ビューの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

フォーム テンプレートのさまざまなビューをデザインするには、さまざまな方法でデータを閲覧ユーザーを提供できます。たとえば、印刷用に最適化された特別なビューを作成することがあります。 または複雑なフォーム テンプレートの詳細情報の一部を消すために概要ビューを作成することがあります。

この記事の内容

デザインの考慮事項

[ビュー] 作業ウィンドウ

ユーザー エクスペリエンス

ビューの使用シナリオ

フォーム テンプレートに複数のビューを作成する理由はいくつかあります。たとえば、複数のビューがあると、次の操作を行うことができます。

  • 長くて複雑なフォーム テンプレートを複数のビューに分割して簡単で使いやすくします。    たとえば、長いアンケート フォーム テンプレートがあった場合、ユーザーが論理的な順序でアンケートに回答できるよう、質問を複数のビューに分割できます。このシナリオでは、アンケートの各セクションを別々のビューに入れ、ユーザーが各ビュー間を移動できるように、フォーム テンプレートに [戻る] と [次へ] ボタンを作成できます。

  • フォーム テンプレートに読み取り専用ビューを表示します。    たとえば、ユーザーがフォームのデータを Web サービスに送信した後、データを変更できないようにする場合、読み取り専用ビューをデザインできます。ユーザーがフォームの [送信] ボタンをクリックしたとき、読み書き可能なビューから読み取り専用ビューに切り替えることができます。

  • ユーザーの組織内の役割に基づき、ユーザーごとにフォーム テンプレートの異なるバージョンを表示します。    たとえば、保険金請求の処理に使用されるフォーム テンプレートでは、保険契約者用のビュー、保険会社用のビュー、および保険調査官用の 3 つのビューを作成します。これらのビューはそれぞれ、情報を入力するユーザーの種類に応じてカスタマイズします。

  • フォームのビューを印刷しやすいを作成します。   ユーザーがそのフォームを印刷する可能性がある場合は、フォームを印刷するときにのみに使用する特別なビューをデザインできます。このビューは印刷表示wと呼ばれます。フォーム テンプレートでは、各ビューの印刷専用のビューを作成できます。または、すべてのビューでフォーム テンプレートに適用される 1 つの印刷レイアウト表示を指定することができます。たとえば、フォーム テンプレートに 3 つのビューが含まれている場合から各ビューの重要な情報を 1 つの印刷ページに統合する印刷ビューを作成することがあります。

  • フォーム入力環境ごとに異なるビューを作成します。    たとえば、1 つのブラウザー互換フォーム テンプレートで、1 番目のビューを InfoPath でフォームに入力するユーザー用に作成し、2 番目のビューを Web ブラウザでフォームに入力するユーザー用に作成できます。InfoPath ユーザー用にデザインしたビューには、Web ブラウザでサポートされていない機能とコントロールが含まれる場合があります。

ビューの数にかかわらず、フォーム テンプレートにある同じデータ ソースを共有します。この時点を示すためには、フォーム テンプレートの 2 つのビューであるとします。既定のビューでの電子メール アドレス] ボックスを使っている場合は、2 番目のビューにコピーできます。ユーザーは、その他のビューでの電子メール アドレスが自動的に表示される、1 つのビューで、電子メール アドレスを入力します。バインドに関する問題の原因となるビューの間でコントロールをコピーすることができます。たとえば、最初のビューでは、電子メール アドレス] ボックスをコピーして、2 番目のビューに貼り付けることは、場合はコピーして貼り付ける同じビュー内のテキスト ボックスが表示されたコントロールが重複するデータを格納バインド メッセージが表示されません。

ページの先頭へ

デザインの考慮点

新しいビューをデザインする場合、通常は次の作業を行います。

  1. ビューの設計    どれくらいの数のビューが必要ですか。読み取り専用にするビューはありますか。フォームが最初に開いたとき、どのビューを表示しますか。ユーザーはフォーム テンプレートに基づいてフォームを印刷する可能性が高いですか。その場合、ページ印刷に最適なフォームの印刷専用ビューをデザインしますか。ブラウザ互換フォーム テンプレートをデザインする場合、InfoPath 専用機能を使用できるビューが必要ですか。

  2. ビューにコントロールを配置する    フォーム テンプレートに新しいビューを追加すると、最初は空になります。必要に応じて、既存のビューから新しい空のビューにコントロールをコピーできます。または、[コントロール] または [データ ソース] 作業ウィンドウを使用してビューにコントロールを挿入できます。

  3. ビューの外観のカスタマイズ    特定のビューに背景色や画像を追加したい場合があります。ユーザーがビューを印刷する可能性が高い場合、プリンタ、用紙、または余白の設定のカスタマイズやヘッダー、フッターの追加を検討してください。

