文書を作成する

PDFファイルをWord文書に変換する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Word のトレーニングを探す

PDF ファイルを変更する場合、最初から作り直す必要はありません。代わりに、Word で PDF を開いて、他の文書と同じように編集します。

注: PDF から Word への変換は、文書のほとんどがテキストで構成されている場合に適しています。

PDF を Word 文書に変換する

  1. [ファイル]、[開く] の順に選択します。

  2. 変換する PDF ファイルを選択して、[開く] を選択します。

  3. [OK] を選択します。

  4. Word でファイルを編集します。

    注: 変換された文書は、元の文書と完全に一致しない可能性があります。たとえば、行とページがさまざまな場所に分割される場合があります。

Word 文書を PDF に変換する

  1. Word で、[ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選択します。

  2. ファイルを保存する場所を選択します。

  3. 必要に応じて、新しいファイル名を入力します。

  4. [ファイルの種類] で [PDF] を選択します。

  5. [最適化の対象] で、[標準] または [最小サイズ] のオプションを選択します。

  6. PDF として保存した後にファイルを開く場合は、[発行後にファイルを開く] をオンにします。

    既定では、オンになっています。

  7. [保存] を選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

PDF に保存または変換する

Word で PDF が異なって見えるのはなぜですか。

Word で作成した文書を PDF ファイルとして 保存する操作から見ていきましょう。

使用するファイルは Interior Guide のファイルです。

PDF ファイルとして保存する場合にも 通常の保存と同じように 「名前を付けて保存」の ダイアログボックスを使用します。

ファイル」タブをクリックし 「名前を付けて保存」をクリックします。

この PC」が選択されていることを確認し 「参照」ボタンをクリックし 「名前を付けて保存」の ダイアログボックスを表示します。

ナビゲーションウィンドウで 保存する先を指定しましょう。

続いて、「ファイルの種類」に注目します。

Word 文書」となっています。

下向き三角をクリックし ここで「PDF」をクリックしましょう。

こうすることで、Word 文書を PDF に変換して保存することができます。

PDF ファイルに変換する際に 「最適化」は「標準」と「最小サイズ」を 選択することができます。

また、「発行後にファイルを開く」の チェックボックスにチェックを付けておくと PDF ファイルとして保存した後 自動的に PDF ファイルを開いて 確認することができます。

では、下にあります「保存」 ボタンをクリックします。

すると、Word 文書が PDF ファイルに 変換されて保存されます。

また、PDF ファイル閲覧ソフトを使って 作成した PDF ファイルを開いて 確認することができます。

画面をスクロールして確認していきましょう。

確認できたら、PDF の閲覧ソフトは 閉じるボタンをクリックして閉じておきます。

続いて、PDF ファイルを開く 操作を見ていきましょう。

現在開いている Interior Guide のファイルは 「ファイル」タブをクリックし 閉じておきます。

Word を使って PDF ファイルを開いて 編集することが可能です。

今回はサンプルのファイルが 用意されていますので そちらを開いて確認してみましょう。

ファイル」タブをクリックし 「開く」をクリックします。

「参照」をクリックし 「ファイルを開く」の ダイアログボックスを表示します。

開きたいファイルは「01」の フォルダーに保存されていますので 「01」フォルダーを選択し Sample.pdf をクリックで選択したら 下にあります「開く」ボタンをクリックします。

PDF ファイルを開こうとすると 「PDF から編集可能な Word 文書に 変換します」といった メッセージが表示されます。

OK ボタンをクリックし PDF ファイルを Word を使って 開くことができました。

開いたファイルは Word を使って編集できます。

が、全てが Word 文書と同じように 編集できるという訳ではありません。

例えば、グラフィックスが 作成されているファイルは グラフィックス付近の文字列が テキストボックスの中に配置されていますので 通常の Word 文書とは 扱いが少し異なります。

が、文字列が連続して 入力されているような所は クリックでカーソルを出して 通常の Word 文書と同じように キーボードを使って文字を削除したり 文字を追加することも可能です。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×