SharePoint Online を使ってチーム コンテンツで共同作業する (削除)

機密文書ライブラリを作成する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

機密文書の保護の強化など、特別な目的のためにドキュメント ライブラリを追加することができます。Information Rights Management (IRM) は、ファイルがダウンロードされた後に許可なく配布されるのを防止するのに役立ちます。保護を強化するには、表示するライブラリに通知を設定し、アクセスするユーザーを記録するのが簡単です。

注: IRM を使用するには、Office 365 管理者は IRM を有効にする必要があります。詳細については、「SharePoint 管理センターにおける Information Rights Management (IRM) の設定」を参照してください。

注: チーム サイトを変更するには、編集者グループのメンバーであるか、共同作成者アクセス許可を持っている必要があります。チーム サイトを変更する演習を安全に行うには、チーム サイトの下にサブサイトを作成し、それを使用します。詳細については、「既存サイトの下にサブサイトを作成する」を参照してください。

機密文書ライブラリを作成する
  1. 職場または学校のアカウントで Office 365 にサインインし、チーム サイトにアクセスします (アプリ起動ツール アプリ起動ツール ボタン で [サイト] をクリックし、チーム サイトを見つけます)。

  2. [サイトの設定] 設定アイコン 、[アプリの追加] の順にクリックします。

  3. [自分のアプリ] ページで [ドキュメント ライブラリ] を選びます。

  4. たとえば、「ConfidentialDocs」のような新しいドキュメント ライブラリの名前を入力して、[作成] を選びます。

    新しいドキュメント ライブラリが、クイック起動 (ページの横または上部にあるナビゲーション リンク) の [最近使用したファイル] の下に表示されます。

  5. ライブラリに IRM を設定するには、次の操作を行います。

    1. ライブラリで、[ライブラリ]、[ライブラリの設定] をクリックして、[設定] ページで、[Information Rights Management] をクリックします。

    2. [ダウンロード時にこのライブラリの権限を制限する] をクリックします。

    3. [アクセス許可ポリシーのタイトルを入力してください] ボックスに名前を入力します。たとえば、「会社の機密」のような名前です。

    4. [アクセス許可ポリシーの説明を入力してください] ボックスに説明を入力します。たとえば、「社内専用: 他のユーザーとの共有禁止」のような説明です。

    IRM 設定
  6. [OK] をクリックします。

ライブラリに通知を設定する
  1. 職場または学校のアカウントで Office 365 にサインインし、チーム サイトにアクセスします (アプリ起動ツール アプリ起動ツール ボタン で [サイト] をクリックし、チーム サイトを見つけます)。

  2. ライブラリで、[ライブラリ]、通知]、[このライブラリに​​通知を設定] の順にクリックして、すべての既定の設定をそのまま使用し、[OK] をクリックします。

    ライブラリの通知の設定
ライブラリの通知をさらに活用する (追加演習)
  1. [通知ライブラリ]、[通知]、[このライブラリに​​通知を設定] の順にクリックします。

  2. [通知のタイトル] で、「機密文書ライブラリ」と入力します。

  3. [通知の送信先] で、自分のほかに通知先となる、チームの 1 人または 2 人のユーザーを追加します。

  4. [次の場合に通知を送信する] で、[他のユーザーがドキュメントを変更したとき] をクリックします。

  5. [通知を送信するタイミング] で、[日に一度通知する] を選びます。

さらに詳しく

Information Rights Management をリストまたはライブラリに適用する

通知の作成または RSS フィードの購読を行う

上司から、機密文書のセキュリティを強化するように要請されました。

Information Rights Management は IRM とも呼ばれ、ファイルがダウンロードされた後に許可なく配布されるのを防止するのに役立ちます。

まず新しいライブラリを作成します。[設定] アイコンをクリックして、[アプリの追加] をクリックします。

[ドキュメント ライブラリ] を選択して、「ConfidentialDocs」という名前を入力し、[作成] をクリックします。

クイック起動の [最近使用したファイル] の下に新しいライブラリが表示されることにご注目ください。

[ConfidentialDocs] をクリックしてライブラリを開きます。

[ライブラリ] タブ、[ライブラリの設定] の順に選択します。

[設定] ページで、[Information Rights Management] をクリックします。

[ダウンロード時にこのライブラリの権限を制限する] オプションを選びます。

[アクセス許可ポリシーのタイトルを入力してください] フィールドに「会社の機密」と入力します。

[アクセス許可ポリシーの説明を入力してください] では、「社内専用。他のユーザーとの共有禁止。」と入力し、[OK] をクリックします。

もう 1 つ説明します。このライブラリに通知を設定すると、他のユーザーがこれらのドキュメントにアクセスすると通知を受け取ることができます。

クイック起動で、[ConfidentalDocs] をクリックします。

[ライブラリ] タブで [通知] をクリックして、[このライブラリに通知を設定] を選択します。

既定の設定をそのまま使用するので、[OK] をクリックします。

これで、このライブラリにアップロードしたドキュメントはすべて保護されます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×