ビデオ: Excel for iPad でクラウドからファイルを開く

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Excel for iPad では、OneDrive for Business から (仕事用や学校用のファイルの場合)、OneDrive.com から (個人用のファイルの場合)、または Dropbox のアカウントから文書を開くことができます。

その他の Excel for iPad チュートリアル ビデオ:

  1. クラウドからファイルを開く: (いまご覧のページです) OneDrive for Business から (仕事用や学校用のファイルの場合)、OneDrive.com から (個人用のファイルの場合)、または Dropbox のアカウントからファイルを開きます。

  2. メールの添付ファイルを開く: Excel for iPad を使って、メールの添付ファイルを開いて、編集して、返送します。

  3. Excel for iPad で保存する: Excel for iPad では、小さな変更であっても、自動的にすべて保存されます。ほとんどの場合、ドキュメントを保存するための操作は必要ありません。自動保存機能について、このトレーニング ビデオをご覧ください。

  4. Excel for iPad で入力する: Excel for iPad での入力は、特に物理キーボードの使用に慣れている場合、最初は難しいかもしれません。このトレーニング ビデオで、Excel for iPad の入力方法のヒントを参照してください。テキスト、数値、数式の入力方法を説明しています。

  5. Excel for iPad でアイテムを選ぶ: Excel for iPad で、指をうまく使ってセル、範囲、列、行を選びます。このトレーニング ビデオをご覧になると、マウスからタッチスクリーンへの移行が楽になります。

  6. Excel for iPad で印刷する方法: [ファイル] ボタンをタップして、Excel for iPad で印刷します。詳細は、ビデオでご確認ください。現時点では、AirPrint 対応プリンターでのみ印刷できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×