テキストを追加して書式を設定する

計算式をスライドに追加する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の PowerPoint のトレーニングを探す

PowerPoint では、スライドに数式を簡単に追加できます。

数式を挿入する

  1. 組み込みの数式を挿入するには、[挿入]、[数式] の順に選び、目的の数式を選びます。

    または、空の数式の場合は [挿入]、[数式] の順に選びます。

  2. [数式ツール] の [デザイン] タブで、[分数]、[スクリプト]、[根号]、[整数]、[演算子]、[関数]、または [記号] を選んで、数式に要素を挿入します。

インクで数式を作成する

  1. [インクで数式を挿入] を選びます。

    注: インク数式を作成するにはスタイラスが理想的ですが、マウスを使うこともできます。

  2. 数式を入力し、[消去] または [選択と修正] を選んで、書き込んだ数式で残す要素を選びます。

  3. PowerPoint に数式を挿入するには、[挿入] を選びます。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

数式を入力する

例えば、今スライドに表示されている このような数式を PowerPoint で書きたいときに、 また、この数式を少し変えたいときは この「数式ツール」の「デザイン」から 変更することができます。

変えたい数式を選択して、 例えば「記号と特殊文字」のこの「平方根」 これをクリックします。

そうすると、ここに平方根が挿入されました。

また、数式ツールのデザインの中の この「構造」、 この中に複雑の公式の組み合わせが 色々と用意されています。

例えば「分数」をプルダウンすると、 このように分数でも 色々な表示の仕方が選べます。

では、このスタイルの分数を 挿入したいと思います。

では、クリックします。

そうすると、今ここにカーソルのある場所に 選択した分数のスタイルが挿入されました。

この空白の四角があります。

これをそれぞれクリックして 数字やローマ字を打ち込むと、 このボックス、見えますか? この空白のボックスに数字や ローマ字が入力されます。

ではやってみます。

まず分母をクリックして、 では数字の5を入力したいと思います。

キーボードで5と押します。

そうすると、数字の5が入力されました。

では分子も入力したいと思います。

この分子のボックスをクリックして、 では R ローマ字の r を 入力したいと思います。

このように、5分の r という分数が 簡単に作れました。

また、自分が使いたい難しい数式が 用意されていなかった場合は 手書きで入力することができます。

この「挿入」のタブの「数式」を プルダウンします。

1番下に「インク数式」というのがあります。

これをクリックすると、 このように手書きのパレットが出てきます。

ここに数式を書きます」という範囲に 直接数式を書き込みます。

マウスなどを使って直接ここに 数式を書き込みます。

このように、数式を書くと 書いたものがここにプレビューされます。

もし、消去したいものがあれば この「消去」の消しゴムのアイコンを クリックして 消したいものを選択します。

もしくはこの「選択と修整」、 これをクリックすると このように、範囲が自分で設定できます。

この範囲内のものを選択できます。

これで修正したり、削除したりしてください。

数式を書き終わったら、 この「挿入」ボタンをクリックしてください。

そうすると、今書いた数式が このようにスライドに挿入されます。

また、数式ツールのデザインの中の 「記号と特殊文字」、 これをプルダウンしていただくと、 ここに各カテゴリーがあります。

ギリシャ文字」とか「矢印」とか、 特殊文字がカテゴライズして まとまっているので 使いたものを選択してクリックすると、 このように、カーソルのある場所に 挿入されます。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×