連絡先を管理する

複数の連絡先を管理する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Outlook のトレーニングを探す

Outlook では、連絡先リストを作成し、メールを送信する特定の連絡先グループを管理することができます。

アドレス帳を表示する

  1. ナビゲーション バーで、[連絡先] 連絡先 を選択します。

  2. フォルダー ウィンドウで、表示するアドレス帳を選択します。

アドレス帳の連絡先を並べ替える

  1. ナビゲーション バーで、[連絡先] 連絡先 を選択します。

  2. [ホーム]、[一覧] の順に選択します。

  3. 並べ替えの基準にする列見出しを選択します。たとえば、姓で連絡先を並べ替える場合は、[表題] 列見出しを選択します。
    連絡先リスト

次のように、アドレス帳フォルダーを作成し、連絡先を移動します。

  1. ナビゲーション バーで、[連絡先] 連絡先 を選択します。

  2. [フォルダー] タブで、[新しいフォルダー] を選択します。

  3. フォルダーの名前を入力します。

  4. [OK] を選択します。

  5. 既存の連絡先を移動するには、連絡先を選び、新しく作成したフォルダーにドラッグします。

次のように、アドレス帳の連絡先にメールを送信します。

  1. ナビゲーション バーで、[メール] メール​​ を選択します。

  2. [ホーム]、[新しい電子メール] の順に選択します。

  3. [宛先] を選択します。

  4. [アドレス帳] で、ドロップダウン リストからグループを選択します。

  5. グループから連絡先を選び、[宛先->] を選択します。

  6. [OK] を選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

このレッスンでは、フォルダーを作成して 連絡先を分類する方法について解説します。

連絡先のフォルダーウィンドウに 新しいフォルダーを作成する 操作から見ていきましょう。

フォルダータブをクリックします。

新しいフォルダーボタンをクリックします。

新しいフォルダーの作成の ダイアログボックスが表示されました。

フォルダーにつける名前を入力します。

では、今回は得意先としておきます。

フォルダーに保存するアイテムは 連絡先アイテムとなっていることを 確認しましょう。

フォルダーを作成する場所は 連絡先フォルダーですので、 連絡先をクリックで選択します。

OK ボタンをクリックします。

これでフォルダーウィンドウに新しい フォルダーを作成することができました。

新しく作成した得意先フォルダーに 連絡先を移動します。

移動したい連絡先を 得意先フォルダーにドラッグします。

これで、連絡先を得意先フォルダーに 移動することができました。

新しく作成したフォルダーは あらかじめ用意されていた 個人用の連絡先のグループの 配下に作成されます。

新しいグループを作成する事も できますので、見てみましょう。

あらかじめ用意されていた個人用の 連絡先のグループ名を右クリックします。

新しいグループをクリックします。

新しいグループを入力する欄が 表示されましたので 新しいグループにつける名前を入力します。

会社用という新しいグループを 作成することができました。

新しいグループの配下に、先程作成した 得意先のフォルダーを移動してみます。

得意先のフォルダーを 会社用のグループにドラッグします。

これで会社用グループの配下に 得意先フォルダーを配置する事ができました。

このレッスンでは、フォルダーを作成して 連絡先を分類する方法について 解説しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×