ピボットテーブルで値を合計する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ピボットテーブルの値を集計 (合計) するには、SUM、COUNT、AVERAGE などの集計関数を使います。

既定では、ピボットテーブルに配置した数値フィールドに SUM 関数が使われますが、別の集計関数を選ぶこともできます。

  1. ピボットテーブルで、変更する値フィールドを右クリックして、[値の集計方法] をクリックします。

ピボットテーブルの数値フィールドでは既定で SUM が使われる

  1. 目的の集計方法をクリックします。

注: 集計方法は、オンライン分析処理 (OLAP) のソース データに基づくピボットテーブルでは使えません。

集計方法

この概要 f を使用します。 unction :

計算するには :

Sum

値の合計。 数値を含む値フィールドに対して既定で使われます。 フィールド リストの [値] 領域に配置したフィールドに空白または数値以外 (テキスト、日付、ブールなど) の値が含まれている場合、PivotTable ではこのフィールドに対して Count 関数が使われます。

[値] 領域にフィールドを配置した後でも、集計関数を Sum に変更できます。変更すると、空白または数値以外の値がピボットテーブル内で 0 に変更されて、合計対象になります。

Count

空でない値の数。Count 関数は、 COUNTA 関数と同じ動作します。数値に数値以外の値または空白値フィールドの数が既定で使用します。

AVERAGE

数値の平均値。

MAX

最大の値。

MIN

最小の値。

PRODUCT

数値の積。

StDev

母集団の推定標準偏差 (母集団のサブセットを標本とする)。

StDevp

母集団の標準偏差 (集計されるデータ全体が母集団であるとする)。

Var

母集団の推定分散 (母集団のサブセットを標本とする)。

Varp

母集団の分散 (集計されるデータ全体が母集団であるとする)。

重複しない値の数

一意の値の数。集計関数場合にのみ有効Excel でデータ モデルを使用

ピボットテーブルの詳細

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×