メールを送受信する

送信済みメールを取り消す、または置き換える

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Outlook のトレーニングを探す

お客様と受信者が全員、Microsoft Exchange および同じ組織内にいる場合は、送信したメール メッセージを取り消したり、置き換えたりすることができます。

  1. [ファイル]、[情報] の順に選択します。

  2. [アカウント情報] で、メールを送信したアカウントが選択されていることを確認します。

    • アカウントが Microsoft Exchange アカウントで、メール メッセージの受信者がすべて同じメール システム上にいる場合は、取り消し、または置換を使用することができます。

    • アカウントが MAPI または POP アカウントの場合、取り消すことはできません。

  3. [戻る] ボタンを選択します 戻る

  4. ナビゲーション ウィンドウで、[送信済みアイテム] フォルダーを選択します。

  5. 取り消す、または置き換えるメール メッセージをダブルクリックします。

  6. [メッセージ]、[操作]、[メッセージの取り消し] の順にクリックします。

    または、[ファイル]、[情報]、[再送信または取り消し]、[メッセージの取り消し] の順に選択します。

  7. [メッセージの取り消し] ボックスで、次のオプションを選択します。

    1. [未読ならば、受信トレイから削除する] を選択して、送信済みメッセージを取り消します。

    2. [未読ならば、削除して別のメッセージに置き換える] を選択して、送信済みメッセージを別のメッセージに置き換えます。

  8. [受信者ごとに取り消し状況を確認する] チェック ボックスをオンにします。

  9. [OK] を選択します。

    注: [未読ならば、削除して別のメッセージに置き換える] を選択した場合、編集するために元のメッセージが開きます。[送信] を選択すると、元のメール メッセージが受信者のメールボックスから削除され、新しく編集されたメッセージに置き換えられます。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

送信した電子メール メッセージを取り消す/置き換える

メール メッセージを送信した後、内容について考え直し始めました。多くを言い過ぎたと感じたり、言い足りていないと感じたりするかもしれません。または、自分の主張を説明するために引用したすべての事実が、実際は間違っているということに突然気付いたのかもしれません。でも、一度送ったメールは取り消せないとあきらめていませんか?

今なら、まだ間に合うかもしれません。送信したメールを取り消したり、置き換えたりすることは可能です。損害を修復しようとする場合には、メールを再送信することもできます。

まず、取り消しを使用できるかどうかを確認します。[ファイル] をクリックして、Backstage に移動します。[情報] を選択し、ページ上部のリストを開いて、メールを送信したアカウントを選択します。

アカウントが [Microsoft Exchange] で、メールの受信者も同じメール システムを使用している場合は、Exchange サーバーの機能である取り消しを使用できます。

MAPI または POP などの場合、取り消し機能は使用できません。

もちろん、常に送信前にメール内容を確認することが最良の方法ですが、間違えた場合は、迅速に行動する必要があります。メッセージが開かれた後では、取り消すことができません。

[メール] に移動し、フォルダー リストの [送信済みアイテム] をクリックします。次に、取り消す、または置き換えるメールを開きます。

メッセージの [ファイル] をクリックして、Backstage に移動します。[情報] を選択して、[再送信または取り消し] をクリックし、[メッセージの取り消し] をクリックします。

これで、送信者がメッセージを取り消す (受信者の受信トレイからの削除を試みる) ことや、メッセージを置き換える (元のメッセージを削除して新しいメッセージで置き換える) ことができます。まずは取り消しを試してみましょう。

また、取り消しが成功したかどうかを通知するメッセージを受信できるように、このチェック ボックスがオンになっていることを確認します。

[OK] をクリックすると、取り消し要求が送信されます。

すべてが機能した場合、Outlook で元のメッセージが削除されます。

そして、取り消しを確認する自動メッセージが表示されます。

2 番目のオプションも同様ですが、この場合は、[OK] をクリックしたときに、元のメッセージが開き、変更を加えることができます。準備ができたら、[送信] をクリックします。

最初のメッセージが受信者の受信トレイから削除され、新しいメッセージが追加されます。

その後、確認メールが表示されます。

送信者と受信者が Microsoft Exchange を使用する組織に所属しており、取り消しと置き換えが有効になっている場合は、取り消しが機能する可能性は十分にあります。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learning で、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×