーブルのフィールドリストの動作と、さまざまな種類のフィールドの配置方法を理解しておくことが重要です。

ピボットテーブルのフィールド リストの動作方法

1. 外部データソースには、フィールドリストに表示される1つ以上のフィールド (列とも呼ばれます) として整理された構造化データが含まれています。

2. フィールドリストのレポートフィルター領域にフィールドを移動すると、ピボットテーブルのレポートフィルターエリアにフィールドが同時に移動されます。

3. フィールドリストの列ラベル領域にフィールドを移動すると、ピボットテーブルの列ラベル領域にフィールドが同時に移動されます。

4. フィールドリストの行ラベル領域にフィールドを移動すると、ピボットテーブルの行ラベル領域にフィールドが同時に移動されます。

5. フィールドリストの [値] 領域にフィールドを移動すると、ピボットテーブルの [値] 領域にフィールドが同時に移動されます。

フィールドのレイアウトを作成するには、次のガイドラインを使用して、フィールドセクションからレイアウトセクションの4つのレポート領域に値、名前、寸法の各フィールドを移動します。

  • 値フィールド    数値フィールドのチェックボックスのみをオンにした場合、既定では [値] 領域に移動します。

  • 行フィールドと列フィールド    フィールドは、データ型が数値型であるかどうかに関係なく、[レポート フィルター] 領域、[行ラベル] 領域、[列ラベル] 領域のいずれかに 1 回のみ追加できます。 同じフィールドを複数回追加しようとした場合 (たとえば、[行ラベル] と [列ラベル] がレイアウトセクションにあります)、このフィールドは元の領域から自動的に削除され、新しい領域に配置されます。

  • メジャー    オンライン分析処理 (OLAP) データソースでは、さまざまなディメンション、階層、レベルの階層で構成される多くのフィールド (またはメジャー) が存在します。 目的のフィールドが見つかるまで、[展開] をクリックし、[ マイナス記号 (-) ボックス ] ボタンを プラス記号 (+) ボックス します。

    [行ラベル]、[列ラベル]、および [レポートフィルター] 領域には、階層、属性、名前付きセットのみを移動できます。

    [値] 領域には、メジャー、計算メジャー、主要業績評価指標 (Kpi) のみを移動できます。

ピボットテーブルのフィールドリストには、さまざまな種類のピボットテーブルタスクに合わせてデザインされ、最適化された5つの異なるビューがあります。

  1. ビューを変更するには、[ピボットテーブルのフィールドリスト] の上部にある [フィールドリストの表示] をクリックします。

    ピボットテーブル フィールドの [リスト ビュー] ボタン

  2. リストで、次のいずれかのビューを選択します。

フィールドセクションと領域セクションが積み重ねられている

これは既定のビューであり、少数のフィールドに合わせて設計されています。

フィールドセクションと領域セクションを並べて並べる

このビューは、各領域に4つ以上のフィールドがある場合にフィールドを追加および削除できるように設計されています。

フィールドセクションのみ

このビューは、多くのフィールドを追加したり、削除したりするために設計されています。

エリアセクションのみ (2 = 2)

このビューは、多くのフィールドを再配置するだけのために設計されています。

エリアセクションのみ (1 × 4)

このビューは、多くのフィールドを再配置するだけのために設計されています。

ヒント    [フィールド] セクションと [領域]セクションと [フィールド] セクションと [エリア] セクションと領域セクションが並べて表示されている場合は、ポインターが垂直に変わるまで、セクションの分割バーにポインターを置くことで、各セクションの幅と高さを調整することができます。二重矢印 縦方向の双方向矢印 または横方向の双方向矢印 横向き双方向矢印 の場合は、上下の矢印を上または下にドラッグするか、左右の矢印をクリックするか、またはenterキーを押します。

ピボットテーブルまたはピボットグラフを作成した後は、レポートに表示するデータを含むフィールドを追加することができます。 通常は、レイアウトセクションの領域ごとに1つのフィールドを選択します。 ただし、特定のフィールドに異なる値を表示するには、フィールドの複数のコピーを [] 領域に追加することもできます。

ピボットテーブルが大量のデータを含む外部データソースに接続されている場合は、レポートにフィールドを追加する前に1つまたは複数のフィールドをフィルター処理して、レポートの更新にかかる時間を減らすことができます。

