ビデオ: Office for iPhone で Dropbox のファイルを開く

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

このビデオを見て、Office for iPhone で DropBox のファイルを開く方法を学習します。

このビデオの重要なポイント

  • [開く][場所の追加] の順にタップして、Dropbox で使用しているメール アドレスとパスワードでサインインします。 Microsoft アカウントや AppleID とは異なる場合があるので、注意してください。

  • パスワードを忘れてしまった場合は、Dropbox.com にアクセスして、[パスワードを忘れた場合] のリンクでパスワードを取得できるかどうかを確認します。

  • サインインすると、OneDrive のファイルを開くことができます。 [開く][場所の追加] の順にタップして、Microsoft アカウントでサインインします。

  • サインインすると、OneDrive for Business のファイルや SharePoint のファイルを開くことができます。 [開く][場所の追加] の順にタップして、仕事用アカウントでサインインします。

ビデオのトランスクリプト

[イントロの音楽]

Office for iPhone で、Dropbox のファイルを開いて編集できます。 その方法をご紹介しましょう。

ここでは Word を使用しますが、Excel と PowerPoint でもやり方は同じです。

まず、[開く] をタップします。 次に、[場所の追加] をタップします。

[Dropbox] をタップして、ログインします。

Dropbox で使っているメール アドレスとパスワードを入力します。

これで、 ファイルを開くことができるようになりました。 Dropbox アカウントをタップすると、ファイルとフォルダーが表示されます。

ファイルをタップすると、Word でファイルが iPhone にダウンロードされて開きます。

文字の入力を始めることできます。もっと詳細な編集を行うには、このアイコン ([リボンを表示] ボタン) をタップします。

Office for iPhone では、既定で [自動保存] 機能が有効なので、 インターネットに接続していれば、変更した内容が Dropbox に自動的に保存されます。

Office for iPhone の詳細については、http://aka.ms/OfficeiPhoneVideos を参照してください。

詳細情報

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×