プレゼンテーションをデザインする

画面切り替えを追加する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の PowerPoint のトレーニングを探す

スライドの画面切り替えは、プレゼンテーションで次のスライドに移動するときに表示されるアニメーションのような効果です。スライドの画面切り替え効果を追加して、プレゼンテーションに活気を与えることができます。

スライドに画面切り替えを追加する

  1. スライドを選択します。

  2. [画面切り替え] タブを選択し、[画面切り替え] ギャラリーで画面切り替えを選びます。

    画面切り替えを選ぶと、その効果のプレビューが表示されます。

  3. 画面切り替えの動作を変更するには、[効果のオプション] を選択します。

    注: 効果のオプションがない画面切り替えもあります。

  4. 画面切り替えの速度を速くしたり遅くしたりするには、[継続時間] ボックスの数値を変更します。

    ヒント: 変更後の実際の動作を確認するには、[プレビュー] を選択します。

  5. サウンドを追加するには、[サウンド] ボックスでいずれか 1 つを選びます。

  6. プレゼンテーションで、一定の時間が経過したら自動的に次のスライドに移るようにするには、[自動的に切り替え] チェック ボックスをオンにして、必要な時間を入力します。

  7. この画面切り替えをすべてのスライドに追加するには、[すべてに適用] を選択します。

画面切り替えを変更または削除する

  • [画面切り替え]、[なし] の順に選択します。

    スライドからすべての画面切り替えを削除する場合は、[画面切り替え]、[なし]、[すべてに適用] の順に選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

スライドの画面切り替え効果を追加、変更、削除する

画面切り替えの速度とタイミングを設定する

テキストまたはオブジェクトにアニメーションを設定する

スライド資料をスライドショーを用いて 発表する際に、 画面が切り替わるとき 効果を付けることができます。

では、実際に見てみましょう。

まず、何も効果を付けていないスライドを スライドショーで見てみます。

そうすると、画面がスライドを 切り替えるときにこのように、 普通に画面が切り替わります。

この切り替わるときに 色々な効果を付けることによって オーディエンスを飽きさせなかったり、 少し格好良くプレゼンテーションを 見せることができます。

では、効果を見ていきたいと思います。

ではこの「画面切り替え」、 このタブをクリックして開きます。

この「画面切り替え」という項目の このギャラリーから 画面切り替えの時の効果を選びます。

では、この「プッシュ」というのを 選んでみます。

そうすると、このようにスライドが下から上に 押し上げられるような感じで切り替わります。

自分が設定した画面切り替えは この「プレビュー」というアイコンで 確認することができます。

また、効果によっては オプションが設定できます。

この「効果のオプション」、 ここのアイコンが生きているときは その効果に オプションを付けることができます。

このアイコンをプルダウンするとこのように、 このスライドが現れてくる方向を 決めることができます。

例えば、今は下から上に スライドが現れる画面の切り替え効果でしたが これを「左から」に設定します。

そうするとこのように、 スライドが左から現れるような 切り替えの効果になりました。

また、プレビューで確認してみて この切り替え時間が少し早いな、 もしくは遅いなと思ったときは この「期間」、ここで スライドが切り替わる時間を設定できます。

今は1秒になっていますが これを5秒とかにすると、 これでプレビューしてみます。

このように、ゆっくり5秒かけて スライドが切り替わります。

また、切り替わるときに サウンドを付けることができます。

タイミング」の中の「サウンド」 ここをプルダウンしていただくと、 あからじめ色々なサウンドが 用意されています。

ここでスライドが切り替わるときに 流れるサウンドを設定します。

では、この「サウンド」から 「ドラム」というのを設定します。

ではプレビューしてみます。

こういう感じで、スライドが切り替わる時に ドラムのサウンドが流れます。

このサウンドですが、 スライドが全部切り替わるまで 繰り返し流す設定にすることもできます。

サウンド」をプルダウンして、 「次のサウンドまで繰り返す」 これを選択すると、 スライドが切り替わるまで ずっとサウンドが流れ続けます。

ではプレビューしてみます。

こういう感じですね。

そして切り替えのタイミング、 これは今「クリック時」になっています。

クリックすると スライドが切り替わるようになっていますが これを自動的にスライドが変わるように 設定することができます。

自動的にスライドを切り替えたいときは 「自動的に切り替え」 ここの項目にチェックを入れて、 時間を設定します。

今、10秒でスライドが 自動で切り替わるように設定しました。

今、表紙のスライドにこのように 画面切り替えの効果を設定しましたが 今ここで設定した効果を下にある すべてのスライドに適用したいときは この「すべてに適用」のアイコンを クリックします。

そうすると、今すべてのスライドに 画面切り替えの効果が設定されました。

では、スライドショーで 見てみたいと思います。

スライドショーに切り替えます。

この「すべてに適用」をクリックすると、 表紙に付けた切り替えの効果が すべてのスライドに適用されました。

この画面切り替えの効果を 削除したいときは この「画面切り替え」の中の「なし」、 「画面切り替え」のギャラリーの中の「なし」を 選択します。

そうすると、画面切り替えの設定が 削除されました。

すべてのスライドを全部、画面切り替えの効果を 削除したいときは 「すべてに適用」のアイコンを クリックします。

そうすると、すべてのスライドから 画面切り替えの効果が削除されました。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×