共有および共同編集する

変更履歴を記録してマークアップを表示する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合は、[クローズド キャプション [クローズド キャプション] ボタン ] を選択してみてください。

演習

変更履歴を有効にして文書の編集内容を表示し、変更履歴とコメントの表示を使用して、表示する変更箇所の種類を表示します。

変更履歴を使用する

  • [校閲]、[変更履歴の記録] の順に選択し、変更履歴を有効にします。

    文書内で編集を行うと、Word によって変更箇所がキャプチャされます。

  • [校閲]、[変更履歴の記録] の順に選択し、変更履歴を無効にします。

    Word で新しい編集内容が作成されなくなり、作成されていた内容は文書内で保持されます

変更履歴と​​コメントの表示を使用する

  1. [校閲]、[変更内容​の表示] の順に選択します。

  2. 以下から目的のオプションを選択します。

    • [シンプルな変更履歴/コメント] を選択すると、変更箇所が赤線で余白に表示されます。

    • [すべての変更履歴/コメント] を選択すると、すべての編集内容が色分けされたテキストと線で表示されます。

    • [変更履歴/コメントなし] を選ぶと、変更履歴とコメントが非表示になり、変更が適用されたイメージが表示されます。

    • [初版] を選ぶと、文書の元のイメージが表示されます。

  3. [変更履歴とコメントの表示] リストで、表示する変更履歴の種類を選択します。

    • コメント

    • 挿入と削除

    • 書式設定

    • 吹き出し

    • 特定のユーザー

さらに詳しく

Word で変更履歴を記録する

変更履歴の記録をオフにする

LinkedIn Learning のその他の Word のトレーニングを探す

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×