自分の方法でコミュニケーション

自分の方法でコミュニケーション

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

メールで質問やディスカッションが高まると、Outlook との Skype for Business 統合により、Outlook 内からメール スレッドのどんな人にでも IM できます。他の人を IM ディスカッションに入れる必要はありますか?問題ありません。入力しすぎですか?ワン クリックで IM がオーディオ & ビデオ会話に変わります。話すより、表示する必要がありますか?デスクトップを共有するさらに多くのユーザーを収集する必要がありますか?フォローアップの Skype for Business 会議をスケジュールする

このコースに必要なもの

このコースでは、Skype for Business を使用した、さまざまなデバイスおよびプラットフォーム間でのコミュニケーションについて説明します。このコースでは、Outlook 内で Skype for Business の会話を開始する方法も示します。このコースでは、視聴するだけで多くを習得できます。各モジュールの演習を行い、共同作業のしくみを確認すると、このコースを最大限に活用できます。

このコースで使用するソフトウェアの一覧、およびセットアップ手順を示します。

  • Outlook 2016

  • PC 対応の Skype for Business

  • iOS 対応の Skype for Business

  • Skype for Business for Android

続くセクションでは、Outlook と Skype for Business のセットアップ情報を参照できます。使用しているソフトウェアとデバイスに適したセットアップ手順を使用してください。

このチュートリアルでは、PC 版の Outlook 2016 を使用します。Windows デスクトップまたはタブレットに Outlook をセットアップする方法については、「Outlook 2010 または 2013 で Office 365 のメールを設定する」を参照してください。Windows デスクトップまたはタブレットに Skype for Business をセットアップする方法については、「Skype for Business をインストールする」を参照してください。Windows Phone に Skype for Business をインストールする方法については、「Install Skype for Business on Windows Phone (Skype for Business を Windows Phone にインストールする)」を参照してください。PC に Office 365 をインストールする方法については、「Office 365 または Office 2016 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする」を参照してください。

このチュートリアルでは、Android 版 Outlook と Android 対応の Skype for Business の使い方について説明します。ただし、Android デバイスの使用を明示的に対象にしているわけではありません。Android 版 Outlook のセットアップ方法については、「一般法人向け Office 365 で Android にメールをセットアップする」を参照してください。Android 対応の Skype for Business をセットアップする方法については、「Skype for Business を Android にインストールする」を参照してください。

このチュートリアルは、iPhone と iPad での Skype for Business と Outlook を対象としています。iOS 版 Outlook のセットアップ方法については、「メールを iPhone、iPad、iPod Touch でセットアップする」を参照してください。iPhone と iPad 対応の Skype for Business をセットアップする方法については、「Skype for Business を iOS にインストールする」を参照してください。

現在、Mac 対応の Skype for Business のクライアントはありません。利用可能な最新のクライアントは、Mac の Lync 2011 です。詳細については、「Mac を使用するビジネス ユーザー向けの Office 365 のインストール手順」を参照してください。

Skype for Business を使うと、思いどおりに他のユーザーと接続し、コミュニケーションを取ることができます。

Skype for Business は My Office アプリに組み込まれているので、自分のドキュメントや Outlook のメールからチーム メンバーと共同作業を行えます。

Skype for Business は、デスクトップ コンピューターやモバイル デバイス間で動作します。

チーム メンバーがオフィスにいても、あるいは外出先にいても、常に連絡を取ることができます。

IM、音声通話、ビデオ、デスクトップ共有は、すべて Skype for Business に組み込まれています。

簡単なチャットが作業チームの会議になる場合は、そのまま進行することができます。

Skype for Business はお気に入りの Office アプリに組み込まれているため、Word 文書や Outlook メールから離れなくても、チームと連絡を取ることができます。

Outlook では、自分のチーム メンバーが連絡可能かどうかをすぐに確認できます。シングル クリックで、IM を送信したり、電話を開始したりできます。

Skype for Business はモバイル デバイス間で動作するため、チーム メンバーが移動中でも、接続は保たれます。

チームと連絡を取るために、スケジュールを調整したり、会議室を予約したりする必要はありません。

どんな会話でもさらに出席者を追加して、仮想会議を簡単に作成することができます。

IM も便利ですが、相手が遠距離でも対面での会議が最高です。

Skype for Business を使用すれば、会議や会話にビデオを追加でき、アイデアの流れが遅れることはありません。

デスクトップ、PowerPoint のプレゼンテーション、プログラム ファイルをチームと共有することもできます。

PC、ノート PC、モバイル デバイスのどれを使用していても、全員が状況を確認できます。

Outlook と Skype for Business は連動します。Outlook でメールを受信したときに、スレッド上ですべての人とフォローアップ会議をスケジュールすることができます。

社外で作業するチーム メンバーの場合、ワンクリックでオンライン会議を開始できます。

Skype for Business を使用すると、チーム メンバーは、モバイル アプリ、Web ブラウザー、電話、またはデスクトップ PC から会議に参加できます。

Skype for Business で思いどおりにコミュニケーションを取る

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×