完全な会議ソリューション

完全な会議ソリューション

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

このコースでは、Skype for Business 会議を開始から終了まで案内します。Skype for Business の会議では、使用しているコンピューター画面を出席者に見せることができます (ネコのビデオから役員用 PowerPoint プレゼンテーションまで)。まるで同室にいるかのように話すことができ、必要に応じて人を招き入れ、OneNote チームの全体会議を完全に記録することができます (MP4 記録を含む)。

このコースに必要なもの

このコースでは、Skype for Business を使用した、さまざまなデバイスおよびプラットフォーム間でのコミュニケーションについて説明します。また、このコースでは、OneNote を活用した簡単な会議メモや Office 365 アプリを含む 1 つまたは複数のアプリを会議の出席者と共有する方法についても説明します。このコースでは、視聴するだけで多くを習得できます。各モジュールの演習を行い、共同作業のしくみを確認すると、このコースを最大限に活用できます。

このコースで使用するソフトウェアの一覧、およびセットアップ手順を示します。

  • Outlook 2016

  • OneNote 2016

  • PowerPoint 2016

  • PC 対応の Skype for Business

  • iOS 対応の Skype for Business

  • Skype for Business for Android

続くセクションでは、Outlook、OneNote、PowerPoint、および Skype for Business のセットアップ情報を参照できます。使用しているソフトウェアとデバイスに適したセットアップ手順を使用してください。

このチュートリアルでは、Outlook 2016、OneNote 2016 と PC 対応の PowerPoint 2016 を使用します。Windows デスクトップまたはタブレットに Outlook をセットアップする方法については、「Windows 版の Outlook でメールをセットアップする」を参照してください。OneNote と PowerPoint を検索して使用する方法については、「Windows 10、Windows 8、Windows 7 で Office アプリケーションを見つけることはできませんか?」、「OneNote 2016 for Windows の基本的な作業」、「Windows Phone で OneNote を使う」、「PowerPoint プレゼンテーション作成のための基本的な作業」と「PowerPoint Mobile for Windows 10 のヘルプ」を参照してください。Windows デスクトップまたはタブレットに Skype for Business をセットアップする方法については、「PC に Skype for Business をインストールする」を参照してください。Windows Phone に Skype for Business をインストールする方法については、「Windows Phone に Skype for Business をインストールする」を参照してください。PC に Office 365 をインストールする方法については、「Office 365、Office 2016、または Office 2013 を PC または Mac にダウンロードしてインストールまたは再インストールする」を参照してください。

このチュートリアルでは、Android 版 Outlook と Android 対応の Skype for Business の使い方について説明します。ただし、Android デバイスの使用を明示的に対象にしているわけではありません。Android 版 Outlook のセットアップ方法については、「一般法人向け Office 365 で Android にメールをセットアップする」を参照してください。Android 対応の Skype for Business をセットアップする方法については、「Skype for Business を Android にインストールする」を参照してください。OneNote 2016 for Android の使い方については、「Microsoft OneNote for Android」を参照してください。PowerPoint 2016 for Android の使い方については、「Android タブレット向け PowerPoint ヘルプ」と「PowerPoint for Android フォン ヘルプ」を参照してください。

このチュートリアルは、iPhone と iPad での Skype for Business と Outlook を対象としています。iOS 版 Outlook のセットアップ方法については、「メールを iPhone、iPad、iPod Touch でセットアップする」を参照してください。iPhone または iPad 対応の Skype for Business をセットアップする方法については、「Skype for Business を iOS にインストールする」を参照してください。OneNote for iPad の使い方については、「OneNote for iPad ヘルプ」を参照してください。OneNote for iPhone の使い方については、「OneNote for iPhone のヘルプ」を参照してください。PowerPoint 2016 for iPad の使い方については、「PowerPoint 2016 for iPad のヘルプ」を参照してください。PowerPoint 2016 for iPhone の使い方については、「PowerPoint 2016 for iPhone のヘルプ」を参照してください。

現在、Mac 対応の Skype for Business のクライアントはありません。利用可能な最新のクライアントは、Mac の Lync 2011 です。詳細については、「Mac を使用するビジネス ユーザー向けの Office 365 のインストール手順」を参照してください。OneNote 2016 for Mac の使い方については、「OneNote 2016 for Mac のヘルプ」を参照してください。PowerPoint 2016 for Mac の使い方については、「PowerPoint 2016 for Mac のヘルプ」を参照してください。

Skype for Business は、完全な会議ソリューションです

メモの共有、会議の記録、アプリやデスクトップの表示、ビデオ会議の実施など、どのデバイスからでも Skype for Business を通してすべて行うことができます。

Skype for Business は Office 製品全体で統合されているため、メモを記録したり、共有したりする時間を節約できます。

Outlook でワンクリックするだけで OneNote にすべての会議情報が収集されるので、準備作業が終了すれば、後は会議だけに専念できます。

会議が終わると OneNote はチーム サイトに掲載され、簡単にアクセスできます。

会議を記録することもできるので、会議に出席できなかった人が後で閲覧することもできます。

対面での会話を望む場合は、Skype for Business で行います。

ワンクリックで、すぐに電話会議をビデオ会議に変更できるため、ディスカッションを中断しなくても、会話に新しいレベルを追加できます。

会議に出席していない人物から情報を得る必要がある場合でも、問題ありません。

たった数秒で情報を検索してその状態を確認し、追加することができます。

Skype for Business ではデスクトップやアプリを簡単に表示できるので、すべての人が追跡し、参加することができます。

PowerPoint を使用すると、注釈ツールと発表者のメモ機能により Skype for Business の使い道がさらに多様化します。

他の出席者は、スライドのビューを各自で制御することもできます。

会議が終わると、Skype for Business は、後で簡単に参照できるようにすべてをまとめて保持します。

これは会議の開始時に作成した OneNote です。

Skype for Business がすべての会議の詳細を自動的に取り出し、共有ファイルにコピーも行ってくれました。

Skype for Business は、完全な会議ソリューションです

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×