ファイルを作成/表示する

拡大表示/縮小表示

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合、 [クローズド キャプション] [クローズド キャプション] ボタン を選択してみてください。

演習

文書、スプレッドシート、プレゼンテーションを拡大または縮小して、完璧な表現を探します。

ズーム スライダーを使う

  • 目的のズーム設定のスライド、ステータス バーのズーム スライダーを選択します。 または、使用する-または+

    Outlook アイコン Outlook では、閲覧ウィンドウで、コンテンツの拡大のズーム スライダーのみします。 詳細については、メッセージ一覧のフォント サイズ、フォントを変更するを参照してください。

特定のズーム設定を選ぶ

  1. [ズーム スライダー] の隣の倍率を選びます。

  2. [ズーム] ダイアログ ボックスで、目的の倍率を選んで [OK] を選びます。
    または、アプリによっては、[表示] タブに移動し、[ズーム] グループでオプションのいずれかを選びます。

    • Excel:[ズーム]、[100%]、または [選択範囲に合わせて拡大/縮小]

    • PowerPoint:[ズーム] または [ウィンドウ サイズに合わせる]

    • Word:[ズーム]、[100%]、[1 ページ]、[複数ページ]、または [ページ幅を​​基準に表示]

さらに詳しく

メッセージ一覧 (Outlook) のフォント サイズ、フォントを変更します。

文書を拡大または縮小して表示する

Word のトレーニング

Excel のトレーニング

PowerPoint トレーニング

Outlook のトレーニング

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×