数式と関数を使用する

数式を作成する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

数式を作成する方法、および組み込み関数を使って計算を実行して問題を解決する方法について説明します。

数式バー

  • セルに数式を入力するときには、数式バーにも数式が表示されます。
    数式バー

他のセルの値を参照する数式を作成する

  1. セルを選択します。
    セルの選択

  2. 等号 (=) を入力します。

    注: Excel の数式は、常に等号 (=) で始まります。

  3. セルを選択するか、選択したセル内にアドレスを入力します。
    セルのアドレス

  4. 演算子を入力します。たとえば、減算の場合は、「–」を入力します。

  5. 次のセルを選択するか、選択したセル内にアドレスを入力します。
    演算子

  6. Enter キーを押します。数式が含まれているセルに計算結果が表示されます。

数式を表示するには

  1. セルを選択すると、数式バーに数式が表示されます。
    数式バーの表示

組み込み関数を含む数式を入力する

  1. 空のセルを選択します。

  2. 等号 (=) を入力し、その後に関数を入力します。たとえば、総売り上げ高を計算するには、「=SUM」と入力します。

  3. 開きかっこ (() を入力します。

  4. セルの範囲を選択し、閉じかっこ ()) を入力します。
    セルの範囲

  5. 結果を表示するには、Enter キーを押します。

相対参照

  • B2:G2 などの数式内の相対セル参照は、H2 などの、数式を含むセルの相対的な位置に基づいています。数式を含むセルの位置が変更されると、参照が変更されます。複数の行または下方向の列にわたって数式をコピーまたは入力した場合、参照は自動的に調整されます。既定では、新しい数式は相対参照を使用します。たとえば、H2 内の数式を H3 にコピーすると、= SUM (B2:G2) から = SUM (B3:G3) に自動的に調整されます。

絶対参照

  • $B$2 などの数式内の絶対セル参照は、常に特定の場所にあるセルを参照します。絶対参照を使用する H2 内の数式は =SUM ($B$2: $G$2) のようになります。数式を含むセルの位置が変更されても、絶対参照は変更されません。たとえば、絶対参照を使用する H2 内の数式が H3 にコピーされた場合、H2 と H3 には、同じ数式 =SUM ($B$2: $G$2) が設定されます。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

Windows 版 Excel 2016 の数式の概要

相対参照、絶対参照、複合参照を切り替える

このレッスンでは 四則演算の数式の入力について解説します。

足し算、引き算、掛け算、割り算の数式を 入力しながら Excel で数式を入力する際の 規則知識についても学習します。

使用するブックは Chapter_3 です。

このブックの「四則演算」のシートを アクティブシートにしましょう。

ではこれから A 列と B 列に 入力されている数値データを使って C 列に数式を作成しましょう。

Excel で数式を作成する際には、 数値を直接使う方法と 「セル参照」を使う方法があります。

後程、両方共実習します。

又 「演算に使う記号」のことを演算子と言い、 足し算は + 引き算は - そして掛け算は * で 割り算は / です。

それぞれキーボードから入力します。

ではこれから数値を直接使う方法で C の 3 のセルに 100 と 50 を足した数式を作ってみましょう。

では答えを出したいセル C の 3 のセルをアクティブセルにします。

キーボードから = を入力します。

これは大きなポイントです。

Excel では = で始まるデータを 数式として認識します。

どんなに難しい数式も簡単な数式も 先頭は = です。

では続いて キーボードから 「100」と入力します。

そして足し算ですから+をタイプし 「50」と入力します。

これが数値を直接キーボードから入力して 数式を作成する方法です。

では Enter キーを押して 数式を確定します。

するとセルには計算結果が表示されましたね。

C の 3 のセルをアクティブセルにし 数式は「数式バー」で確認しましょう。

数式バーには「= 100+50」 という数式を確認することが出来ます。

但しこの様に数値を直接使って 数式を作成した場合には、 元の値を変更しても答えは 自動的には更新されません。

見てみましょう。

では A の 3 のセルの 100 を 200 に打ち替えてみます。

でも答えは 150 のままですね。

というのもこのセルには 直接数値を使った数式が 作成されているからです。

そこで Excel では 「セル参照を使う」方法があります。

「セル参照」を使って数式を作成すると 数値の入力されているセルを参照しますので、 元の値が変われば答えも自動的に更新されます。

では見てみましょう。

先程数式を入力した C の 3 のセルの データは Del キーで削除し では A の 3 のセルも 100 に 戻しておきましょう。

それではこれから「セル参照」を使った方法で 数式を作成します。

答えを出したいセル C の 3 のセルを アクティブセルにします。

そしてキーボードから = を入力します。

次に「100」と入力されている A の 3 のセルを参照します。

キーボードから 「a3 」と入力するか 或は A の 3 のセルを直接 マウスでクリックします。

するとイコールの右に 「A3 」と表示されましたね。

これで簡単に セルを参照することが出来ますので 「セル参照」をする時には、参照したいセルを クリックすると良いでしょう。

もし間違ったセルをクリックしてしまっても、 次の演算子を入力するまでは 正しいセルをクリックして 修正することが出来ます。

では「=A3」となりましたら続いて 演算子はキーボードから+を入力します。

次に B の 3 のセルをクリックすると 「B3」と表示されました。

これで「= A3+B3」という セル参照を使った数式が出来上がります。

では Enter キーを押して 結果を確認しましょう。

セルには計算結果が表示されました。

ではアクティブセルを C の 3 に移動し 数式バーで確認しましょう。

この様に「セル参照」を使った数式を 作成しておくと 元の値が変われば 答えも自動的に更新されます。

では A の 3 のセルの「100」を 200 に変更して確認します。

この様に答えも自動的に更新されましたね。

では同じ様にその下に引き算、掛け算、 割り算と数式を作成してみましょう。

答えを出したいセルをアクティブセルにする。

=を入力したら 参照したいセルをクリックする。

そして引き算の場合は-を入力し 更に参照したいセルをクリックする。

Enter キーで確定すると セルには計算結果が表示されます。

数式は数式バーで確認しましょう。

続けて掛け算も答えを出したいセルを アクティブセルにしたら=を入力し、 参照したいセルをクリックして セルを参照します。

掛け算は*です。

最後に割り算も― セル参照で数式を作成しましょう。

割り算は / を使います。

(キーボードを打つ音) これで足し算から割り算まで、セル参照を 使った数式を作成することが出来ました。

作成した数式を確認するには 数式を確認したいセルをアクティブセルにし、 数式バーで確かめましょう。

又 セルを直接ダブルクリックして 数式を表示させることも出来ます。

但しダブルクリックでセルを 編集状態にした場合、 他のセルをクリックした時に― 数式がおかしくなってしまうことがあるので 注意をしましょう。

この様になった時にはキーボードの Esc キーをタイプしキャンセルします。

ですからダブルクリックで 数式を確認した後は 他のセルをクリックして キャンセルするのではなく、 Esc キーをタイプする様にしましょう。

では少しまとめてみましょう。

数式入力時のポイントです。

「先頭に等号 (=) を入力する」。

Excel では = で始まるデータを 数式として認識します。

次に「セル参照を使う」というのも ポイントですね。

セル参照を使った数式では元の値が変われば 答えも自動的に更新されます。

このレッスンでは四則演算の数式を 入力しながら Excel で数式を入力する際の 基礎知識について学習しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×