自分と自分のドキュメント

OneDrive にブックを保存する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

スプレッドシートなどのファイルに別のデバイスからアクセスする必要がある場合、最初にそのファイルをOneDrive for Business などのクラウドの場所に保存します。ビデオを見て、Windows を実行しているコンピューターでこれを実行する方法を確認し、下にスクロールして、さまざまなデバイスでこのタスクを実行する方法を参照してください。

次の手順では、Windows を実行しているコンピューターでこのタスクを実行する方法について説明します。その他のデバイスの手順については、「使用しているデバイス固有の操作手順」を参照してください。

コンピューターで Excel を使用してスプレッドシートを OneDrive for Business に保存する
  1. デバイスで開いているスプレッドシートから開始します。サンプルのスプレッドシートを使用する場合は、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=723571 からダウンロードして、Excel で開きます。

  2. Excel 2016 で、[ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選びます。

  3. 場所の一覧で、OneDrive for Business ライブラリを選びます。

    OneDrive for Business ライブラリが表示されない場合は、[場所の追加]、[Office 365 SharePoint] の順に選んで、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  4. ファイルの名前を入力して、[保存] を選びます。

使用しているデバイス固有の操作手順

Windows PC またはタブレットで Excel を使用してスプレッドシートを OneDrive for Business に保存する
  1. デバイスで開いているスプレッドシートから開始します。サンプルのスプレッドシートを使用する場合は、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=723571 からダウンロードして、Excel で開きます。

  2. Excel 2016 で、[ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選びます。

  3. OneDrive for Business ライブラリを選びます。

    OneDrive for Business ライブラリが表示されない場合は、[場所の追加]、[Office 365 SharePoint] の順に選んで、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  4. ファイルの名前を入力して、[保存] を選びます。

Mac コンピューターで Excel を使用してスプレッドシートを OneDrive for Business に保存する
  1. デバイスで開いているスプレッドシートから開始します。サンプルのプレゼンテーションを使用する場合は、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=723571 からダウンロードします。次に、コンピューターでファイルを開きます。

  2. Excel 2016 for Mac で、[ファイル]、[保存] の順に選びます。

  3. [オンラインの場所]、[OneDrive for Business] の順に選びます。

    OneDrive for Business が表示されない場合は、プラス ([+]) をクリックしてサービスを追加します。[サインイン] をクリックし、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  4. ブックの名前を入力して、自分の OneDrive for Business ライブラリ内の場所を選択します。

  5. [保存] をクリックします。

ヒント: OneDrive for Business アプリについてヘルプが必要な場合は、「Mac OS X の OneDrive for Business 次世代同期クライアントの概要」を参照してください。

重要: 作業を開始する前に、Android フォンまたはタブレットに Excel がインストールされていることを確認してください。

Android フォンまたはタブレットで Excel を使用してスプレッドシートを OneDrive for Business に保存する
  1. デバイスで開いているスプレッドシートから開始します。サンプルのプレゼンテーションを使用する場合は、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=723571 からダウンロードします。携帯電話またはタブレットの Excel でファイルを開きます。

  2. Excel で、[ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選びます。

  3. [OneDrive for Business] を選択します。

    OneDrive for Business が表示されない場合は、[場所の追加]、[OneDrive - ビジネス用] の順に選択し、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  4. ブックの名前を入力して、[保存] を選びます。

重要: 作業を開始する前に、iPad または iPhone に Excel がインストールされていることを確認してください。

iOS デバイスで Excel を使用してスプレッドシートを OneDrive for Business に保存する
  1. デバイスで開いているスプレッドシートから開始します。サンプルのファイルを使用する場合は、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=723571 からダウンロードして、携帯電話またはタブレットの Excel で開きます。

  2. Excel で、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  3. スプレッドシートを読み取り専用モードで開いている場合は、[複製] を選択した後、自分の OneDrive for Business ライブラリを選択します。

  4. スプレッドシートの名前を入力して、[複製] を選択します。

Windows Phone で Excel を使用してスプレッドシートを OneDrive for Business に保存する
  1. デバイスで開いているスプレッドシートから開始します。サンプルのスプレッドシートを使用する場合は、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=723571 からダウンロードして、Windows Phone 10 用 Excel で開きます。

  2. Windows Phone 10 用 Excel で、省略記号 ([...])、[名前を付けて保存] の順にタップします。

  3. [ファイル名] ボックスにスプレッドシートの名前を入力します。

  4. [保存先] ボックスで、自分の OneDrive for Business ライブラリを選択し、[保存] を選択します。

デバイスで Web ブラウザーを使用してスプレッドシートを OneDrive for Business に保存する
  1. デバイスに保存されているスプレッドシートから開始します。サンプルのスプレッドシートを使用する場合は、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=723571 からダウンロードして保存します。

  2. デバイスの Web ブラウザーを使用して、http://portal.office.com にアクセスして、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  3. ホーム画面で、またはOffice 365 アプリ起動ツールを使用して、[OneDrive] を選択します。

  4. デバイスに応じて、[アップロード] を選択するか、または [新規作成]、[ファイルのアップロード] の順に選択します。

  5. スプレッドシートを選びます。デバイスによっては、[開く] を選択してファイルをアップロードすることが必要な場合があります。

さらに詳しく

OneDrive for Business とは

OneDrive for Business では、Office ドキュメントをクラウドに保存し、後でさまざまなデバイスで操作することができます。

iPad やスマート フォンでこの Excel ブックを編集したいので、OneDrive for Business に保存します。

[ファイル] タブで [名前を付けて保存] をクリックすると、使用できる場所の一覧が表示されます。

これは私の OneDrive for Business ライブラリなので、これを使用します。[保存] をクリックします。

後で自分のファイルを見つけるには、OneDrive for Business にアクセスするだけです。

ファイルはクラウドに保存されているので、後で自分のコンピューター、タブレット、スマートフォンを使用して、ファイルにアクセスできます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×