Office 365 とは

iPhone と iPad で Office 365 を最大限に活用する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合、[クローズド キャプション] [クローズド キャプション] ボタン を選択してみてください。

iPhone や iPad で Office 365 を使用すると、職場、外出先、自宅からファイルの作業をすることができ、生産性が向上します。

  • App Store にアクセスして、必要な Office モバイル アプリをダウンロードします。

  • 初めてアプリを開く際は、Office 365 のサインインに使用するアカウントでサインインします。

  • Dropbox や Box などの別の場所に保存されているファイルにアクセスするには、[場所の追加] を選択し、追加する場所を選択します。

  • Word、Excel、PowerPoint の場合は、カーソルを置く場所をタップし、編集を行います。

  • 他のオプションについては、[リボンを表示] ボタン [リボンを表示] ボタン をタップします。

  • [ホーム] ボタンをタップすると、使い慣れた Office のタブが表示されます: [ホーム]、[挿入]、[レイアウト]、[校閲]、[表示]。

  • PowerPoint では、[ノート] をタップして、ノートを表示、追加、または編集します。

  • Excel では、[数式キーボード] ボタン [数式キーボード] ボタン をタップすると、数値や数式をすばやく入力できる数式キーボードが表示されます。

  • 自分の作業を他のユーザーが表示または編集できるように招待するには、[共有] ボタン iPhone の Excel の [共有] ボタン をタップします。

    小さい画面を使用していて [共有] ボタンが見えない場合は、[その他] ボタン Excel の [その他] ボタン をタップして共有オプションを表示します。

さらに詳しく

自分と自分のドキュメント

Office for iPhone 関連のビデオ

Office for iPad 関連のビデオ

Excel のトレーニング

Outlook のトレーニング

Office 365 を使用すると、外出先で iPhone や iPad を使用して作業できます。

コンピューターで作業を開始し、スマートフォンで編集を行い、後でタブレットでしあげることができます。

App Store にアクセスして、必要な Office モバイル アプリをダウンロードします。

初めてアプリを開くときは、Office 365 で使用するアカウントでサインインします。

これで、すべてのデバイスで作業できるようになります。

OneDrive に保存したファイルを表示したり、編集したりできます。

あるいは、[場所の追加] をタップして、別の場所を追加することもできます。

Word 文書を開いた後、タップして編集します。

他のオプションを表示するには、[リボンを表示] をタップします。

次に、[ホーム] をタップすると、おなじみの Office のタブが表示されます。

PowerPoint では、プレゼンテーションのノートはタップするだけで編集できます。

Excel では、数式をすばやく編集できます。

ここをタップすると、数式キーボードに切り替わります。

Office モバイル アプリでは作業中に自動保存されます。

作業がすべて完了したら、作業した内容を他のユーザーが表示して編集できるように、[共有] ボタンをタップして他のユーザーを招待します。

Office 365 を iPhone や iPad で使用すると、どこにいても思いどおりに作業できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×