[ピボットテーブルのフィールドリスト] で、次の操作のいずれか、または複数の操作を行って、ピボットテーブルまたはピボットグラフにフィールドを追加できます。

  • レイアウトセクションの指定領域にフィールドを配置するには、[レポートに追加するフィールドの選択] ボックスで、目的のフィールドのチェックボックスをオンにします。 必要に応じて後からフィールドを並べ替えることができます。

        既定では、数値以外のフィールドは [行ラベル] 領域に追加され、数値フィールドは [] 領域に追加され、オンライン分析処理 (OLAP) の日付と時刻の階層は [列ラベル] 領域に追加されます。

  • レイアウトセクションの特定の領域にフィールドを配置するには、[レポートに追加するフィールドの選択] ボックスでフィールド名を右クリックし、[レポートフィルターに追加]、[列ラベルに追加]、[行ラベルに追加]、または [値に追加] をクリックします。

  • フィールドをレイアウトセクションの領域にドラッグするには、[レポートに追加するフィールドの選択] ボックスで、フィールドをクリックしたまま、目的のフィールドセクションからレイアウトセクションにドラッグします。

Excel ワークシートのデータを基にしたピボットテーブルや、オンライン分析処理 (OLAP) データソースからの外部データに基づくピボットテーブルでは、同じフィールドを [] 領域に複数回追加することができます。 データ型が数値か数値以外かにかかわらず、この操作を行うことができます。 たとえば、売上総利益率と純利益率、売上高の最小値と最大値、顧客数と総顧客数に対する割合などの計算値を並べて表示し、比較することが必要な場合があります。

  1. [ピボットテーブルのフィールドリスト] の [レポートに追加するフィールドの選択] ボックスで、フィールドをクリックして長押しし、レイアウトセクションの [] 領域にドラッグします。

  2. 手順1を繰り返して、の領域に表示するフィールドのコピーを作成します。

  3. ピボットテーブルで、フィールドの各コピーで集計方法またはユーザー設定の計算方法を変更します。

    ヒント   ピボットテーブル自体でコピーしたフィールドの名前を変更することもできます。

ノート    

  • 2つ以上のフィールドを [値] 領域に追加すると、同じフィールドがコピーされているかどうかにかかわらず、フィールドリストで値のラベルがの領域に自動的に追加されます。 このフィールドを使用すると、[値] 領域でフィールドの位置を上下に移動できます。 [値] 列ラベルを [列ラベル] 領域または [行ラベル] 領域に移動することもできます。 ただし、[値] 列ラベルを [レポートフィルター ] 領域に移動することはできません。

  • フィールドは、データ型が数値型であるかどうかに関係なく、[レポート フィルター] 領域、[行ラベル] 領域、[列ラベル] 領域のいずれかに 1 回のみ追加できます。 同じフィールドを複数回追加しようとした場合 (たとえば、[行ラベル] と [列ラベル] がレイアウトセクションにあります)、このフィールドは元の領域から自動的に削除され、新しい領域に配置されます。

  • 同じフィールドを [] 領域に追加するもう1つの方法は、数式で同じフィールドを使用する数式 (計算フィールドとも呼ばれます) を使用することです。

  • [ピボットテーブルのフィールドリスト] の [レポートに追加するフィールドの選択] ボックスで、フィールド名の上にポインターを置き、フィールド名の横にあるフィルターのドロップダウン矢印をクリックします。

    [フィルター ] メニューで、必要なフィルターオプションを選びます。

[ピボットテーブルのフィールドリスト] で、レイアウトセクションの下部にある4つの領域のいずれかを使用して、既存のフィールドの配置を変更したり、これらのフィールドを再配置したりできます。

ピボットテーブル

説明

集計した数値データを表示するために使用します。

行ラベル

集計した数値データを表示するために使用します。

列ラベル

フィールドをレポートの上部の列として表示するために使用します。 下の位置にある列は、そのすぐ上の別の列にネストされます。

レポート フィルター

レポート フィルターで選択したアイテムに基づいてレポート全体をフィルター処理するために使用します。

ピボットグラフ

説明

集計した数値データを表示するために使用します。

軸フィールド​​ (カテゴリ)

フィールドをグラフの軸として表示するために使用します。

凡例フィールド (系列)

