Get started with Skype for Business

Set presence options

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Skype for Business を使って、自分の同僚が連絡可能であるかを確認したり、自分の状態を変更したりすることができます。

  • 名前の近くにある矢印をクリックして、自分の在籍状態または場所を手動で設定します。

  • 最も一般的な在籍状態のインジケーターは次の 3 つです。

    • 連絡可能 SfBPresence_Available

    • 取り込み中 SfBPresence_Busy

    • 退席中 SfBPresence_Away

  • その他の一般的な在籍情報のインジケーターは次のとおりです。

    • 応答不可 SfBPresence_DoNotDisturb

    • オフライン SfBPresence_Offline

  • ユーザーが [外出中 SfBPresence_OutOfOffice_small_dot ] の場合は、その連絡先の名前の隣に紫のドットが表示されます。

    • この状態でも、その連絡先に IM を送信することは可能で、連絡先のユーザーはメッセージを不在着信した会話として電子メールで受信します。ユーザーがオンライン状態になると、Skype for Business で再び連絡可能になります。

さらに詳しく

Skype for Business でプレゼンス状態を変更する

プレゼンス情報へのアクセスを制御する

独自の方法で通信する

Excel のトレーニング

Outlook のトレーニング

Skype for Business では、自分の同僚が連絡可能であるかを確認したり、自分の状態を変更したりすることができます。

3 つの最も一般的なインジケーターは 緑、赤、黄色で、それぞれ[連絡可能]、[取り込み中]、[退席中]を意味します。

Skype for Business はこれらのインジケーターを、アクティビティと Outlook のカレンダーに基づいて変更します。

Bonnie が連絡可能なので、インスタント メッセージを送信できます。 写真の上にマウス カーソルを合わせると、これらのボタンが表示されます。 最初の 1 つをクリックして、IM を開始します。

ユーザーの名前の隣に詳細情報が表示されることがよくあります。 Kari が電話会議に参加していて、Rob は終日外出のようです。

2 つの他のインジケーターは、[応答不可] と [オフライン] です。

Skype for Business は、自分が発表しているときの在籍情報を自動的に [応答不可] に設定します。これにより、プレゼンテーションが IM や電話によって中断されることがなくなります。

Skype for Business をサインアウトすると、[オフライン] として表示されます。

下向きの矢印をクリックして在籍情報を手動で設定できます。 この機能は、取り込み中のときに、自分を退席中または応答不可として表示する場合に役立ちます。

ここをクリックして追加するか、他のユーザーに自分の場所を示します。

または、タイトル バーの下をクリックして、個人的な考えや自分の状態の詳細情報を入力します。

ユーザーが [外出中] であることを示す、紫のドットが連絡先の名前の隣に表示されます。

この状態でもそのユーザーに IM を送信できますし、ユーザーはメッセージを [不在着信した会話] として電子メールで受信します。

また、ユーザーがオンライン状態になり、再び連絡可能になることが分かります。

Skype for Business の在籍状態インジケーターによって、自分が連絡可能になると全員が知ることができます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×