数式と関数を使用する

セルまたはセル範囲に名前をつける

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

演習

Excel では、セルとセル範囲に名前を設定し、その名前を数式で使うことができます。この便利な機能を使うと、数式の理解と保守が容易になります。

セルに名前を付ける

  1. セルを選択します。

  2. [名前] ボックスに名前を入力します。
    [名前] ボックス

  3. Enter キーを押します。

選択範囲から名前を定義する

  1. 名前を付ける範囲を、行または列のラベルを含めて選択します。

  2. [数式]、[選択範囲から作成] の順に選択します。

  3. [選択範囲から名前を作成] ダイアログ ボックスで、[上端行]、[左端列]、[最下行]、[右端列] のいずれかのチェック ボックスをオンにして、ラベルを含む領域を指定します。

  4. [OK] を選択します。

    指定した範囲内のラベルに基づいて、セルに名前が付けられます。

数式で名前を使う

  1. セルを選択し、数式を入力します。

  2. その数式内で名前を使う位置にカーソルを置きます。

  3. 名前の最初の文字を入力し、表示される一覧から名前を選択します。

    または、[数式]、[数式で使用] の順に選択して、使用する名前を選択します。

  4. Enter キーを押します。

さらに詳しく

数式で名前を定義して使用する

Excel テーブルの数式で構造化参照を使う

Excel の数式の概要

セル参照を作成または変更する

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを見つける

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×