フィールドをグラフの凡例に表示するために使用します。

レポート フィルター

レポート フィルターで選択したアイテムに基づいてレポート全体をフィルター処理するために使用します。

ピボットテーブルのフィールドを再配置するには、いずれかの領域でフィールド名をクリックし、次のいずれかのコマンドを選択します。

上へ移動

フィールドを領域内の1つ上の位置に移動します。

下へ移動

領域内のフィールドの位置を下に移動します。

先頭へ移動

フィールドを領域の先頭に移動します。

末尾へ移動

フィールドを領域の末尾に移動します。

レポート​​ フィルター​​に移動

フィールドを [レポートフィルター] 領域に移動します。

行ラベルに移動

フィールドを [行ラベル] 領域に移動します。

列ラベルに移動

フィールドを [列ラベル] 領域に移動します。

値​​に移動

フィールドを [値] 領域に移動します。

値フィールドの設定フィールドの設定

[フィールドの設定] または [値フィールドの設定] ダイアログボックスを表示します。 各設定の詳細については、ダイアログ ボックスの上部にある [ヘルプ] ボタン ボタンの画像 をクリックします。

ヒント    フィールド名をクリックして押したままにし、フィールド セクションとレイアウト セクション間、および異なる領域間でフィールドをドラッグすることができます。

フィールドを削除するには、ピボットテーブルのフィールド リストで、次のいずれかの操作を行います。

  • [レポートに追加するフィールドの選択] ボックスで、削除するフィールドのチェックボックスをオフにします。

        チェックボックスをオフにすると、レポートからフィールドのすべてのインスタンスが削除されます。

  • レイアウト領域で、削除するフィールドをクリックし、[フィールドの削除] をクリックします。

  • レイアウト領域で、削除するフィールドをクリックしたまま、[ピボットテーブルのフィールドリスト] の外にドラッグします。

既定では、ピボットテーブルのフィールドリストで行った変更は、レポートのレイアウトで自動的に更新されます。 大量の外部データにアクセスするときのパフォーマンスを向上させるには、手動更新モードに一時的に切り替えることができます。 手動更新モードでは、ピボットテーブルのフィールドリストのフィールドの追加、移動、削除をすばやく行うことができます。 ただし、自動更新モードに戻るまでは、レポートを使用することはできません。

  1. ピボットテーブルを手動で更新できるようにするには、[ピボットテーブルのフィールドリスト] の下部にある [レイアウトの更新を保留する] チェックボックスをオンにします。

    慎重    レポートのレイアウトを手動更新に設定した後、ピボットテーブルのフィールドリストを閉じるか、[フィールドのみ] ビューに変更するか、Excel を終了すると、ピボットテーブルに対して行ったレイアウトの変更がすべて破棄されます。

  2. [ピボットテーブルのフィールドリスト] で、フィールドのレイアウトを変更し、[更新] をクリックして、ピボットテーブルのレイアウトを手動で更新します。

  3. [フィールドリスト] でレポートのレイアウトを変更した後に自動更新に戻るには、[レイアウトの更新を保留する] チェックボックスをオフにします。

    ブックを開くたびに、ピボットテーブルが自動更新されます。

ピボットテーブルを作成すると、Excel にピボットテーブルのフィールドリストが表示され、ピボットテーブルにフィールドを追加したり、必要に応じて並べ替えたり、位置を変更したりすることができます。また、ピボットテーブルからフィールドを削除することもできます。 既定では、[ピボットテーブルのフィールドリスト] には次の2つのセクションが表示されます。

  • ピボットテーブルにフィールドを追加してフィールドを削除するための上部のフィールドセクション

  • フィールドの再配置と配置の下にあるレイアウトセクション

    ピボットテーブル フィールド リスト

ピボットテーブルのフィールドリストを Excel ウィンドウの一方の側に固定して、横方向にサイズを変更することができます。 ピボットテーブルのフィールドリストの固定を解除することもできます。この場合は、垂直方向と水平方向の両方でサイズを変更できます。

[ピボットテーブルのフィールドリスト] が表示されない場合は、ピボットテーブル内の任意の場所をクリックしてください。

ピボットテーブルのフィールドリストを閉じると、再び表示できます。 Controlを押しながらピボットテーブルをクリックして、[フィールドリストの表示] をクリックします。 また、[ピボットテーブル分析] タブの [フィールドリスト] をクリックすることもできます。

使用するフィールドがピボットテーブルのフィールドリストに表示されない場合は、ピボットテーブルを更新して、最後の操作以降に追加した新しいフィールド、計算フィールド、メジャー、計算メジャー、またはディメンションを表示します。ピボットテーブル分析>更新します。

フィールドのレイアウトを作成するには、次のガイドラインを使用して、フィールドセクションからレイアウトセクションの4つのレポート領域に値、名前、寸法の各フィールドを移動します。

