配列数式

配列数式

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

1 つまたは複数の結果を生成する計算を実行するには、配列数式を作成します。これは通常、CSE (Ctrl Shift Enter) 数式と呼ばれます。詳細については、このビデオをご覧ください。

配列数式を使用する理由

配列数式は、CSE (Ctrl+Shift+Enter) 数式と呼ばれることもあります。これは、Enter キーを押す代わりに、Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押して数式を完成させるためです。

Excel の数式を使用したことがあれば、数式を使ってかなり高度な演算を実行できることがおわかりでしょう。たとえば、ある期間内でのローンの合計コストを計算できます。配列数式を使用すると、次のような複雑なタスクを実行できます。

  • セル範囲に含まれる文字数をカウントできます。

  • 一定の条件を満たす数値 (範囲内の下位値、上限と下限の間に位置する数値など) のみの合計を計算できます。

  • ある範囲の値のうち、n 個ごとに出現する値の合計を計算する。

配列数式を入力する

  1. 結果を表示するセルを選びます。

  2. 数式を入力します。

  3. Ctrl キーと Shift キーを押しながら Enter キーを押します。Excel によって、選んだ各セルに結果が入力されます。

さらに詳しく

配列数式のガイドラインと例

配列数式を作成する

配列数式を変更するためのルール

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×