ピボットテーブルのソース データを変更する

ピボットテーブルのソース データを変更する

ピボットテーブルを作成した後で、そのソース データの範囲を変更できます。たとえば、ソース データを拡大して対象データを増やすことができます。ただし、ソース データが大きく異なる場合 (列が増えたり減ったりする場合など) は、新しいピボットテーブルを作成することを検討してください。

ピボットテーブルのデータ ソースを変更するときに、そのソースがセルの範囲や Excel のテーブルの場合は、次の操作を行います。

  1. ピボットテーブル内の任意の場所をクリックし、リボンの [ピボットテーブル ツール] を表示します。

ピボットテーブル ツール

  1. [分析]、[データ ソースの変更] の順にクリックします。

[ピボットテーブル ツール] の [分析] タブの [データ ソースの変更] ボタン

  1. [テーブル/範囲] ボックスに、使う範囲を入力します。

[ピボットテーブルのデータ ソースの変更] ダイアログ ボックス

ヒント: ダイアログ ボックスを開いたままにし、ワークシートでテーブルまたは範囲を選びます。使うデータが別のワークシート上にある場合は、そのワークシートをクリックし、テーブルまたは範囲を選びます。

異なる外部データ ソースに変更する

ピボットテーブルが異なる外部ソースに基づくようにする場合は、新しいピボットテーブルを作成する方が適している場合があります。

外部データ ソースの場所が変更された場合、たとえば、SQL Server データベースの名前は同じだが、そのデータベースが別のサーバーに移動された場合や、Access データベースが別のネットワーク共有に移動された場合などは、現在の接続を変更できます。

  1. ピボットテーブル内の任意の場所をクリックし、リボンの [ピボットテーブル ツール] を表示します。

ピボットテーブル ツール

  1. [分析]、[データ ソースの変更] の順にクリックします。

[ピボットテーブル ツール] の [分析] タブの [データ ソースの変更] ボタン

  1. [接続の選択] をクリックします。

[ピボットテーブルのデータ ソースの変更] ダイアログ ボックス

  1. [表示] ボックスで、[すべての接続] が選択されたままにするか、接続先のデータ ソースが含まれる接続カテゴリを選びます。

[既存の接続] ダイアログ ボックス

新しい場所が一覧にない場合は、[参照] をクリックし、[データ ソースの選択] ダイアログ ボックスで接続先のデータ ソースを探します。必要に応じて [新しいソース] をクリックし、[データ接続ウィザード] の手順に従った後、[データ ソースの選択] ダイアログ ボックスに戻ります。

[データ ソースの選択] ダイアログ ボックス

ピボットテーブルがデータ モデル内の範囲またはテーブルへの接続に基づく場合は、[テーブル] タブで別のデータ モデルのテーブルまたは接続を選ぶことができます。ただし、ピボットテーブルがブックのデータ モデルに基づく場合は、データ ソースは変更できません。

[既存の接続] ダイアログ ボックスの [テーブル] タブ

  1. 必要な接続を選び、[開く] をクリックします。

  2. [接続の作成のみ] をクリックします。

    [データのインポート] の [接続の作成のみ]

  3. [プロパティ] をクリックし、[定義] タブをクリックします。

    接続のプロパティ

  4. .odc 接続ファイルが移動されている場合は、[接続ファイル] ボックスで、ファイルの新しい場所を参照します。

  5. [接続文字列] ボックスの値を変更する必要がある場合は、データベース管理者にお問い合わせください。

ピボットテーブルの詳細

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×