Add tables

Combine fields using the Calculated data type

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

集計フィールドを使用して、名前と姓などの個別のフィールドのデータを連結したり、受注日に 5 日を追加するなどの日付を計算したりします。

集計フィールドは次のような場合に使用します。

  • データに存在しない値を計算します。

  • クエリの抽出条件を指定します。

たとえば、姓と名のデータを連結して、フル ネーム フィールドに次のように表示します。

[名] + " " + [姓]

プラス記号 (+) は、[名] フィールドの値、空白文字 (引用符で囲まれたスペース)、[姓] フィールドの値を結合しています。

あるいは、各アイテムの数量、価格、税率を計算して、注文の合計金額を次のように表示します。

([数量]*[単価])+([数量]*[単価]*[税率])

注: 集計には、他のテーブルやクエリのフィールドを含めることはできません。集計結果は読み取り専用です。ただし、他の集計フィールドの値として使用できます。

集計フィールドには、選択したデータ型に基づいた結果が表示されます。

データ型

結果

文字列

文字列として、参照フィールドに入力したとおりに集計データを表示します。

フル ネームを表示するには、名と姓のフィールドの間にスペースを挿入して値を連結します。並べ替えができるようにするには、本のタイトルの冒頭から "A" や "An" を削除します。

数値

数値として集計データが表示されます。他の計算でも使用できます。

最小在庫レベルを表示するには、四半期ごとの平均売り上げ高から四半期ごとの平均破損額を減算します。

通貨

選択した通貨形式で集計データを表示します。

指定した通貨で注文の合計額を表示するには、数量に単価を乗算します。

Yes/No

Yes または No で集計データを表示します。ブール値としてデータを格納します。

割引後の合計金額が無料送料が適用される最低金額を超える場合は Yes を表示し、超えない場合は No を表示するには、注文金額に割引率を乗算し、その数値を無料送料が適用される最低購入額と検証します。

日付/時刻

日付または時刻のスタンプとして集計データを表示します。

出荷予定日を表示するには、出荷予定時刻に注文日を加算します。

  1. ビューを操作する

    Access でテーブルを選択する
  2. [クリックして追加]、[集計フィールド] の順に選んで、データ型を選択します。

    集計フィールドのデータ型で新しいフィールドを追加する
  3. フィールドの計算を入力し、[OK] をクリックします。

    新しい集計フィールドで計算を作成する

    自分で式を入力するか、式の要素、フィールド、および値を選択して、式の編集フィールドに組み込みます。

    注: 集計フィールドで、式の先頭に等号 (=) を入力しないでください。

  4. フィールドの見出しに集計フィールド名を入力し、Enter キーを押します。

    Access テーブルのフィールドに名前を付ける

    注: 集計フィールドの出力を変更または編集するには、列を選択します。次に、[フィールド]、[式の変更] の順に選びます。

集計フィールドをテーブルに追加した後、データを追加または変更するごとに計算が行われます。

さらに詳しく

Create an expression (式を作成する)

Excel のトレーニング

Outlook のトレーニング

テーブルで集計のデータ型を使用すると、さまざまな方法でフィールドと定数の値を操作できます。簡単なデモを見てみましょう。

まず、空白のフィールドを選択し、それに集計データ型を適用します。この例では、テキストを選択しましょう。式ビルダーが起動します。

式は、テーブル フィールド、加算記号や等号などの数学演算子、SUM などの関数、顧客名などの定数値の任意の組み合わせです。

この中央のウィンドウで、を順に選択します。その間に 2 つの加算記号 (+) を追加します。加算記号 (+) の間に、2 つの二重引用符とスペースを追加します。この式は、このテーブルで姓と名を組み合わせたり、連結したりします。

詳細を説明します。

これはテーブル フィールドであり、加算記号 (+) は各フィールドの値を結合します。名前の間にスペースを入れない場合は、1 つの加算記号 (+) だけを使用します。ここでは名前の間にスペースを入れるため、二重引用符で囲んだスペースを 1 つ追加します。

式で引用符で囲んで入力した文字は、スペースであってもすべて表示されます。

2 つの加算記号 (+) を使用して名前とスペースを結合し、[OK] を選択し、そのフィールドを「顧客名」と名付けます。

動作を確認してみましょう。名と姓を入力します。集計フィールドに全体の名前が表示されます。この集計フィールドは、これら 2 つのテーブル間のリレーションシップを作成するときに便利です。

ここではテーブルの集計データ型と式ビルダーを使用して、テーブル フィールドおよび定数値を処理する方法を説明しました。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×