ピボットテーブルのセルをワークシートの数式に変換する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ピボットテーブル レポートには、レポートの構造を事前に定義できるレイアウトがいくつか用意されていますが、これらのレイアウトをカスタマイズすることはできません。ピボットテーブル レポートのレイアウトをより柔軟にデザインするには、セルをワークシートの数式に変換してから、ワークシートで使用可能な全機能を利用して、これらのセルのレイアウトを変更します。セルは、キューブ関数を使用する数式か、GETPIVOTDATA 関数を使用する数式に変換できます。セルを数式に変換すると、カスタマイズされたピボットテーブル レポートの作成、更新、保守などのプロセスが大幅に簡素化されます。

セルを数式に変換すると、これらの数式からピボットテーブル レポートと同じデータにアクセスしたり、数式を更新して最新の結果を確認したりできます。ただし、レポート フィルタの例外が発生すると、フィルタ レベル、並べ替えレベル、展開と折りたたみレベルなど、ピボットテーブル レポートの対話型機能にアクセスできなくなります。

注: オンライン分析処理 (OLAP) ピボットテーブル レポートを変換すると、データを更新して最新の測定値を得ることができますが、レポートに表示される実際のメンバを更新することはできません。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

ピボットテーブル レポートをワークシートの数式に変換する一般的なシナリオを学ぶ

セルからキューブ関数を使用する数式に変換する

GETPIVOTDATA 関数を使用してセルを変換する

ピボットテーブル レポートをワークシートの数式に変換する一般的なシナリオを学ぶ

ピボットテーブルのセルをワークシートの数式に変換し、変換されたセルのレイアウトをカスタマイズした後で、何ができるかの一般的な例を次に示します。

セルを再配置および削除する   

毎月のスタッフを作成する必要があること、定期的なレポートがあるとします。レポートの情報の一部のみが必要し、カスタマイズした方法でデータをレイアウトをします。だけ移動し、必要なデザイン レイアウト内のセルは不要な毎月のスタッフのレポートのセルを削除すると、好みに合わせてワークシート、セルの書式を設定できます。

行と列を挿入する   

過去 2 年の売上情報を地域および製品グループ別に表示し、追加の行に詳しいコメントを挿入する必要があるとします。この場合は、まず行を挿入し、テキストを入力します。さらに、オリジナルのピボットテーブル レポートにはない、地域および製品グループ別の売上を表示する列を追加する必要があるとします。この場合は、列を挿入し、必要な結果を得るための数式を追加してこの列に入力し、列ごとに結果を得ます。

複数のデータ ソースを使用する   

実動データベースとテスト データベース間で結果を比較し、テスト データベースが期待された結果を生成していることを確認する必要があるとします。この場合は、セルの数式をコピーして、テスト データベースを指すように引数 connection を変更すると、これら 2 つの結果を簡単に比較できます。

セル参照を使用してユーザー入力を変更する   

みましょう全体を変更するレポートとは、ユーザーの入力に基づいています。ワークシートでセル参照にキューブ式に引数を変更し、異なる結果を得るにそれらのセルに別の値を入力します。

不均一な行または列のレイアウト (非対称レポート) を作成する   

実際の売上、売上予測と呼ばれる 2009年列と呼ばれる 2008年列を含むレポートを作成する必要がありますが、その他の列できないようにしたいとします。ピボット テーブル レポート、対称レポートを必要とするとは異なりには、これらの列を含むレポートを作成することができます。

独自のキューブ関数や MDX 式を作成する   

特定の 3 人の営業担当者による、特定の製品の 6 月の売上を示すレポートを作成する必要があるとします。MDX 式や OLAP クエリがわかる場合は、自分でキューブ関数を入力できます。これらの数式はかなり複雑になる可能性がありますが、数式オートコンプリートを使用すると、これらの数式を簡単に作成でき、数式の精度を高めることができます。詳細については、「数式オートコンプリートを使用する」を参照してください。

ページの先頭へ

セルからキューブ関数を使用する数式に変換する

注: この手順を使用して変換できるのは、オンライン分析処理 (OLAP) ピボットテーブル レポートのみです。

  1. 今後使用するためのピボット テーブル レポートを保存するには、 Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像名前を付けて保存] コマンドを使用して、ピボット テーブルに変換する前に、ブックのコピーを作成することをお勧めします。詳細については、ファイルを保存するを参照してください。

