Office のファイルを作成する

Office ファイルの回復機能

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合、[クローズド キャプション] [クローズド キャプション] ボタン を選択してみてください。

ファイルを回復する

停電が起きて、アプリを終了しないままコンピューターを再起動した場合やアプリが強制終了した場合、ファイルの回復を支援する [ドキュメントの回復] が自動的に開きます。

  1. ファイルを選び、[開く]、[名前を付けて保存]、または [削除] のオプションを選びます。

    [ドキュメントの回復] ウィンドウ

    一覧に複数のファイルがある場合は、日時を確認します。最新の変更内容を回復するには、最新バージョンを開きます。複数のバージョンを比較して必要なバージョンを確認するには、複数のバージョンを開きます。

  2. 必要なファイルがない場合は、[削除] を選びます。

  3. 完了したら、[閉じる] を選びます。

    回復したファイルを確認せずに閉じようとすると、対象のファイルを後で確認するか、削除するかを確認するメッセージが表示されます。

さらに詳しく

Office ファイルの回復機能

Excel のトレーニング

Word のトレーニング

PowerPoint トレーニング

停電が起きて、アプリを終了しないままコンピューターを再起動した場合やアプリが強制終了した場合、ファイルの回復を支援する [ドキュメントの回復] が自動的に開きます。

ファイルを選び、ファイルを [開く]、コピーを保存する、または [削除] します。

一覧に複数のファイルがある場合は、日時を確認します。

最新の変更内容を回復するには、最新バージョンを開きます。

複数のバージョンを比較して必要なバージョンを確認するには、複数のバージョンをクリックします。

必要なファイルがない場合は、[削除] を選ぶだけです。

完了したら、[閉じる] を選びます。

回復したファイルを確認せずに閉じようとすると、対象のファイルを後で確認するか、削除するかを確認するメッセージが表示されます。

目的のオプションを選んだら、完了です。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×