ビューを作成または変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ビューを使用すると、リストまたはライブラリで重要なアイテムや用途に合ったアイテムを容易に確認できます。たとえば、最近作成されたファイルのビュー、特定の部署に該当するリスト アイテムのビュー、特定のユーザーによって作成されたファイルのビューなどを作成できます。作成したビューは、リストまたはライブラリからいつでも利用できるようになります。

この記事の内容

概要

ビューの種類

ビューを作成します。

モバイル ビューを使用します。

列を追加します。

列の設定を変更します。

列を削除します。

別のビューを選択またはビューを変更します。

概要

各リストまたはライブラリには、その種類および適用されている設定に基づき、少なくとも 1 つのビューが存在します。一部のリストやライブラリについては、他にも組み込みのビューが存在し、カスタム ビューを作成することができます。たとえば、To Do リストには、期限が本日中となっているタスクのビュー、自分に割り当てられたタスクのビュー、すべてのタスクのビューなど、複数のビューが存在します。

[ビュー] メニューに一覧表示されたビュー

作成できるビューには、個人用ビューとパブリック ビューがあります。個人用ビューとは、特定のユーザーがリストまたはライブラリを表示したときにだけ現れるビューです。パブリック ビューは、リストまたはライブラリを表示したすべてのユーザーが利用できます。パブリック ビューを作成するには、リストまたはライブラリのデザインを変更するための権限が必要です。パブリック ビューは、リストまたはライブラリの既定のビューとして使用できます。

さらに、サイトのデザイン時には、別のビューへのリンクを設定したり、Web パーツで複数のビューを組み合わせたページを作成することもできます。

列を追加することにより、リストまたはライブラリをより多目的に使用することができます。複数のビューを作成し、それぞれの用途に合わせて、列を表示したり、非表示にしたりすることができます。たとえば、自分の部署にだけ該当するファイルを表示したり、ファイルをプロジェクト番号で並べ替えて表示したりすることもできます。

1 つのグループで複数のプロジェクトが同時に進行していたり、複数のグループが同じプロジェクトに参加しているなど、リストやライブラリの規模が大きくなったり、複雑になったりした場合は、ビューを使用することで、各自の状況に最も合ったデータを表示することができます。

各ビューでは、一度に表示されるアイテム数を選択することができます。たとえば、各ユーザーの好みや接続速度に応じて、1 ページあたりに表示されるリスト アイテム数を 25 件に設定したり、100 件に設定したりすることもできます。

ビューをうまく利用することで、モバイル デバイスにおけるリストやライブラリの表示を制御することもできます。デバイスによっては、列ごとに表示可能な文字数が制限される場合があります。

ビューは、リストやライブラリをより効果的に使用するための、さまざまな機能を備えています。次に、ビューの応用例をいくつか紹介します。

  • 部署名や氏名など、一連の条件に基づいてデータをフィルタ選択する。

  • 特定の順序で並べ替える (最終更新日が最も新しいファイルを表示するなど)。

  • 適宜、列の表示と非表示を切り替えることにより、必要な情報を重点的に確認できるようにする。

  • リスト データの情報をグループ化する (部署別など)。

  • 列の小計を表示する (契約文書の数など)。

  • 開始日と終了日が割り当てられたリストの予定表ビューを表示する。

  • データ分析に対応したデータベース プログラムでリストを表示する。

  • 同じレベルにあるすべてのアイテムを、フォルダを使わずにフラット ビューで表示する。

ページの先頭へ

ビューの種類

Windows SharePoint Services 3.0 でカスタム ビューを作成するには、まず、作成するビューの種類、つまり、リスト アイテムをどのように表示するかを明らかにしておく必要があります。たとえば、リスト アイテムを新聞記事のように単に列挙するだけでよい場合もあれば、情報をより視覚的に表示しなければならない場合もあるでしょう (日付を月別の予定表で表示するなど)。また、既存のビューを再利用できるのであれば、それを基にすることで、新しいビューを効率よく作成できます。

  • 標準      リスト アイテムまたはファイルが、Web ページにおける一般的な一覧形式で表示されます。標準ビューは、ほとんどの種類のリストおよびライブラリで既定のビューとして使用され、さまざまな方法でカスタマイズできます。

