ビデオ: Office for iPhone にログインする

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

このビデオを見て、Office for iPhone のサインインと使用の方法を学習します。

このビデオの重要なポイント

Office for iPhone へのサインインには、ほぼすべての種類の Microsoft アカウントや Office 365 アカウントを使用できるため、サインインは簡単です。サインインに関するいくつかのヒントを次に示します。

  • 学校のアカウントでサインインしてみてください。一部の学校は、学生用に Office 365 サブスクリプションを購入しています。そのサブスクリプションを使用してサインインできる場合があります。

  • 職場のアカウントを使用してみてください。会社が従業員用に Office 365 サブスクリプションを購入している場合があります。

  • 個人で Office 365 Solo を購入している場合は、それらのアカウントでもサインインできます。サブスクリプションに関連付けられているメール アドレスとパスワードでサインインするだけで、そのまま作業ができます。

  • サインインに使用できる Microsoft アカウントを既に作成している場合もあります。また、Hotmail、OneDrive、Outlook.com、Skype、Windows 8、Windows Phone、Xbox Live のアカウントはすべてサインインに使用できます。

  • サインインには複数のアカウントを使うことができます。初回サインインの後に、[アカウント]、[サービスの追加] の順にタップするだけです。

ビデオのトランスクリプト

[導入の音楽]

Office for iPhone を使用すれば、外出先でも Excel ファイル、PowerPoint のスライド、Word 文書を操作できます。

ただし、最初にログインが必要です。ログインの方法を次に示します。

ここでは Excel を使用しますが、PowerPoint と Word についても方法は同じです。

最初に注意する点は、サインインに Apple ID を使用しないことです。

Apple ID ではなく、Office 365 へのアクセスに使用している職場や学校のアカウントでサインインします。

または、Microsoft アカウントでもサインインできます。これらのいずれかを持っている場合は、

  • Hotmail

  • OneDrive

  • Outlook.com

  • Skype

  • Windows 8

  • Windows Phone

  • Xbox Live

...どれかは持っていますよね?

もしどのアカウントも持っていない場合は、([アカウントの作成] をタップして) 無償で作成できます。

私は Outlook.com のアカウントを持っているので、このまま [サインイン] をタップします。

メール アドレスを入力して、パスワードを入力します。

これで、ファイルの作成と編集を行うことができます。

Office for iPhone の詳細については、http://aka.ms/OfficeiPhoneVideos を参照してください。

詳細情報

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×