テキストの書式を設定する

箇条書きを追加して書式を設定する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合は、[クローズド キャプション [クローズド キャプション] ボタン ] を選択してみてください。

段落番号付きリストまたは箇条書きを使ってテキストを整理する。

番号付きリストを作成する

  1. 「1.」と入力し、Space キーを押します。

  2. 内容を入力して Enter キーを押します。リストの次の番号が自動的に表示されます。

    または、[段落番号] を選んで箇条書きを開始します。

    注: PowerPoint では、何か入力して Enter キーを押すまで、リストの書式は設定されません。

箇条書きを作成する

  1. [箇条書き] を選びます。

  2. 必要な内容を入力します。

  3. Enter キーを押すと、別の行頭文字が追加されます。

アウトラインまたは複数レベルのリストを作成する

  • リストを入力しているときに、Tab キーを押すか、または [インデントを増やす] ボタンを選びます。

    注: アプリによっては、行頭文字のスタイルが異なったり、段落番号が文字になる場合があります。

既存のテキストからリストを作成する

  1. リストに変更するテキストを選びます。

  2. [箇条書き] または [段落番号] を選びます。

リストを書式設定する

  1. リストを選びます。

  2. [箇条書き] または [段落番号] の横の下矢印を選びます。

  3. 行頭文字または段落番号のスタイルを選びます。

さらに詳しく

行頭文字または段落番号を使った箇条書きを作成する

Outlook のトレーニング

Word のトレーニング

PowerPoint トレーニング

段落番号付きリストまたは箇条書きを使うと、テキストを整理できます。

入力しながら段落番号付きリストを作成するには、1 とピリオドを入力します。Space キーを押すと、リストが認識されて、書式設定が自動的に始まります。

[段落番号] を選ぶこともできます。

リストの最初の項目を入力して Enter キーを押すと、次の番号が自動的に追加されます。

箇条書きにする場合は、[箇条書き] を選んで必要な内容を入力します。

Enter キーを押すと、別の行頭文字が追加されます。

アウトラインまたはマルチレベル リストを作るには、Tab キーを押すか、[インデントを増やす] ボタンを使います。

使っているアプリによっては、行頭文字のスタイルが異なったり、段落番号が文字になる場合があります。

既に入力してあるリストに行頭文字または段落番号を追加したい場合は、リストを選び、[箇条書き] または [段落番号] を選びます。

それぞれの下矢印を選ぶと、行頭文字または段落番号の他のオプションが表示されます。

Word では、番号付きリストに改行が含まれる場合は、続ける番号を入力します。

または、[段落番号] を選ぶと、自動的にリストが続けられます。

段落番号はいつでも自由に変更できます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×