  • 予定表     予定表アイテムが、卓上カレンダーや壁掛けのカレンダーのように視覚的に表示されます。この形式には、日単位、週単位、または月単位のビューを適用できます。たとえば、チームのプロジェクト期限や組織の休日を追跡するための予定表を作成できます。

    予定表で選択された週ビュー

    1. 予定表は複数のビューを切り替えて使用できます。

    2. 予定表では、終日のイベントが、該当する日付の一番上に表示されます。その他のイベントは、日付と時刻に基づいて表示されます。

  • データシート     データベースのテーブルやスプレッドシートの表など、編集可能な形式でデータが表示されます。このビューは、大規模な編集作業やカスタマイズ作業を行ったり、データをスプレッドシート プログラムやデータベース プログラムにエクスポートしたりする必要がある場合に使用します。データシート ビューを使用するには、Windows SharePoint Services と互換性のあるコントロールまたはプログラム (Office Access 2007 など)、および、ActiveX コントロールのサポートが必要です。

  • ガント     期間に基づくデータが、進捗状況を追跡するための棒グラフを使って視覚的に表示されます。ガント ビューは、プロジェクトを管理したり、データの概要をざっと確認したりするときに使用します。たとえば、このビューを使用すると、互いに期間が重なっているタスクを確認したり、全体的な進捗状況を視覚的に表示したりできます。

    ガント ビューのリストの一部

注: 他の種類のビューをリストまたはライブラリで使用できる場合もあります。

ページの先頭へ

ビューを作成する

リストまたはライブラリを表示しているときに、列名をポイントし、その列名の横に表示される矢印をクリックすることにより、ファイルを一時的に並べ替えたり、フィルタを適用したりできます。一時的に特定の方法でファイルを表示したい場合には有効な手段ですが、次回、そのリストやライブラリを表示するときにも同じ手順を繰り返す必要があります。

リストまたはライブラリ内のアイテムの並べ替え

頻繁に特定の情報を表示する場合は、ビューを作成することができます。このビューをリストまたはライブラリを使用するいつでも使用できます。ビューを作成するときに、リストまたはライブラリのビュー ] メニューの [ [表示] メニュー に追加されます。[表示] メニューを変更して、ビューを作成するためのコマンドのほか、既定のビュー、個人用ビュー、パブリック ビュー、コンテンツの承認 (承認/却下]) などに関連するビューなどのセクション内のビューがグループ化します。

始める前に

ビューを作成するには、前に柔軟性の並べ替え、グループ化、およびフィルター処理を有効にする列を追加することがあります。列の作成の詳細については、この記事の列を追加するを参照してください。

モバイル デバイス用のビューを作成する場合は、グループのモバイル デバイスの制限事項を検討してください。制限事項については、この記事の後半でモバイル ビューを使用するを参照してください。

ビューを作成する

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでライブラリの名前をクリックします。

    リスト名またはライブラリ名が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてから、目的のリスト名またはライブラリ名をクリックします。

  2. [表示] メニューの [ [表示] メニュー ビューの作成] をクリックします。

  3. [ビュー形式の選択] で、作成するビューの種類をクリックします。ライブラリの場合は [標準ビュー] を選択するのが一般的ですが、必要に応じて他のビューを選択することもできます。

  4. ビュー名] ボックスで、姓を Sorted などのビューの名前を入力します。

  5. 既定の表示にする場合は、この既定のビューを作成する] チェック ボックスを選択します。

    できますこの既定のビューとパブリック ビューである場合にのみ、リストのデザインを変更する権限がある場合。

  6. [対象ユーザー] の [対象ユーザーの表示] で、他のユーザーには表示できない個人用ビューを作成するか、だれでも使用できるビューを作成するかを選択します。

  7. [] セクションで、列に対応するチェック ボックスを選択することにより、列の表示と非表示を設定できます。列名の横に、ビューに列を表示するときの順番を示す数値を入力します。

