ピボットテーブルの既定のレイアウト オプションを設定する

使いやすいレイアウトのピボットテーブルが既にある場合、それらの設定をインポートできます。または、設定を個別に編集することもできます。ピボットテーブルの既定の設定を変更すると、すべてのブックの新しいピボットテーブルに適用されます。既存のピボットテーブルは、既定のレイアウトの変更によって影響を受けません。

注: この機能は、Office 365 サブスクリプションを購入しているユーザーのみが使用できます。Office 365 のサブスクリプションを使用している場合は、最新バージョンの Office をインストールしているかどうかを確認してください。

Office 365 または Excel の最新バージョンをお試しください。

Office のウォッチ ドッグでは、ピボットテーブルの既定のレイアウト オプションが簡単に紹介されています。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

作業を開始するには、[ファイル]、[オプション]、[データ] の順に移動し、[既定のレイアウトの編集] ボタンをクリックします。

[ファイル]、[オプション]、[データ] の順に選択し、既定のピボットテーブル レイアウトを編集する

[既定のレイアウトの編集] のオプション:

ピボットテーブルの既定オプション
  • [レイアウトのインポート] - 既存のピボットテーブルのセルを選び、[インポート] ボタンをクリックします。ピボットテーブルの設定が自動的にインポートされ、以降はそれが使用されます。いつでも、再設定、新しい設定のインポート、個々の設定の変更を行うことができます。

    任意のピボットテーブルを選んで [インポート] をクリックし、既存のピボットテーブルの設定をインポートする

  • [小計] - 各ピボットテーブル グループの先頭または末尾に小計を表示するか、または小計をまったく表示しません。

  • [総計] - 行と列両方の総計をオンまたはオフにします。

  • [レポートのレイアウト] - コンパクトアウトライン表形式のいずれかのレポート レイアウトを選びます。

  • [空白行​​] - ピボットテーブルは各アイテムの後に空白行を自動的に挿入します。

  • [ピボットテーブル オプション] - 標準の [ピボットテーブル オプション] ダイアログが表示されます。

    [ピボットテーブル オプション] ダイアログ

  • [Excel の既定値にリセット] - Excel の既定のピボットテーブル設定が復元されます。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連トピック

LinkedIn Learning のピボットテーブル作成コース
ピボットテーブルを作成してデータを分析する
ピボットグラフを作成する
スライサーを使用してピボットテーブルのデータをフィルター処理する
日付をフィルター処理するためのピボットテーブル タイムラインを作成する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×