ビルド 16299.0 からアップグレードした後、Windows 10 用のメールにおいて電子メールの同期またはアカウントの作成を行うことができません

最終更新日: 2017 年 10 月 19 日

問題

ビルド 16299.0 から 16299.15 にアップグレードした後、Windows 10 用メールでは次のような問題が発生する場合があります。

  • メール アカウントが新しいメールの同期を停止します。

  • メールの設定を表示することができません。

  • 新しいメール アカウントを作成することができません。

この問題は、メール機能の主なコンポーネントの 1 つである関数オンデマンド (FOD) パッケージが削除されている可能性があるために発生します。

状態: 回避策

この問題を回避するには、以下の手順を実行して、コマンド プロンプトにより不足している FOD パッケージを手動で再インストールする必要があります。

  1. 始めに、「コマンド プロンプト」と入力します。最適な一致は "コマンド プロンプト - デスクトップ アプリ" です。この結果を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

  2. [はい] を選択すると、アプリがデバイスに変更を加えることが許可されます。

  3. コマンド プロンプトに、以下のコマンドを入力します。

    dism /online /Add-Capability /CapabilityName:OneCoreUAP.OneSync~~~~0.0.1.0

  4. Enter キーを押します。再インストールが開始されます。進捗状況が表示されない場合は、もう一度 Enter キーを押すことができます。

  5. 再インストールが完了したら、デバイスを再起動するように求められます。再起動を求めるメッセージが表示されない場合は、デバイスを自分で再起動します。

  6. 再起動したら、メール アプリで自分のアカウントが正しく同期していることを確認します。アカウントが正しく同期していないようでしたら、次のことを試してください。

    • メール アプリで、[設定]、[アカウントの管理] の順に移動し、設定を編集するアカウントを選択します。[アカウント設定] ダイアログ ボックスが使用できる場合、コンポーネントは正常にインストールされています。

    • アカウントがまだ同期されていない場合は、もう一度メール アプリでアカウントを削除してから追加し直してください。これを行うには、次の手順を実行します。[設定]、[アカウントの管理] の順にクリックして、アカウントを選択します。[このデバイスからアカウントを削除する] をクリックして、[削除] をクリックします。アカウントが削除されたら、[アカウントの追加] を選択してアカウントを追加し直します。

注: ビルド 16299.15 からより新しいビルドへの今後のアップグレードで、再インストールした FOD が削除されないようにします。

サポートを受ける
お問い合わせ
Office のスキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×