文書を校閲し、変更履歴を記録する

変更箇所を承諾する/元に戻す

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Word のトレーニングを探す

お客様とチーム メンバーが文書に変更を加えた後、その変更内容を確認して、変更を保持するか、削除するかどうかを決定します。

1 つずつ変更箇所を確認する

  1. 文書の先頭にポインターを配置します。

  2. [変更] グループで [校閲]、[次へ] の順に選択して、最初の変更履歴を表示します。

    [校閲] タブの [次へ] オプションが強調表示されています。

  3. 変更を保持するには、[承諾] を選択します。
    または、変更を削除するには、[元に戻す] を選択します。

    [校閲] タブの [承諾] と [元に戻す] オプションが強調表示されています。

  4. 既定では、選択を行うと、Word によって次の変更履歴に移動されます。

一度ですべての変更箇所を確認する

  1. 文書の先頭にポインターを配置します。

  2. [校閲] を選択して、[承諾] の下にある矢印を選択し、[すべての変更を反映] を選択します。
    または、[校閲] を選択して、[元に戻す] の下にある矢印を選択し、[すべての変更を元に戻す] を選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

Windows 版 Word 2016 で変更履歴を承諾する

Windows 版 Word 2016 で変更履歴とコメントを削除する

変更箇所を確認しながら 作業を進めていきましょう。

使用するツールを見ておきます。

校閲」タブ>「変更箇所」グループの 「承諾」「元に戻す」「前へ」 「次へ」というボタンを使います。

では、文書の先頭をクリックして カーソルを文書の先頭に移動します。

これは、先頭から 変更箇所を確認するためです。

変更箇所」グループの「次へ」ボタンを クリックします。

すると、1つ目の変更箇所が 強調表示されました。

19 を削除したという変更です。

承諾しますので 「承諾」ボタンをクリックします。

次の変更箇所は 22 という文字を 入力したということです。

これも承諾しますので 「承諾」ボタンをクリックします。

次は、書式を変更しました。

フォントを斜体に変更したという訳ですね。

では、これは斜体を解除し 元に戻しますので 「元に戻す」をクリックします。

これで、斜体を解除し、 元に戻すことができました。

次は、コメントが強調表示されています。

ではこのコメントは削除しますので、 コメントを削除する場合は 「元に戻す」ボタンをクリックすると 削除することができます。

では「元に戻す」をクリックします。

これでコメントが削除されました。

次の変更箇所は、担当者を入力した箇所です。

これは、承諾しますので 「承諾」ボタンをクリックします。

「文書にはコメントまたは 変更履歴が含まれていません。」という メッセージが表示されます。

変更箇所の確認が済んだということです。

OK ボタンをクリックします。

このように、変更履歴を記録しておくと 「変更箇所」グループの各ボタンを使って 確認しながら 変更した箇所を承諾したり 元に戻したりして 効率良く作業を 進めていくことができますので、 複数ユーザで文書を編集する際に お勧めの機能です。

また「承諾」ボタンの下向き三角を クリックして すべての変更を反映したり、 「元に戻す」の下向き三角をクリックして すべての変更を 元に戻したりすることも可能です。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×