数式と関数を使用する

参照元・参照先のトレースを使用する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

数式に参照元セルや参照先セルが使われている場合、その数式が正しいかどうかを確認したり、エラーの原因を調べたりすることが難しくなります。[参照先のトレース] と [参照元のトレース] を使用すると、これらのセルや数式の関係をトレース矢印により視覚的にわかりやすく表示できます。

  • 参照先セルには、他のセルを参照する数式が含まれています。
    たとえば、セル D10 に数式 = B5 が含まれている場合は、セル D10 はセル B5 の参照先です。

  • 参照元セルは、別のセルに数式によって参照されています。
    たとえば、セル D10 に数式 = B5 が含まれている場合は、セル B5 はセル D10 の参照元です。

セル (参照先) を参照するセルをトレースする

  1. 参照先セルを識別する必要があるセルを選択します。

  2. [数式] タブで [参照先のトレース] を選択し、アクティブ セルの参照先の各セルへのトレース矢印を表示します。
    参照元のトレース

    • 青い矢印 - エラーのないセルを表示します。

    • 赤い矢印 - エラーの原因になっているセルを表示します。

    • 黒い矢印 - 選択したセルが別のワークシートまたはブック上のセルによって参照されている場合、黒い矢印は、選択したセルからワークシート アイコン ワークシート を指します。Excel でこれらの依存関係をトレースするには、他のブックが開かれている必要があります。

  3. アクティブセルを参照している次のレベルのセルを調べるには、次のレベルの参照先セルを調べるには、[参照先のトレース] をもう一度クリックします。

    注: いずれかの時点で、警告音が聞こえ、それ以外の場合は、矢印が表示されなくなります。

  4. トレース矢印を一度に 1 つのレベルずつ削除するには、アクティブ セルから最も遠い参照先セルから開始して、[数式] タブで [トレース矢印の削除] の横にある矢印を選択し、[参照先トレース矢印の削除] を選択します。

  5. 別のレベルのトレース矢印を削除するには、[参照先トレース矢印の削除] をもう一度選択します。

    注: Ctrl + Shift + ] キーを使用して、セルのすべての参照先を強調表示することができます。

数式にデータを提供するセル (参照元) をトレースする

  1. 参照元セルを識別する必要があるセルを選択します。

  2. [数式]、[参照元のトレース] の順に選択し、アクティブ セルに直接データを提供している各セルへのトレース矢印を表示します。
    参照元のトレース

    • 青い矢印 - エラーのないセルを表示します。

    • 赤い矢印 - エラーの原因になっているセルを表示します。

    • 黒い矢印 - 選択したセルが別のワークシートまたはブック上のセルによって参照されている場合、黒い矢印は、選択したセルからワークシート アイコン ワークシート を指します。Excel でこれらの依存関係をトレースするには、他のブックが開かれている必要があります。

  3. アクティブ セルにデータを提供している次のレベルのセルを調べるには、[参照先のトレース] をもう一度クリックします。

    注: いずれかの時点で、警告音が聞こえ、それ以外の場合は、矢印が表示されなくなります。

  4. トレース矢印を一度に 1 つのレベルずつ削除するには、アクティブ セルから最も遠い参照元セルから開始して、[数式] タブで [トレース矢印の削除] の横にある矢印を選択し、[参照元トレース矢印の削除] を選択します。

  5. 別のレベルのトレース矢印を削除するには、[参照元トレース矢印の削除] をもう一度選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

数式とセルの関係を表示する

このレッスンでは、数式とセルの関係を 視覚的に確認することができる 参照元と参照先の トレースについて解説します。

使用するブックは uriage です。

まずはこれから使用する ツールを確認していきましょう。

数式」タブをクリックします。

「ワークシート分析」グループの 「参照元のトレース」と 「参照先のトレース」ボタンを使います。

まずは「参照元のトレース」から 見ていきましょう。

「参照元のトレース」ではアクティブセルが どのセルを参照しているか 矢印を表示して確認することができます。

金額の数式がどのセルを参照しているか 見ていきましょう。

確認したいセルをアクティブセルにします。

参照元のトレース」ボタンを クリックします。

すると、矢印が表示されました。

アクティブセルは、単価と数量のセルを 参照しているということがよくわかります。

このように「参照元のトレース」では アクティブセルがどのセルを参照しているか 矢印を表示して確認することができます。

トレース矢印を削除するには トレースを実行したセルをアクティブセルにし 「トレース矢印の削除」ボタンを クリックします。

これで矢印を削除することができました。

では、次に「参照先のトレース」を みていきましょう。

「参照先のトレース」ではアクティブセルが どのセルから参照されているかを 確認することができます。

では、数量のセルがどのセルから 参照されているかみていきましょう。

確認したいセルをアクティブセルにします。

参照先のトレース」ボタンを クリックします。

矢印が表示されました。

数量のセルは金額と合計の欄から参照されて いるということがよくわかります。

さらにもう一度「参照先のトレース」ボタンを クリックすると 次のレベルのトレース矢印も 表示することができます。

トレース矢印を削除するには、今回のように 複数のレベルに矢印が表示されている場合には 「トレース矢印の削除」ボタンを使うと すべての矢印を削除することができ、 「トレース矢印の削除」ボタンの右にある 下向き三角をクリックして、 「参照先トレース矢印の削除」を クリックすると アクティブセルから最も離れている矢印から 順に削除することができます。

このレッスンでは、数式とセルの関係を 視覚的に確認することができる 参照元と参照先のトレースについて 解説しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×