  • 値フィールド    数値フィールドのチェックボックスのみをオンにした場合、既定では [値] 領域に移動します。

  • 行フィールドと列フィールド    フィールドは、データ型が数値型であるかどうかに関係なく、[レポート フィルター] 領域、[行ラベル] 領域、[列ラベル] 領域のいずれかに 1 回のみ追加できます。 同じフィールドを複数回追加しようとした場合 (たとえば、[行ラベル] と [列ラベル] がレイアウトセクションにあります)、このフィールドは元の領域から自動的に削除され、新しい領域に配置されます。

  • メジャー    オンライン分析処理 (OLAP) データソースでは、さまざまなディメンション、階層、レベルの階層で構成される多くのフィールド (またはメジャー) が存在します。 目的のフィールドが見つかるまで、[展開] をクリックし、[ マイナス記号 (-) ボックス ] ボタンを プラス記号 (+) ボックス します。

    [行ラベル]、[列ラベル]、および [レポートフィルター] 領域には、階層、属性、名前付きセットのみを移動できます。

    [値] 領域には、メジャー、計算メジャー、主要業績評価指標 (Kpi) のみを移動できます。

ピボットテーブルまたはピボットグラフを作成した後は、レポートに表示するデータを含むフィールドを追加することができます。 通常は、レイアウトセクションの領域ごとに1つのフィールドを選択します。 ただし、特定のフィールドに異なる値を表示するには、フィールドの複数のコピーを [] 領域に追加することもできます。

ピボットテーブルが大量のデータを含む外部データソースに接続されている場合は、レポートにフィールドを追加する前に1つまたは複数のフィールドをフィルター処理して、レポートの更新にかかる時間を減らすことができます。

[ピボットテーブルのフィールドリスト] で、次の操作のいずれか、または複数の操作を行って、ピボットテーブルまたはピボットグラフにフィールドを追加できます。

  • レイアウトセクションの指定領域にフィールドを配置するには、[ピボットテーブルフィールド] ボックスで、目的のフィールドのチェックボックスをオンにします。 必要に応じて後からフィールドを並べ替えることができます。

        既定では、数値以外のフィールドは [行ラベル] 領域に追加され、数値フィールドは [] 領域に追加され、オンライン分析処理 (OLAP) の日付と時刻の階層は [列ラベル] 領域に追加されます。

  • フィールドをレイアウトセクションの領域にドラッグするには、[ピボットテーブルフィールド] ボックスでフィールドをクリックしたまま、目的のフィールドセクションからレイアウトセクションにドラッグします。

Excel ワークシートのデータを基にしたピボットテーブルや、オンライン分析処理 (OLAP) データソースからの外部データに基づくピボットテーブルでは、同じフィールドを [] 領域に複数回追加することができます。 データ型が数値か数値以外かにかかわらず、この操作を行うことができます。 たとえば、売上総利益率と純利益率、売上高の最小値と最大値、顧客数と総顧客数に対する割合などの計算値を並べて表示し、比較することが必要な場合があります。

  1. [ピボットテーブルのフィールドリスト] の [ピボットテーブルフィールド] ボックスで、フィールドをクリックしたまま、レイアウトセクションの [] 領域にドラッグします。

  2. 手順1を繰り返して、の領域に表示するフィールドのコピーを作成します。

  3. ピボットテーブルで、フィールドの各コピーで集計方法またはユーザー設定の計算方法を変更します。

    ヒント    ピボットテーブル自体でコピーしたフィールドの名前を変更することもできます。

ノート    

  • 2つ以上のフィールドを [値] 領域に追加すると、同じフィールドがコピーされているかどうかにかかわらず、フィールドリストで値のラベルがの領域に自動的に追加されます。 このフィールドを使用すると、[値] 領域でフィールドの位置を上下に移動できます。 [値] 列ラベルを [列ラベル] 領域または [行ラベル] 領域に移動することもできます。 ただし、[値] 列ラベルを [レポートフィルター ] 領域に移動することはできません。

  • フィールドは、データ型が数値型であるかどうかに関係なく、[レポート フィルター] 領域、[行ラベル] 領域、[列ラベル] 領域のいずれかに 1 回のみ追加できます。 同じフィールドを複数回追加しようとした場合 (たとえば、[行ラベル] と [列ラベル] がレイアウトセクションにあります)、このフィールドは元の領域から自動的に削除され、新しい領域に配置されます。