  2. 次の操作を変換後のセルの再配置を最小化することができるように、ピボット テーブル レポートを準備します。

    • 必要なレイアウトにできるだけ近いレイアウトに変更します。

    • レポートのフィルタ、並べ替え、デザイン変更などの対話的操作を行って、必要な結果を得ます。

  3. ピボットテーブル レポートをクリックします。

  4. [オプション] タブの [ツール] で [OLAP ツール] をクリックし、次に [数式への変換] をクリックします。

    レポート フィルタがない場合は、変換操作が完了します。1 つまたは複数のレポート フィルタがある場合は、[数式への変換] ダイアログ ボックスが表示されます。

  5. ピボットテーブル レポートの変換方法を決定します。

    ピボットテーブル レポート全体を変換する   

    • [レポート フィルタを変換する] チェック ボックスをオンにします。

      これにより、すべてのセルがワークシートの数式に変換され、ピボットテーブル レポート全体が削除されます。

      ピボットテーブルの行ラベル、列ラベル、値領域のみ変換するが、レポート フィルタは保持する   

    • [レポート フィルタを変換する] チェック ボックスがオフになっていることを確認します (既定ではオフになっています)。

      これにより、行ラベル、列ラベル、値領域のセルがすべてワークシートの数式に変換されます。オリジナルのピボットテーブル レポートは保持されますが、レポート フィルタを使用して引き続きフィルタ処理ができるように、レポート フィルタのみが付いた状態になります。

      注: ピボットテーブルの形式がバージョン 2000-2003 以前の場合は、ピボットテーブル レポート全体の変換のみ可能です。

  6. [変換] をクリックします。

    変換操作では、確実に最新のデータが使用されるように、ピボットテーブル レポートが更新されます。

    変換操作の実行中は、ステータス バーにメッセージが表示されます。操作に時間がかかり、変換を別の機会にやり直したい場合は、Esc キーを押して操作をキャンセルします。

    注記: 

    • 非表示のレベルにフィルタが適用されているセルは変換できません。

    • [データ フィールドの設定] ダイアログ ボックスの [計算の種類] タブで作成されたユーザー設定の計算方法がフィールドに含まれている場合は、そのセルを変換できません ([オプション] タブの [アクティブなフィールド] で [アクティブなフィールド] をクリックし、次に [データ フィールドの設定] をクリックします)。

    • 変換されるセル、セルの書式設定は保持されますが、これらのスタイルがのみのピボット テーブルに適用できるピボット テーブル スタイルは削除されます。

ページの先頭へ

GETPIVOTDATA 関数を使用してセルを変換する

OLAP 以外のデータ ソースを扱うときに、新しいピボットテーブル形式であるバージョン 2007 にすぐにアップグレードしない場合、または複雑なキューブ関数の使用を避ける必要がある場合には、数式に GETPIVOTDATA 関数を使用して、ピボットテーブル レポートのセルをワークシートの数式に変換します。

  1. [オプション] タブの [ピボットテーブル] で [GetPivotData の生成] がオンになっていることを確認します。

    注: GETPIVOTDATA の生成] コマンドを設定またはExcel のオプション] ダイアログ ボックスで数式を使用する] セクションの数式] カテゴリの [ピボット テーブルの参照を使用する GETPIVOTTABLE 関数] オプションをクリアします。

  2. ピボットテーブル レポートで、各数式に使用するセルが表示されていることを確認します。

  3. ピボットテーブル レポートの外側のワークシート セルで、レポートからのデータを含める場所まで必要な数式を入力します。

  4. ピボット テーブル レポート内の数式に使用するピボット テーブル レポートのセルをクリックします。GETPIVOTDATA ワークシート関数は、ピボット テーブル レポートからデータを取得する数式に追加されます。この関数では、レポートのレイアウトを変更した場合、またはデータを更新する場合は、正しいデータを取得します。

  5. 数式の入力が終了したら、Enter キーを押します。

注: GETPIVOTDATA 関数で参照されるセルのいずれかをレポートから削除すると、#REF! が返されます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×