メールボックスのアーカイブまたはバックアップ

古いアイテムの整理機能をセットアップする

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

手動でメールボックスをクリーンアップする時間が取れない場合は、[古いアイテムの整理] をセットアップすると、自動的にクリーンアップされます。それには次の操作を実行します。

古いアイテムの整理機能をセットアップする

メールがすばやく – 新しい Outlook の受信トレイを入力し、メッセージ、返信、転送します。知らない前に、大量のメッセージが可能性があります。アーカイブに残したい古いアイテムを移動して、Outlook の受信ボックスと [コントロール] で、そのフォルダーを保持します。古いアイテムの整理を使用して、自動的に実行します。

アイテムを整理して保存する自動整理の実行頻度、およびアイテムが整理されるまでの経過期間はユーザーが変更できます。

  1. [ファイル] をクリックして >オプション>高度なします。

  2. [古いアイテムの整理] で、[自動整理の設定] をクリックします。

  3. 日ごとの整理を行う] ボックスをクリックし、[古いアイテムの整理を実行する頻度を指定します。

  4. 必要に応じて、その他のオプションも選択します。たとえば、古いアイテムを整理するのではなく削除するように設定することもできます。

    アーカイブと古いアイテムの整理をメール プロファイルが Exchange サーバーに接続する場合は利用できないことがあります。組織は、古いアイテムの整理をオーバーライドするメール アイテム保持ポリシーであることもできます。詳細については、システム管理者に問い合わせてをしてください。

さらに情報が必要ですか?

古いアイテムを手動で整理する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×