Microsoft Teams でさらに多くをともに達成する

生産的な会話

お使いのブラウザーはビデオをサポートしていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

チャネルでの会話はチーム全体から表示および検索できます。会話に参加し、重要なものに「いいね!」を付けるか保存し、特定のメンバーがメッセージを見るようにメンションし、会話に追加されたファイルを編集することもできます。

メッセージに返信する

  • [ 会話に返信する場合に選択します。 返信] を選択し、応答を追加して、Enter キーを押します。

メッセージに「いいね!」するか保存する

  • メッセージが気に入ったことを示すには、メッセージの横にある アイテムに「いいね!」を付ける場合に選択します。 を選択します。

  • 後で確認するためにメッセージを保存するには、 メッセージを保存する場合に選択します。 を選択します。保存済みのメッセージを表示するには、自分の画像を選択します。

チャネルで新しい会話を開始する

  • [新しい会話の開始] ボックスにメッセージを入力し、Enter キーを押します。

チャネルで新しい会話を開始する

  • メッセージの作成中にチーム メンバーの名前の前に「 「@メンション」を開始する場合に選択します。 」を入力して、彼らを会話に含めます。そのメンバーは、@メンション通知を受け取ります。管理者が有効にした場合、チームやチャネルを @メンションすることができます。

どこからメンションされたかを確認する

  • 会話で自分がメンションされた回数を確認するには、[チーム] と [アクティビティ] の左横にある円を探します。

ファイルを共同編集する

  1. ドキュメントが会話または [ファイル] にアップロードされている場合は、ファイルを選択して開きます。

  2. [編集] を選択してから、アプリまたはオンラインでファイルの編集する部分を選択します。

  3. ファイルを表示または共同編集している間、 チャットを開始する場合に選択します。 を選択して会話を続けます。

さらに詳しく

最高のメッセージング エクスペリエンスを実現

通知の管理と注視

会話はあらゆる方向に広がります。適切に応えて追跡するのは大変です。

チャネルでは、返信可能なメッセージを投稿できます。他のユーザーの投稿に返信する場合は、[回答] を押します。これらのメッセージはグループ化され 1 つの会話にまとめられます。

これにより、ユーザーは常にリアルタイムに接続する必要が減り、離れた場所でも複数の会話をスキャンしたり、関連メッセージを確認したりすることができます。

ここでは、同じチャネルで別の会話が同時に始まっています。メッセージに「いいね!」するか、保存できます。保存したメッセージはここにあります。

@mentioning で、会話にユーザーの関心を集めることもできます。ユーザー名の前に @ 記号を付けます。管理者が許可すれば、チーム全体でも、どのチャネルでも @mention できます。

特定のチャネルで自分がメンションされた回数を確認するには、円を探します。

ドキュメントの作業は、グループ作業の大部分を占めます。

ファイルは、会話と並行して共同編集できます。フィードバックやコメントは、チャネルにも表示されるため、履歴が残ります。

この新しい作業方法では、会話で生産性が加速します。さあ、会話を始めましょう!

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×