ピボットテーブルでのリレーションシップの操作

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ピボット テーブルは、OLAP キューブ、テーブル間の豊富な接続があるその他の複雑なデータ ソースを使用して作成されたが従来。ただし、Excel では、自由に複数のテーブルをインポートして、テーブル間の接続が作成されます。この柔軟性が、強力なにも簡単なとは無関係、予想外の結果にデータを収集します。

たとえば、次のようなピボットテーブルを作成したとします。地域ごとに購入明細を作成するために、購入金額のフィールドを [] 領域に、販売地域のフィールドを [列ラベル] 領域に設定しました。しかし、正しい結果が得られませんでした。

ピボットテーブルの例

解決するにはどうすればよいでしょうか。

同じブックに存在したフィールドをピボットテーブルに追加したが、各列を含むテーブルどうしが関連付けられていなかったことが問題です。たとえば、それぞれの販売地域をリストするテーブルと、すべての地域の購入をリストするテーブルを使うことがあります。正しい結果を得られるピボットテーブルを作成するには、2 つのテーブル間のリレーションシップを作成する必要があります。

リレーションシップを作成した後は、購入テーブルのデータと地域のリストが正しく組み合わされ、次のような結果を得られます。

ピボットテーブルの例

Excel 2013 には、このようなリレーションシップの問題を自動的に検出して修正するために Microsoft Research (MSR) が開発した技術が導入されています。

ページの先頭へ

自動検出を使う

自動検出では、ピボットテーブルが含まれているブックに追加された新しいフィールドをチェックします。新しいフィールドがピボットテーブルの列見出しや行見出しと関連付けられていないと、リレーションシップが必要であることを知らせるメッセージが、ピボットテーブルの上部にある通知領域に表示されます。Excel でも、新しいデータが分析され、リレーションシップが必要かどうかが確認されます。

メッセージを無視してピボットテーブルの操作を継続することもできますが、[作成] をクリックすると、アルゴリズムが機能してデータが分析されます。新しいデータの値とサイズ、ピボットテーブルの複雑さの度合い、既に作成したリレーションシップに応じて、この処理に数分かかることがあります。

この処理には 2 つの段階があります。

  • リレーションシップの検出。分析が完了すると、推奨されたリレーションシップのリストを確認できます。取り消さないと、Excel で自動的に次の手順に進み、リレーションシップの作成に入ります。

  • リレーションシップの作成。リレーションシップが適用された後で確認のダイアログ ボックスが表示され、[詳細] をクリックすると、作成されたリレーションシップのリストを表示できます。

検出処理は取り消せますが、作成処理は取り消せません。

MSR アルゴリズムでは、テーブルをモデルに接続するための最良のリレーションシップ セットを探します。このアルゴリズムでは、列の名前、列のデータ型、列内の値、ピボットテーブル内の列を考慮に入れて、新しいデータに適用できるすべてのリレーションシップが検出されます。

次に、Excel 内部のヒューリスティックが最高のスコアと判断したリレーションシップが選ばれます。詳細については、「リレーションシップの概要 」と「リレーションシップのトラブルシューティング」について説明している Web サイトをご覧ください。

自動検出で正しい結果が得られなかった場合は、リレーションシップを編集または削除するか、新しいリレーションシップを手動で作成できます。詳細については、「2 つのテーブル間でリレーションシップを作成する」または「ダイアグラム ビューのリレーションシップの作成」をご覧ください。

ページの先頭へ

ピボットテーブル内の空の行 (不明なメンバー)

ピボットテーブルでは関連するデータ テーブルを結びつけるため、キー値や一致する値によって関連付けられないデータがいずれかのテーブルに含まれている場合は、そのデータを何らかの方法で処理する必要があります。多次元データベースの場合は、一致しない値がある行をすべて不明なメンバーに割り当てることによって、不一致データを処理します。ピボットテーブルでは、不明なメンバーが空の見出しで示されます。

たとえば、店舗別に売上げをグループ化するピボットテーブルを作成したが、売上げのテーブル内の一部のレコードに店舗名がない場合は、有効な店舗名のないレコードがすべて一緒にグループ化されます。

空の行が生成されてしまった場合は、2 つの処理方法があります。まず、複数のテーブル間に一連のリレーションシップを作成するなどして、有効なテーブル リレーションシップを定義することができます。また、空の行が生成される原因となったフィールドをピボットテーブルから削除することもできます。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×