よりアクセシビリティの高い PowerPoint プレゼンテーションを作成する

失読症のユーザー向けにスライドを設計する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

失読症の方にとって明確でわかりやすいプレゼンテーションにする要素を使用すると、一般的にもわかりやすいものになります。次のヒントは、どちらにも役立ちます。

フォント

  • シンプルで文字間に十分なスペースのあるサンセリフ フォントを使用します。18 ポイント以上のフォント サイズを使用します。適切なサンセリフ フォントの例は、次のとおりです。

    • MS P ゴシック

    • HG 丸ゴシック M-PRO

    • Lucida Sans

    • Segoe UI

  • 圧縮フォント、不均等な線の太さ、装飾的なフォント、および斜体や下線のフォントは避けます。

テキスト

  • テキストを読みやすくするには、各スライド内の行数を制限し、各行の上下に十分スペースを残します。“6 x 7” ルール (各行に 6 単語、各スライドに 7 行) を適用します。

発表者のメモ

  • 発表者のメモを使って、さらに詳しい情報を提供します。既定では、発表者のメモは、読みやすいサンセリフ フォントで書式設定されています。プレゼンテーションの後にスライドを配布すると、対象ユーザーが後でスライドとメモを参照し、音声でのプレゼンテーションの配信を思い出すことができます。

レイアウトとデザイン

背景

  • スライドの背景を明るい白色にすると、テキストが読みにくくなります。オフホワイトまたはクリームの背景色を選びます。テキストには濃い色を使用し、文字の周囲のスペースを広く取ります。濃い色の背景に白いテキストでも読みやすくなります。

画像

  • 画像はテキストをブロックに分割し、スライドを簡単に読めるようにできる優れた方法です。プレゼンテーション内のすべての画像に代替テキストを追加します。

レイアウト

  • カラフルでコントラストの高いグラフィック レイアウト (画像とテキストとの組み合わせ) で、構造化されたデザインを作成します。失読症の方は、構造化レイアウトの方が容易に理解することができます。

    アクセシビリティ ユーザー シナリオのスクリーンショット: 視覚、可動性、音声、認知、聴覚

さらに詳しく

無料の既成テンプレートをダウンロードする

ファイルを保存する

Excel のトレーニング

Word のトレーニング

PowerPoint トレーニング

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×