よりアクセシビリティの高い Excel ブックを作成する

Excel でよりアクセシビリティの高い表を作成する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

障碍のある方を含む、すべてのユーザーがデータにアクセスしたり理解したりできるように、慎重にテーブルに名前を付け、書式設定を行います。

データをテーブルに変換する

  1. テーブルの一部になるデータを入力します。

  2. データ内の任意のセルを選んで、[挿入]、[テーブル] の順に選びます。

  3. 強調表示されているセルまたは範囲の参照が正しいことを確認します。

    作成された表のセル範囲参照を示す [テーブルの作成] ダイアログ ボックスのスクリーンショット。
  4. [先頭行をテーブルの見出しとして使用する] チェック ボックスがオンになっていることを確認して、[OK] を選びます。

わかりやすいテーブル名を追加する

  1. テーブルの任意の場所を選びます。

  2. [デザイン] > [テーブル名] で、汎用の名前をわかりやすい名前に置き換えます。

アクセシビリティの高いデザインを適用する

  1. テーブル内の任意の場所を選んで、[デザイン] に移動します。

  2. 必要なデザイン機能を選びます ([見出し行]、[縞模様 (行)]、[最初の列] など)。

  3. すべての利用可能なテーブル スタイルを表示するには、[その他] を選びます。

    表のスタイルの最初の 6 つと、すべての表のスタイルを表示する [その他] のボタンのスクリーンショット。
  4. [中間] スタイルからカラー コントラストの高いスタイルを選びます。

フォントのサイズを拡大する

  1. テーブル全体を選びます。

  2. [ホーム]、[フォント サイズ] の順に移動して、フォント サイズに 12 ポイント以上を選びます。

行間のスペースを増やす

  1. テーブル全体を選びます。

  2. [ホーム]、[書式]、[行の高さ] の順に選びます。

  3. 行の高さを増やし (30、40 など)、[OK] を選びます。

内容に合わせて列幅を調整する

  1. 1. テーブル全体を選びます。

  2. 2. [ホーム]、[書式]、[列の幅の自動調整] の順に選びます。
    選択した列の幅は、各列で最も長い文字列に合わせて調整されます。

文字列を左揃えにする

  1. 配置するセル、行、または列を選びます。

  2. [ホーム]、[左揃え] 左揃えのアイコン の順に選びます。

さらに詳しく

無料の既成テンプレートをダウンロードする

ファイルを保存する

Excel のトレーニング

Word のトレーニング

PowerPoint トレーニング

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×