テキストやデータを追加する

セルの内容を選択する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

Excel では、ブック全体で作業を効率的に管理できるようにセルの内容を選択します。

セルを選ぶ

  • マウスを使って、またはキーボードの方向キーを使ってそのセルに移動して、セルを選択します。

セルの範囲を選ぶ

  • セルを 1 つ選び、セルの右下隅をホールドして、選ぶセル範囲全体をドラッグします。

  • または、キーボードを使って範囲を選ぶには、Shift キーを押しながら方向キーを使ってセル範囲を移動します。

行、列、またはワークシートを選ぶ

  • 列を選ぶには、次のいずれかの方法を使います。

    • 列のタイトルを選びたくない場合は、タイトルの下のセルを選び、Shift キーを押して、そのセルの下端をダブルクリックします。

    • 列全体を選ぶには、その列の任意のセルを選び (たとえば、A2)、Ctrl キーを押しながらスペース キーを押します。

  • 行全体を選ぶには、その行の任意のセルを選び (たとえば、A2)、Shift キーを押しながらスペース キーを押します。

  • リストを選ぶには、そのリスト内の任意のセルを選び、Ctrl + A キーを押します

  • ワークシート全体を選ぶには、任意のセルを選び、Ctrl + A キーを押し、再度 Ctrl + A キーを押します。

  • 見出しまたはタイトルを含めずにテーブルを選ぶには、任意のセルを選び、Ctrl + A キーを押します

  • 見出しまたはタイトルを含めてテーブルを選ぶには、任意のセルを選び、Ctrl + A キーを押し、再度 Ctrl + A キーを押します。

  • テーブル形式のワークシート全体を選ぶには、任意のセルを選び、Ctrl + A キーを押し、再度 Ctrl + A キーを押します。

  • 列全体を選ぶには、列の先頭にある文字を選択します。

  • ワークシートの左上隅にある [すべて選択] ボタンを選んで、 すべて選択 ワークシート全体を選ぶこともできます。

隣接していない列を選ぶ

  • Ctrl キーを押しながら、隣接していない列の列見出しを選択します。たとえば、Ctrl キーを押しながら、ACEGHIK を選択します。

連続していないセルまたはセル範囲を選ぶ

  • Ctrl キーを押しながら、連続していないセルまたはセル範囲を選択します。

連続していないセルに一度にデータを入力する

  1. 連続していないセルを選択します。

  2. データの入力を始めます。

  3. Ctrl + Enter キーを押します。

列を非表示にする

  1. 列を選択します。

  2. 右クリックして、[非表示] を選択します。

連続していない列を非表示にする

  1. 連続していない列範囲を選択します。

  2. 選択した列範囲の 1 つで右クリックし、[非表示] を選択します。

表示されている列のみをコピーする

  1. 非表示の列を含むセル範囲を選択します。

  2. 表示されている列のみをコピーするには、Alt + ; キーを押し、次に Ctrl + C キーを押します。

  3. Ctrl + V キーを押すだけで、ブックの任意のワークシートに貼り付けることができます。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

ワークシートでセル、範囲、行、または列を選択する

このレッスンでは 操作の対象を 選択する方法について解説します。

データの入力や編集を行う場合は 予め対象となる範囲を 選択してからコマンドを実行します。

効果的な範囲選択や注意点を知ることで 作業効率がより向上するでしょう。

使用するブックは Chapter_1 です。

管理表」のシートを アクティブシートにしましょう。

まずは セルを選択する 操作から見ていきましょう。

セルを選択するには マウスでクリックします。

クリックしたセルがアクティブセルになり そのセルが操作の対象として選択されます。

次に 複数セルを選択します。

ワークシート上の任意のセル範囲を ドラッグします。

薄い色が付いて表示されました。

この色が付いている範囲が 現在操作の対象として選択されています。

この様にマウスでドラッグすることで 任意のセル範囲を選択することができます。

選択を解除するには ワークシート上の 任意のセルをクリックしましょう。

これで選択は解除です。

セルを選択する時のマウスポインタの形は 白い十字の形です。

その他の形状でドラッグすると セル選択にはなりませんので注意しましょう。

例えばデータが入力されている セル範囲を選択しようとして 途中でマウスを放してしまった、 途中からつなげようとして 白い十字の形ではない他の形で ドラッグしてしまうと セル選択ではなく 移動の操作になってしまいます。

メッセージが表示されましたので 「キャンセル」しておきます。

もし途中でマウスを放してしまった場合には 一旦選択を解除し 最初からやり直しをしていきましょう。

この様にマウスポインタの形には 注意をしましょう。

次に離れているセルを 選択する方法を見ていきましょう。

離れているセルを選択するには キーボードの Ctrl キーを使います。

一か所目は普通にクリックし 二か所目以降をクリックする時に キーボードの Ctrl キーを押さえます。

そしてクリックすることで、この様に 離れているセルを選択することができます。

また離れているセル範囲を選択するには 一か所目は普通にドラッグし 二か所目をドラッグする時に キーボードの Ctrl キーを押さえて ドラッグします。

これで離れているセル範囲を 選択することができます。

続いて、列の選択と行の選択を 見ていきましょう。

列を選択するには、目的の列の列番号に マウスポインタをポイントし 下向きの黒い矢印が表示されたら クリックします。

これで列単位で 選択することができます。

行を選択するには、目的の行の 行番号にマウスポインタをポイントし 右向きの黒い矢印が 表示されたらクリックします。

これで行単位での選択となります。

複数列を選択する場合には 列番号にマウスポインタをポイントし 水平方向に向かってドラッグすると 複数列の選択となります。

行の場合も同じよう行番号に マウスポインタをポイントし 垂直方向にドラッグすることで 複数行 ドラッグすることができます。

選択する時のマウスポインタの形には 注意しましょう。

列を選択する時は下向きの矢印です。

列の境界線にマウスポインタを ポイントすると、下向きの矢印ではなく 2方向の黒い矢印になります。

このままドラッグすると、列幅調整の コマンドを実行することとなり 選択にはなりませんので 注意が必要です。

行の場合も同じように マウスポインタをポイントする位置に 注意をする様にしましょう。

ずれてしまうと行の高さを 調整する操作となってしまいます。

では、最後にワークシート上のすべての セルを選択するボタンを紹介しましょう。

列番号と行番号が交わるところにあるボタン こちらをクリックすると ワークシート上のすべてのセルを 操作の対象として選択することができます。

この様に列番号と行番号の交わる所に 全セル選択ボタンがありますので 覚えておくと良いでしょう。

選択を解除するには、ワークシート上の 任意のセルをクリックします。

このレッスンでは操作の対象を 範囲選択する方法について解説しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×