  4. ビューの動作のカスタマイズ    ユーザーはどのようにフォーム テンプレートのビューを切り替えますか。ビューを切り替える既定のメニュー コマンドで十分でしょうか。または、ユーザーがフォームに直接表示されるボタンまたはその他のコントロールを使用してビューを切り替えられるようにしますか。コントロールを使用する場合、[動作規則] ダイアログ ボックスでビュー切り替えの動作規則を作成する必要があります。印刷レイアウト表示の場合、一度にすべてのビューを印刷できるようにしますか、または使用中のビューのみ印刷するようにしますか。この動作は、[複数のビューの印刷] ダイアログ ボックスでカスタマイズできます。

ページの先頭へ

[ビュー] 作業ウィンドウ

ビューの追加か削除、またはビューの切り替えを行うには、[ビュー] 作業ウィンドウを使用します。

[表示] 作業ウィンドウの一部

作業ウィンドウから [ビューのプロパティ] をクリックして、[ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスを開き、選択したビューの設定と動作をカスタマイズできます。

また、[ビュー] 作業ウィンドウを使用して、印刷レイアウト表示を作成し、既存のビューに関連付けることもできます。印刷レイアウト表示を作成した後、フォーム テンプレートの印刷時のレイアウトに合わせてデザインします。通常、最初のビューのコントロールを印刷レイアウト表示にコピーし、貼り付けます。また、[ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスを使用して、ヘッダー、フッター、ページの余白など、印刷レイアウト表示のカスタム印刷オプションを指定することもできます。

ページの先頭へ

ユーザー側の操作

既定では、[表示] メニューのコマンドをクリックしてビューを切り替えることができます。メニュー コマンドの名前は、ビューのデザイン時に付けたビュー名に一致します。使用中のビューには、メニュー項目の横にチェック マークが付きます。

表示を切り替えるための [表示] メニューのコマンド

複数のビューが使用できることをさらに明確にするため、メニュー コマンド以外に、フォーム テンプレートでビューを切り替えるボタンを追加できます。 フォーム テンプレートにボタンを挿入した後、ユーザーがクリックしたときにビューが切り替わるように、ボタンと動作規則を関連付けます。たとえば、保険金請求書フォーム テンプレートで、クリックしたときに請求データの概要表示を開く [概要の表示] ボタンを作成できます。サマリー ビューでユーザーが [詳細の表示] をクリックすると、詳細ビューに戻ります。

ユーザーからの表示を切り替える既定のメニュー コマンドを非表示にすることがある場合があります。これは、ビューに記入する以外にアクセスできるユーザーをたくない場合に便利です。たとえば、求職者に関するフィードバックの収集に使用するフォーム テンプレートに関連付けられている 3 つの別個のユーザー ロールがある: 面接、および雇用責任者の採用担当者のいずれかです。各ユーザーの役割のフォーム テンプレートの異なるビューをデザインできます。防止に役立つ面接採用または採用をデザインする際に、マネージャーのビューを採用と雇用マネージャーのビューに切り替えは、ビューのプロパティ] ダイアログ ボックスを開くし、フォームに入力するときは、[表示] メニューの [表示] チェック ボックスをオフにします。

ヒント: ユーザーが複数のビューから選択できるようにする場合、それらの選択肢をフォームのドロップダウン リスト ボックスのエントリとして表示できます。そうすると、ユーザーは一覧で必要なビューをクリックできます。

動作規則を使用してビューを切り替える

多くの場合、ビューは動作規則に従って動作するようデザインされます。動作規則を使用すると、フォームに入力するユーザーによって開始されたイベントまたはアクションに応じて、フォーム テンプレートの特定の作業を自動化できます。 たとえば、フォーム テンプレートにボタンを挿入し、ボタンのクリック時にビューを切り替える動作規則を作成できます。さらに、フォームが開かれるときにビューを切り替える動作規則を使用することもできます。これは、ユーザー ロールの割り当てに基づいてユーザーのカテゴリごとに異なるビューを表示する場合に役立ちます。

[動作規則] ダイアログ ボックスを使用して、ボタンなど、InfoPath のほとんどのコントロールに動作規則を関連付けることができます。次の例で、フォームの作成者は [動作規則] ダイアログ ボックスでサマリー ビューに切り替える動作規則を作成しています。この動作規則は、ユーザーがフォームでボタンをクリックするたびに実行されます。

[動作規則] ダイアログ ボックスの一部

ヒント: ユーザーがボタンをクリックしたときにビューを切り替える動作規則は、ユーザーが複数のビュー間を順に移動できるようにする場合にも役立ちます。この場合、各ビューに 2 つのボタンを追加し、[< 戻る] と [次へ >] のようなラベルを使用します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×