スキップしてメイン コンテンツへ
Planner を使用する

Planner のタスクを Microsoft To-Do で表示する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

演習

Planner と Microsoft To-Do を使用すると、自分に割り当てられたタスクが他の To-Do タスクと一緒に表示されます。 割り当てられた Planner のタスクを表示するには、この機能を有効にする必要があります。

  1. To-Do を開きます。

    デスクトップ アプリを使用することも、 To-Do を Web 上で使用することもできます。

  2. [自分の割り当て] 通知で、[リストの表示] を選択します。

    [自分の割り当て] というリストが表示されます。 これで、割り当てられたすべての Planner のタスクを To-Do で表示できるようになりました。

  3. タスクを更新するには、タスクを選択し、次の操作を行います。

    • タスク名を編集する。

    • [+ ステップの追加] を選択してチェックリストのアイテムを追加します。

    • 期限を選択して日付を変更します。

    • [メモの追加] を選択してメモを入力します。

  4. 他の操作を行うには、[Planner で開く] を選択して、タスクをそのタスクのプランの中で開きます。

    To-Do で行った変更が表示され、チェックリストのアイテムを完了させたり、[進行状況] を変更したり、コメントを追加したりなど、他の変更も行えます。

Planner と To-Do を使いこなすと、デスクトップ、モバイル デバイス、または Outlook からいつでも割り当て済みのタスクにアクセスできます。

さらに詳しく

Microsoft To-Do の Planner のタスクを表示する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×