Word について

Word 2016 で文書を書式設定する

Word では、テキストを選択して書式を設定したり、箇条書きや番号付きリストを作成したり、テキストの配置を調整したり、段落や文書全体の行間を変更したりできます。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

箇条書きアイコン

箇条書きまたは段落番号をテキストに追加するには: 箇条書きまたは段落番号を追加するテキストを選択し、[ホーム] タブの [段落] グループで、[箇条書き] または [段落番号] をタップまたは選択します。

[段落の配置] アイコン

テキストを左揃え、中央揃え、または右揃えにするには: 配置するテキストを選ぶか、Ctrl キーを押しながら A キーを押して文書内のすべてのテキストを選びます。次に、[ホーム] タブの [段落] グループで、[左揃え]、[右揃え]、[中央揃え]、または [両端揃え] をタップまたは選択します。

[行間] アイコン

文書の一部の行間を変更するには: 変更する段落を選び、[ホーム] タブで、[行と段落の間隔] を選択します。

[段落の間隔] アイコン

文書全体の行間を変更するには: [デザイン]、[段落の間隔] の順に選択して、[狭い]、[やや狭い]、[やや広い]、[広い]、[2 行分] などの組み込みの行間オプションのいずれかを選択します。

さらに詳しく

段落番号を使った箇条書きを作成する

Word でインデントと行間隔を調整する

操作を元に戻す、取り消した操作をもう一度行う、操作を繰り返す

Office 2016 クイック スタート

文書の書式を設定し、視覚的効果を追加したり、読みやすくしたりできます。

最初に、文書を開くか、テキストを入力し、書式を設定するものを用意します。

次に、テキストを選択します。選択にカーソルを合わせると、ミニ ツール バーが表示されます。

太字にしたり、強調表示したり、フォント サイズを変更したり、スタイルを表示したりできます。

リボンには書式設定オプションが他にもあります。

取り消し線を追加したり、下付き文字または上付き文字としてテキストを書式設定したりできます。ここでは、段落の書式設定を調整できます。

段落グループにも、箇条書き段落番号など、便利なオプションがあります。

ここにあるコマンドで段落の配置を調整します。効果を確認してみましょう。段落を 3 回クリックして選択します。

段落が左に揃えられました。中央揃えにするので、よく見てください。次は右揃えです。この最後のボタンでは、両端に揃うようにテキストが調整されます。

次に、別の書式設定オプションを見てみましょう。行間を調整するには、ここをクリックします。

既定の行間は 1.15 です。ただし、シングル スペース、ダブル スペース、さらにはトリプル スペースも選択できます。

文書全体の間隔を変更するには、[デザイン] タブの [段落の間隔] をクリックします。

最後になりますが、重要なことを 1 つ付け加えておきます。ボタンが並んでいる、このクイック アクセス ツール バーと呼ばれているところには、[元に戻す] ボタンがあります。

文書で操作を間違えた場合、[元に戻す] をクリックすると、元の状態に戻ります。

[やり直し] ボタンもあります。

詳細については、support.office.com をご覧ください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×