  • 同じフィールドを [] 領域に追加するもう1つの方法は、数式で同じフィールドを使用する数式 (計算フィールドとも呼ばれます) を使用することです。

フィールドを削除するには、ピボットテーブルのフィールド リストで、次のいずれかの操作を行います。

  • [ピボットテーブルフィールド] ボックスで、削除するフィールドのチェックボックスをオフにします。

        チェックボックスをオフにすると、レポートからフィールドのすべてのインスタンスが削除されます。

  • レイアウト領域で、削除するフィールドをクリックしたまま、[ピボットテーブルのフィールドリスト] の外にドラッグします。

ピボットテーブルを作成すると、Excel にピボットテーブルのフィールドリストが表示され、ピボットテーブルにフィールドを追加したり、必要に応じて並べ替えたり、位置を変更したりすることができます。また、ピボットテーブルからフィールドを削除することもできます。 既定では、[ピボットテーブルのフィールドリスト] には次の2つのセクションが表示されます。

  • ピボットテーブルにフィールドを追加してフィールドを削除するための上部のフィールドセクション

  • フィールドの再配置と配置の下にあるレイアウトセクション

ピボットテーブルのフィールドリストを開くには、ピボットテーブルを右クリックし、[フィールドリストの表示] をクリックします。 

ピボットテーブルのフィールドリストに使用するフィールドが表示されない場合は、ピボットテーブルまたはピボットグラフを 最新の情報に更新 して、新しいフィールド、計算フィールド、メジャー、計算メジャー、または最後の操作以降に追加したディメンションを表示します。 そのためには、ピボットテーブルを右クリックして、[更新] を選択します。

フィールドのレイアウトを作成するには、次のガイドラインを使用して、フィールドセクションからレイアウトセクションの4つのレポート領域に値、名前、寸法の各フィールドを移動します。

  • Values   数値フィールドのチェックボックスのみをオンにした場合、既定では [] 領域に移動します。

  • 行と列   フィールドは、データ型が数値か数値以外かにかかわらず、フィルター、またはの領域のいずれかに一度だけ追加できます。 レイアウトセクションのの領域に同じフィールドを複数回追加しようとした場合、フィールドは元の領域から自動的に削除され、新しい領域に配置されます。

ピボットテーブルまたはピボットグラフを作成した後は、レポートに表示するデータを含むフィールドを追加することができます。 通常は、レイアウトセクションの領域ごとに1つのフィールドを選択します。 ただし、特定のフィールドに異なる値を表示するには、フィールドの複数のコピーを [] 領域に追加することもできます。

ピボットテーブルが大量のデータを含む外部データソースに接続されている場合は、レポートにフィールドを追加する前に1つまたは複数のフィールドをフィルター処理して、レポートの更新にかかる時間を減らすことができます。

[ピボットテーブルのフィールドリスト] で、次の操作のいずれか、または複数の操作を行って、ピボットテーブルまたはピボットグラフにフィールドを追加できます。

  • レイアウトセクションの指定領域にフィールドを配置するには、[フィールドの選択] ボックスで、目的のフィールドのチェックボックスをオンにします。 必要に応じて後からフィールドを並べ替えることができます。

    注: 既定では、数値以外のフィールドは [] 領域に追加され、数値フィールドは [] 領域に追加され、オンライン分析処理 (OLAP) の日付と時刻の階層は [] 領域に追加されます。

  • レイアウトセクションの特定の領域にフィールドを配置するには、[フィールドの選択] ボックスで、フィールド名の上にポインターを置き、フィールド名の横にある赤いドロップダウン矢印をクリックし、[レポートフィルターに移動] をクリックします。、[列ラベルに移動]、[行ラベルに移動]、または [値に移動] を選びます。

  • フィールドをレイアウトセクションの領域にドラッグするには、[レポートに追加するフィールドの選択] ボックスで、フィールドをクリックしたまま、目的のフィールドセクションからレイアウトセクションにドラッグします。

Excel ワークシートのデータを基にしたピボットテーブルや、オンライン分析処理 (OLAP) データソースからの外部データに基づくピボットテーブルでは、同じフィールドを [] 領域に複数回追加することができます。 データ型が数値か数値以外かにかかわらず、この操作を行うことができます。 たとえば、売上総利益率と純利益率、売上高の最小値と最大値、顧客数と総顧客数に対する割合などの計算値を並べて表示し、比較することが必要な場合があります。

