スキップしてメイン コンテンツへ
よりアクセシビリティの高い PowerPoint プレゼンテーションを作成する

PowerPoint の画像アクセシビリティを強化する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

これらの手法を使って、グラフ、グラフ、および画像PowerPointスライドでアクセスできるように、視覚障碍のある閲覧とユーザー。

演習

画像のアクセシビリティを向上させるためのヒント

  • 色だけではなく、テキスト、パターン、図形を使用してアイデアを伝えます。

  • 画像、グラフ、その他のビジュアル オブジェクトにわかりやすい代替テキストを追加します。

  • 引き出し線付きの写真など、複数層の画像を 1 つのオブジェクトにグループ化します。

  • スライドが色覚障碍のあるユーザーにどのように表示されるのかを確認するには、[表示]、[グレースケール] の順に選択します。

グラフ、画像、またはその他のビジュアルに代替テキストを追加します。

  1. グラフ、画像、またはその他の視覚的なオブジェクトを右クリックし、[代替テキストの編集] を選びます。

  2. 代替テキスト] ウィンドウで、オブジェクトの説明を入力します。

  3. スライドの下にあるプレゼンテーションのノートには、スライドとその視覚的な内容についての情報を追加します。

    注: [メモ] フィールドを表示するには、ビュー _gtノートを選択します。

複数層の画像をグループ化する

スクリーン リーダーが画像のレイヤーの意味を行えるようにするには、1 つの単一の画像をグループ化します。

  1. グループ化する画像を選択するには、[キーを押して shift キーを押しし、各イメージ] をクリックします。

  2. _Gtグループ_gt の書式設定] グループを選択します。

  3. グループ化された画像に代替テキストを追加します。

さらに詳しく

効果的な代替テキストを記述を認識する必要があるすべてのアイテム

PowerPoint プレゼンテーションに障碍のあるユーザーにアクセスできるように

テンプレートを使用して新しい Office ファイルを作成する

ファイルを保存する

Excel のトレーニング

Word のトレーニング

PowerPoint トレーニング

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×