  8. [並べ替え] セクションで、情報を並べ替えるかどうか、および、どのように並べ替えるかを選択します。作成者ごとのファイル名で並べ替えるなど、並べ替えには、2 つの列を使用できます。

  9. [フィルタ] セクションで、ファイルにフィルタを適用するかどうか、および、フィルタの適用方法を選択します。ビューにフィルタを適用すると、特定の部署によって作成されたアイテムや、承認済みのアイテムなど、特定のアイテムだけが選択されて表示されます。

  10. [グループ化] で、同じ値がセクションに含まれている項目をグループ化できます。たとえば、特定の作成者によるドキュメントの拡張可能セクションをグループ化できます。

  11. [集計] で、1 つの列に含まれる項目の数 (請求書の総数など) をカウントできます。場合によっては、情報を要約したり平均値などの他の情報を抽出したりすることもできます。

  12. [スタイル] セクションで、ビューに必要なスタイルを選択します (1 行おきに網掛けが適用される網掛けリストなど)。

  13. リストやライブラリにフォルダが存在する場合は、フォルダを含まないビュー (フラット ビュー) を作成できます。同じレベルにあるすべてのリスト アイテムを表示するには、[フォルダなしですべてのアイテムを表示する] をクリックします。

  14. リストやライブラリの規模が大きい場合は、そのリストまたはライブラリで表示可能なファイル数、あるいは、同じページで表示可能なファイル数を制限できます。[アイテムの制限] セクションで、目的のオプションを選択します。

  15. リストまたはライブラリをモバイル デバイスで表示する計画がある場合は、[モバイル] セクションで必要なオプションを選択します。

  16. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

モバイル ビューを使用する

Windows SharePoint Services 3.0 では、携帯情報端末 (PDA) や携帯電話などのモバイル デバイスで、リストやライブラリを表示したり、場合によっては更新したりできます。

モバイル デバイスでは、画面の幅やパフォーマンス上の問題から、表示可能な幅やサイズが制限されます。こうした制限に基づいて、使用しているモバイル デバイスに合った専用のビューを作成することができます。

モバイル ビューでは、ディスカッション掲示板など、一部の種類のリストは利用できません。また、[通貨]、[はい/いいえ]、[ユーザーまたはグループ] など、一部の種類の列も利用できません。モバイル ビューでは、制限に達したために表示できなくなったコンテンツが省略記号 (...) で示されます。

グループに所属するユーザーが、何種類かのモバイル デバイスを使ってリストまたはライブラリを閲覧する予定がある場合、リストの制限を十分に考慮してモバイル ビューをデザインする必要があります。

モバイル デバイスでリストやライブラリを表示できるようにビューをデザインするためには、次のような制限を考慮する必要があります。

アイテム

制限

リストまたはライブラリの Web タイトルの文字数

[エンタープライズ フラグ 20

リスト名またはライブラリ名の文字数

[エンタープライズ フラグ 20

モバイル ビューの数

10

ビューに表示可能なアイテム数

$100

リスト アイテム タイトルの文字数

[エンタープライズ フラグ 20

列名の文字数

[エンタープライズ フラグ 20

1 行テキスト フィールド タイプ

256

複数行テキスト フィールド タイプ

256

選択肢フィールド タイプの各選択肢

10

選択肢フィールド タイプのオプション数

10

ルックアップ フィールドの各アイテムの文字数

[エンタープライズ フラグ 20

参照リストのオプション数

[エンタープライズ フラグ 20

ハイパーリンクまたは画像フィールドの文字数

[エンタープライズ フラグ 20

添付ファイル名の文字数

[エンタープライズ フラグ 20

表示可能な (リスト アイテムの) 添付ファイル数

76

集計フィールドの文字数

[エンタープライズ フラグ 20


ページの先頭へ

列を追加する

列は、グループ分類と追跡などの情報、部署名、プロジェクト番号を使用できます。作成すると、1 行のテキスト、オプションのドロップダウン リスト、その他の列、または名前やサイトで、連絡先の写真から計算される数値を含む列の種類のいくつかのオプションがあります。

