ビデオ: Word for Android タブレットの使用を開始する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Word for Android タブレットは、お馴染みの Word によく似ています。 このビデオでは、使いはじめる方法について説明しています。

このビデオの重要なポイント

  • カーソルをテキスト内の目的の位置にぴったり合わせるには、テキスト内をタップした後、
    このマーク カーソル をタップして目的の位置までドラッグします。

  • キーボードを非表示にする必要がある場合は、タブレットの戻るボタン ( Nexus の [戻る] ボタン または Android の [戻る] ボタン ) をタップします。

  • スクロール中にキーボードが表示されないようにロックする場合は、右下隅にあるこのボタン キーボードのロック ボタン をタップします。

  • コピーして貼り付けを行うには、対象をタップした後、編集メニュー ボタン [編集] メニュー ボタン をタップします。

ビデオのトランスクリプト

[導入の音楽]

Word for Android タブレットの基本的な操作をいくつか見てみましょう。

最初に、移動と選択の方法について説明します。

目的の位置にカーソルをぴったり合わせるには、テキスト内をタップして、

カーソルをタップしたまま目的の位置までドラッグします。

ダブルタップすると、単語を選択できます。 複数の単語を選びたい場合は、選択ハンドルをタップしてドラッグします。

トリプルタップすると、段落全体を選択することができます。

入力を終えたら、タブレットの [戻る] ボタンをタップしてキーボードを非表示にします。

このデバイスの [戻る] ボタンはこれですが… このようなボタンもあり、タブレットによってボタンの表示が異なります。

文書をスクロールするときに、キーボードをポップアップさせないようにするには、ここでロックできます。

キーボードは非表示のままで、文書をスクロールしてもポップアップされません。

書式設定を行いたい場合、ほとんどのボタンは [ホーム] タブにあります。

たとえば、行間はここで指定できます。

ただし、[切り取り]、[コピー]、[貼り付け] はここにはありません。 これらのボタンを表示するには、対象を選択して、 この 3 つの点のマークをタップします。

その他のタブも見てみましょう。

[挿入] タブでは、ページ番号の挿入などが行えます。

[レイアウト] タブでは、余白の変更ができます。

[校閲] タブでは、コメントを追加したり、変更履歴を記録したりできます。

さまざまな表示への切り替えは、[表示] タブで行うことができます。

Office for Android タブレットの詳細については、aka.ms/OfficeAndroidTabletVideos を参照してください。

詳細情報

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×