テキストを追加して書式を設定する

Wordで作成したアウトラインを挿入する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の PowerPoint のトレーニングを探す

既に Word でプレゼンテーションのアウトラインをメモしており、それをスライドに追加する簡単な方法を探している場合は、PowerPoint に Word のアウトラインをインポートできます。

Word でアウトラインを作成する

  1. Word を開きます。

  2. [表示]、[アウトライン] の順に選択します。自動的にアウトラインが生成され、アウトライン ツールが開きます。

    • 文書に見出し (H1 から H9 までの見出しレベル) がある場合は、それらの見出しがレベル別に表示されます。

    • 文書に見出しやサブ見出しがまだ追加されていない場合は、アウトラインは箇条書きとして表示されます。そのアウトラインでは、各段落または本文テキストが別々の箇条書き項目になります。次のように見出しや見出しレベルを割り当てまたは編集し、文書の構造を設定します。

      • 箇条書き項目を選択します。

      • [アウトライン レベル] ボックスで、見出しレベルを必要に応じて選択します。

      • 選択し終わった場合、または文書を編集する場合には、[アウトライン表示を閉じる] を選択します。

Word でアウトラインを保存する

  • 文書を保存するには、[上書き保存] を選択し、ファイルの名前を指定して、[保存] を選択します。[閉じる] を選択して文書を閉じます。

    注: PowerPoint プレゼンテーションに挿入するには、Word 文書を閉じる必要があります。

Word のアウトラインを PowerPoint にインポートする

  1. PowerPoint を開き、[ホーム]、[新しいスライド] の順に選択します。

  2. [アウトラインからスライド] を選択します。

  3. [アウトラインの挿入] ダイアログ ボックスで、Word のアウトラインを探して選択し、[挿入] を選択します。

    注: Word 文書に見出し 1 または見出し 2 スタイルが含まれない場合、PowerPoint は内容の段落ごとにスライドを作成します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

アウトライン表示を使用して見出しの管理やテキストの配置を行う

アウトライン表示で文書のアウトラインを作成する

Word 文書をインポートする

ではまず Word を立ち上げます。

プレゼンテーション資料を作るとき、 いきなりスライドを作成するよりも 最初に構成を作ると 分かりやすくて簡潔な プレゼンテーション資料が作れます。

Word に資料の構成や アイデアを書き込みます。

それをもとに 資料のアウトラインを作っていきます。

このように、Word に構成や アイデアを書き込んでいきます。

これをアウトラインの表示にして、 アウトラインを作っていきます。

表示」のタブの中から「アウトライン」、 これをクリックします。

そうすると、このような表示になりました。

ここで今、本文、 このアウトラインのアウトラインツールが 本文になっているんですけど ここをプルダウンすると、 このように レベル分けすることができます。

まずはスライドタイトルを選択して、 レベル1にします。

では、これをスライドタイトルと コンテンツにレベル分けしていきます。

まず、スライドタイトルにしたいものは この「レベル1」を選択します。

コンテンツの内容に入れたいものは 「レベル2」を選択します。

これでアウトラインができました。

この小さい丸、 これは1スライド分になります。

なので、今この白い丸の部分に 空白のスライドが入ってしまいます。

空白のスライドを入れておきたいときは このままでいいんですけど、 空白のスライドをいらないときは この白い丸を Backspace キーで 削除していきます。

1つだけこの丸を残しておきます。

これでアウトラインの設定ができました。

では、このアウトライン表示を閉じます。

この状態で名前を付けて保存をします。

そして Word を閉じます。

次に PowerPoint を立ち上げます。

新規で PowerPoint を開きます。

この「オーガニック」という デザインテンプレートを新規で開きます。

この「ホーム」のタブの「新しいスライド」、 これをプルダウンしてください。

下のほうに「アウトラインからスライド」 という項目があります。

これを選択します。

そして先程 Word で作った アウトラインを選択し、挿入します。

そうすると、このように 先程 Word で作ったアウトラインが PowerPoint に反映されました。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×