注: 最初に列の追加先となるリスト ページまたはライブラリ ページを開いておく必要があります。まだリストまたはライブラリを開いていない場合は、Quick Launch で対応する名前をクリックしてください。リスト名またはライブラリ名が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてから、目的のリスト名またはライブラリ名をクリックします。

  1. [設定] メニューの [ 設定メニュー 列の作成] をクリックします。

  2. [名前と種類] セクションで、[列名] ボックスに任意の名前を入力します。

  3. [この列の情報の種類] で、列に表示する情報のタイプを選択します。

  4. [列の追加設定] セクションで、[説明] ボックスに説明を入力して、列の目的と列に保存するデータの種類をユーザーが理解できるようにします。 この説明は省略できます。

  5. 選択した列のタイプに応じて、その他のオプションが [列の追加設定] セクションに表示される場合があります。目的の追加設定を選択します。

  6. サイト上のユーザーは、リストまたはライブラリを初めて開いたときに自動的に表示、既定のビューに列を追加するには、[既定のビューに追加] をクリックします。

  7. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

列の設定を変更する

列名など、列の各種設定は必要に応じて変更できます。列の種類やリストの種類によっては、他にもさまざまな変更を適用できます。たとえば、列に格納されるデータの種類を変更したり、列データの文字数を制限したりできます。設定を変更する場合は、適用しようとする新しい設定が、既存のデータにかなっているかどうかを確認する必要があります。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでライブラリの名前をクリックします。

    リスト名またはライブラリ名が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてから、目的のリスト名またはライブラリ名をクリックします。

    1. 次のいずれかを実行します。

      • [設定] メニューの [ 設定メニュー には、リストの設定] または [設定] のオプションをクリックします。

      • ブログ サイトの [管理リンク] の [投稿の管理] をクリックして、投稿リストを表示します。[設定] メニューの [リストの設定] をクリックします。

  2. [] で、変更する列の名前をクリックします。

  3. 目的の設定を変更し、[OK] をクリックします。

注: 列のインデックスを作成すると、複数のフォルダにまたがるリストまたはライブラリのビューの切り替えが速くなります。この設定を表示するには、[インデックス作成済みの列] をクリックします。インデックスを作成する列を選択し、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

列を削除する

重要: この手順では、列と列に含まれるデータが削除されます。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでライブラリの名前をクリックします。

    リスト名またはライブラリ名が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてから、目的のリスト名またはライブラリ名をクリックします。

    1. 次のいずれかを実行します。

      • [設定] メニューの [ 設定メニュー には、リストの設定] または [設定] のオプションをクリックします。

      • ブログ サイトの [管理リンク] の [投稿の管理] をクリックして、投稿リストを表示します。[設定] メニューの [リストの設定] をクリックします。

  2. [] で、削除する列の名前をクリックします。

  3. [削除] をクリックします。

    [削除] を表示するには、ページの最後までスクロールすることが必要な場合があります。

  4. 警告が表示されたら、本当に列を削除してよければ [OK] をクリックします。

注: リストおよびライブラリには、[タイトル] 列や [名前] 列など、削除することのできない必須の列が存在します。削除できない列の場合、[削除] ボタンは無効になります。削除できない列でも、非表示にすることはできます。列の非表示の詳細については、[参照] セクションのリンクを参照してください。

ページの先頭へ

別のビューを選択する/ビューを変更する

利用できるビューは、リストまたはライブラリの設定に依存するほか、他のユーザーによって作成されたビューが存在するかどうかによっても異なります。多くのリストやライブラリには、既定のビューが複数存在します。たとえば、To Do リストには、自分だけに割り当てられたタスクを表示するためのビューや、今日が期限のすべてのタスクを表示するためのビューが用意されています。

  1. リストまたはライブラリが開いていない場合は、サイド リンク バーでライブラリの名前をクリックします。

    リスト名またはライブラリ名が表示されない場合は、[すべてのサイト コンテンツの表示] をクリックしてから、目的のリスト名またはライブラリ名をクリックします。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • ビュー ] メニューの [ [表示] メニュー ] で、別のビューを選択するには、表示するビューをクリックします。

    • ビューに変更を加えるには、[ビュー] メニューをクリックして、[このビューの変更] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×