スキップしてメイン コンテンツへ
よりアクセシビリティの高い Word 文書を作成する

アクセシビリティ対応の表を作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

表は、情報を視覚的に整理し、項目間の関係を示すのに役立ちます。 スクリーンリーダーを使用しているユーザーが読み上げられるように表を設定する方法について説明します。

表にタイトル行を追加するには

  1. [ insert > table ] を選んで表を挿入します。

  2. 列を作成するために必要なボックスの数を選び、表の行を作成するボックスの数を選びます。

    注: 文書に表を追加すると、リボンに [デザインレイアウト] という2つの新しいタブが表示されます。 表ツールについてご紹介します。

  3. [デザイン] タブの [テーブルスタイルのオプション] グループを選択し、[見出し行] を選択します。 その他のオプションには、縞模様 (行) や集計行があります。

表にタイトル行が追加されました。 内部では、Word やサポート技術が、表に関してインテリジェントな通信を行っています。

列見出しを追加する

  1. 新しい表の一番上の行の最初のセルにカーソルを置きます。

  2. この列の名前を入力し、tab キーを押して、1つの列から次の列に移動します。 必要に応じて、列の名前を追加します。

これでテーブルの列名が表示されるようになり、テーブルに含まれる情報がわかりやすくなりました。 一部のスクリーンリーダーは、列名をいつでも読み取るように設定できます。これは、大きなテーブルを操作するときに役立ちます。

さらに情報が必要ですか?

Office 365 のアクセシビリティ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×