  1. [ピボットテーブルのフィールドリスト] の [フィールドの選択] ボックスで、フィールドをクリックして長押しし、レイアウトセクションの [] 領域にドラッグします。

  2. 手順1を繰り返して、の領域に表示するフィールドのコピーを作成します。

  3. ピボットテーブルで、フィールドの各コピーで集計方法またはユーザー設定の計算方法を変更します。

    ヒント: ピボットテーブル自体でコピーしたフィールドの名前を変更することもできます。

注: 

  • 2つ以上のフィールドを [値] 領域に追加すると、同じフィールドがコピーされているかどうかにかかわらず、フィールドリストで値のラベルがの領域に自動的に追加されます。 このフィールドを使用すると、[値] 領域でフィールドの位置を上下に移動できます。 [値] 列ラベルを [列ラベル] 領域または [行ラベル] 領域に移動することもできます。 ただし、[値] 列ラベルを [レポートフィルター ] 領域に移動することはできません。

  • フィールドは、データ型が数値型であるかどうかに関係なく、[レポート フィルター] 領域、[行ラベル] 領域、[列ラベル] 領域のいずれかに 1 回のみ追加できます。 同じフィールドを複数回追加しようとした場合 (たとえば、[行ラベル] と [列ラベル] がレイアウトセクションにあります)、このフィールドは元の領域から自動的に削除され、新しい領域に配置されます。

  • 同じフィールドを [] 領域に追加するもう1つの方法は、数式で同じフィールドを使用する数式 (計算フィールドとも呼ばれます) を使用することです。

  • [ピボットテーブルのフィールド] リストの [フィールドの選択] ボックスで、フィールド名の上にポインターを置き、フィールド名の横にある赤いドロップダウン矢印をクリックして、[フィルター] を選択します。

[ピボットテーブルのフィールド] または [ピボットグラフのフィールド] ボックスの一覧で、レイアウトセクションの下部にある4つの領域のいずれかを使用して、既存のフィールドを並べ替えたり、それらのフィールドを再配置したりすることができます。

ピボットテーブル

説明

フィルター

レポート フィルターで選択したアイテムに基づいてレポート全体をフィルター処理するために使用します。

フィールドをレポートの上部の列として表示するために使用します。 下の位置にある列は、そのすぐ上の別の列にネストされます。

ROWS

集計した数値データを表示するために使用します。

VALUES

集計した数値データを表示するために使用します。

説明

フィルター

レポート フィルターで選択したアイテムに基づいてレポート全体をフィルター処理するために使用します。

凡例 (系列)

フィールドをグラフの凡例に表示するために使用します。

AXIS (CAEGORIES)

フィールドをグラフの軸として表示するために使用します。

VALUES

集計した数値データを表示するために使用します。

ピボットテーブルのフィールドを再配置するには、いずれかの領域でフィールド名をクリックし、次のいずれかのコマンドを選択します。

上へ移動

フィールドを領域内の1つ上の位置に移動します。

下へ移動

領域内のフィールドの位置を下に移動します。

先頭へ移動

フィールドを領域の先頭に移動します。

末尾へ移動

フィールドを領域の末尾に移動します。

レポート​​ フィルター​​に移動

フィールドを [レポートフィルター] 領域に移動します。

行ラベルに移動

フィールドを [行ラベル] 領域に移動します。

列ラベルに移動

フィールドを [列ラベル] 領域に移動します。

値​​に移動

フィールドを [値] 領域に移動します。

値フィールドの設定フィールドの設定

[フィールドの設定] または [値フィールドの設定] ダイアログボックスを表示します。

ヒント: フィールド名をクリックして押したままにし、フィールド セクションとレイアウト セクション間、および異なる領域間でフィールドをドラッグすることができます。

フィールドを削除するには、[フィールドリスト] で、次のいずれかの操作を行います。

  • [フィールドの選択] ボックスで、削除するフィールドのチェックボックスをオフにします。

    注: チェックボックスをオフにすると、レポートからフィールドのすべてのインスタンスが削除されます。

  • レイアウト領域で、削除するフィールドをクリックし、[フィールドの削除] をクリックします。

  • レイアウト領域で、削除するフィールドをクリックしたまま、[ピボットテーブルのフィールドリスト] の外にドラッグします。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

ピボットテーブルを作成する

フィールド リストを使ってピボットテーブル内でフィールドを配置する

ピボットグラフを作成する

スライサーを使用してデータをフィルター処理する

日付をフィルター処理するためのピボットテーブル タイムラインを作成する

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×